第27緑化地区

フリーイラストレーター七片藍のブログ/第27緑化地区

ぎこちない架空

いつかの日記にも書きましたが、私はストップモーションアニメが好きで、
とくに昔の特撮映画における、あの独特な動きにときめいたものです。

Youtubeを観ていて、どの動画が影響したのか関連動画に古い映画が連なり、
映画の一部の切り取ったものにストップモーションアニメの怪物が出ました。
今やCGアニメーション技術の高度化により、すっかり見る機会が減っています。

私にとっては、あの動きこそが怪物の禍々(まがまが)しさを表すものであり、
人間や動物といった実在の生物と、そうでないものとを分ける境界線でした。

よって現在の滑らかな動作は、むしろ生物(実在)寄りへと強調されます。
子供の私が「あの動き方だから化け物だ」と強く信じさせた物差しは、
技術の発達とともに脳の奥深くへ埋没し、「架空の恐怖」を一つ奪っていきました。

これは私の感性が問題ですから、そう思わない人のほうが正常なのでしょう。
しかし、ふと考えることがあります。

もし私が子供時代にストップモーションアニメの怪物を見たことがなかったら、
今の私が「あの動き方だから化け物だ」とする物差しを、一体どこに設定したのか。
滑らかなCGの怪物を観て育って、ストップモーションアニメの怪物を観たら?

きっと別の何かを感じるような気がする反面、それが全く予想できません。
目が光るから? 人を丸飲みするから? 100メートルもジャンプするから?
それは行動であって、どれも違う気がする。

あの禍々しさを静止画で表現したいです。
  1. 2016/06/13(月) 23:59:00|
  2. 創作
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

七片 藍

Author:七片 藍
フリーイラストレーター

当ブログについて
:本家[ether]
:mixi[499935]

カレンダー

05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリ

絵:執筆情報 (63)
ソーシャルゲーム系 (28)
TCG系 (14)
書籍系 (17)
絵:個人作品 (14)
トップ等 (10)
聖域 (1)
悪魔 (1)
神威 (1)
ほか (1)
日常 (3335)
創作 (85)
DIY (94)
菜園 (581)
疑問 (3)
ゲーム (27)
スポーツ (2)
探しもの (6)
生物 (49)
未分類 (2)
修理 (8)

検索フォーム

最新コメント

月別アーカイブ

QRコード

QR