第27緑化地区

フリーイラストレーター七片藍のブログ/第27緑化地区

贅沢な悩み

弟のバイク修理に少々付き合ってきました。
景気良くエンジンが掛かると思わず小躍りしたくなります。

今年はイチゴを増やしたので収穫も多かったのですが、
さすがに用地の割合が大きいため、次からどうするか思案中です。
あまりに縮小すると収穫が激減しますし、それはそれで感動がない。

知り合いの用地を引き継いで面積が2倍になったのが昨年度までの話。
もともと3ヶ所しかなかった用地が一時的に6ヶ所まで増え、
契約が切れて3ヶ所に戻ったところで一つだけ追加し、現在は4ヶ所。

6ヶ所だった時は「こんなの手に負えない」と思っていたものの、
2つ減っただけで用地の不足を感じるのですから、勝手なものです。

野菜作りは、趣味と実益の側面を併せ持っています。
よく使う野菜を多く得られれば、野菜の価格を気にせず食べられますが、
そこにスイカやメロン等を含ませるかは、家計とは別の話になるわけです。

では必要ないかというと、それもちょっと寂しい。
今回のイチゴがまさに"それ"で、収穫物に彩りを添える役者となりました。

ううむ、3割まで減らすとして残りは……。
  1. 2016/06/20(月) 23:59:00|
  2. 菜園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

どっちも悪くない

家族で食事に行きました。
母と妹は冷やし中華を頼んだものの、辛くて食べ切れなかった様子。
あまりに辛いものは私も苦手なのですが、慣れるものなのでしょうか。

今日は仕事を終えて眠る前に少しだけ畑の草むしり。
2畳分くらいの面積でも、雑草はポリバケツに入りきらない量になります。
前回に見逃した雑草が今回までに繁茂し、今回で見逃したものは次回へ。

そんな中でイチゴを収穫しました。
大小で20個くらい、これが一日か二日おきに収穫できます。
そんなにイチゴばかりを食べることもないので、大半はお裾分け用です。

ううむ、食害される分が多いとはいえ魅力的だなぁ。
もう少し管理を厳しくして、もっと品質を上げられれば……。
誰かの誕生日ケーキを彩ることが出来たらいいな。

ただ我が家って、誰一人としてイチゴの収穫期と誕生日が重ならないんですよね……。
  1. 2016/06/19(日) 23:59:00|
  2. 菜園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

正しい眠気

体調が悪いわけでもないのに眠くて仕方がありません。
入梅したせいなのでしょうが、その雨も大して降らないのに。

どうしても眠い───という時は、起きていても仕事にならないので、
最近は椅子に座ったまま眠るという方法をとり、なんとかなっています。
それでも「ベッドで上体を起こしたまま」だと寝入ってしまうと分かりました。

私の仕事は私一人の環境ですから、誰も起こす人が居ません。
よって何らかの方法で睡眠を中断する手段が必要になりますから、
こくりこくりと舟を漕ぎ、ガクンと姿勢を崩した時に起きられるほうが良い。

この方法は長いこと使わずにいました。
起きるなら起きて作業を続け、眠るなら眠って回復させる。
きっちりとした睡眠に勝る回復はないという考え方だったからです。

それが最近になって数十分の居眠りがもたらす回復も大きいと分かり、
ずいぶんと仕事が捗るようになった反面、睡眠が散り散りになっています。
どの時間帯に長い睡眠をとるのが正しいのか、分からなくなってしまいました。

今になって転職することになったら、どうなるんだろう。
  1. 2016/06/18(土) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

黒き木の葉

お昼過ぎに家族の用事で実家へ向かおうとしたところ、
玄関ドアを開けた瞬間、枯れ葉が舞っ……たように見えたのは勘違いで、
それは羽ばたいて着地するや否や、黒い轍が残りそうな勢いで逃げ回りました。

今年は空梅雨なのか雨が少ないものの、ちょっと雨が降ると"これ"です。
独り暮らしが長くなると大抵のことには驚かなくなりますが、
羽音が聞こえそうな至近距離は、やはりギョッとします。

外から飛んできたものが玄関ドアの隙間に逃げ込んでいたようですが、
入居者が減った私のアパートは「行き先」が集中するので困ります。

それにしても大きかったな……山育ちなんだろうか。
  1. 2016/06/17(金) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

面倒見

仕事と雨の両方が理由で、三日ほど畑へ行けていません。
早くジャガイモを収穫して美味しいフライドポテトが食べたいのに。

畑へ行くと何かしら作業があって、「何もない」という日は殆どありません。
植えたり耕したりの作業がなかったとしても、草むしりだけはあります。
それでも一日に費やせる時間は多くなく、大抵は何か一つか二つ。

畝を作るところから始まって、自分が何かを植えて生長が始まると、
たった一日でも僅かに変化があり、それが楽しくて畑へ入り浸るようになります。

好んで畑に繰り出す人なら「一日中ここに居たい」と云う人も多いです。
仕事や自宅のことを放置しても許されるなら……という気持ちからでしょうが、
それは難しいことですから、一日に出来ることを細かく分けて消化するわけです。

そんな毎日に「畑へ行けない日」が発生すると、ムズムズします。
生長を妨げるような雑草があれば除いてやりたいし、萎れているなら水を。
畑が好きな人は世話焼きなのでしょう。

自室に対してそうであるとは限りませんが。
  1. 2016/06/16(木) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

次の接ぎ

仕事で発注書を誤読し、担当さんに見当外れな質問をしてしまいました。
原因は電子文書の「墓」と「基」を読み間違えたことによるものです。
電子文書はきちんと拡大して読むべきだと反省しました。

……それとも視力の低下でしょうか。

ところで私は仕事の日程をガントチャートで管理しており、
採用にあたって過去の仕事も記録済みで、この11年を一望できます。
ガントチャートとは帯グラフを用いた表の一種です。

こんな風に。

────────────────────────────
    1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月
[案件A]-------
[案件B]           -------
[案件C]                ---------
────────────────────────────

上記の場合、[案件A]の終了後に少しだけ間を空けて[案件B]が始まり、
空いている部分は「仕事がない時期」となり、つまりは休みと同じ扱いです。
[案件B]と[案件C]の間には空きがないため、休みもないことになります。

採用したのは2012年からのことで、それ以前は概ね上と同じ受注状況です。
チャートは左上から右下へと緩やかな坂道を描いているわけですが、
それ以降の日程を見ると、以下のように変化しております。

────────────────────────────
    1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月
[案件A]-------
[案件B]  -------
[案件C]   ---------
[案件D]  -----
[案件E]    ------
[案件F]     -------
[案件G]      -------
[案件H]     ---------  
[案件I]        ------
[案件J]         ------
────────────────────────────

休みがない!

坂道は絶壁に近い角度を描いています。
空白を見ると不安になるため、つい次の仕事を入れてしまうのです。

これは自営業がしばしば陥る心理で、友人や知り合いから何度か忠告も受けました。
しかし日程を熟考する時間などないし、何よりそれは仕事の内に入りません。
生活を維持するのは大変なことです。

今年の一月に少し調整したものの、あまり意味はありませんでした。
先行の予約が増えたことで長期的な計算が必要になっています。

算数は苦手なのに……。
  1. 2016/06/15(水) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

凡人の限界

朝までに仕事の区切りを付ける私は、夜明けが早くなると焦ってしまいます。
そして「そりゃそうだ」と思われるでしょうが、こういう生活は不健全です。
夜は電話や来客がないから作業環境としては理想的なのですが……。

そんな生活を送っているせいか、よく変な夢を見ます。

前後の内容は不明で、とにかく私は"化け物"に追いつめられているところ。
場所は学校か企業ビルの3階あたりで、なぜか逃げ込んだ先に武器庫があり、
私は右手にクロスボウ、左手にショットガンと弾薬を持っていました。

さて化け物が襲ってきて応戦するわけですが───

・ショットガンと弾を同じ手で持っていて装填できない。
・クロスボウの弦を引いていないので後回しにして放り出す。
・ショットガンの弾を込めようとしてバラバラと弾をこぼす。
・クロスボウに持ち替えると、接近してきた化け物に掴まれて射てない。

───見事なまでに何も出来ず、目覚めた時には腹が立ちました。
夢の中で特有の「体が思うように動かない」というやつは健在です。
こんな夢を見た理由は、仕事の息抜きに進めていたゲームのせいでしょう。

主人公は特殊スーツを着てバールを振り回す科学者ですが、
私は夢の中ですら貧弱な一般人で、いつでも手一杯な状態です。

だから弾丸を落とすんだな。
  1. 2016/06/14(火) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ぎこちない架空

いつかの日記にも書きましたが、私はストップモーションアニメが好きで、
とくに昔の特撮映画における、あの独特な動きにときめいたものです。

Youtubeを観ていて、どの動画が影響したのか関連動画に古い映画が連なり、
映画の一部の切り取ったものにストップモーションアニメの怪物が出ました。
今やCGアニメーション技術の高度化により、すっかり見る機会が減っています。

私にとっては、あの動きこそが怪物の禍々(まがまが)しさを表すものであり、
人間や動物といった実在の生物と、そうでないものとを分ける境界線でした。

よって現在の滑らかな動作は、むしろ生物(実在)寄りへと強調されます。
子供の私が「あの動き方だから化け物だ」と強く信じさせた物差しは、
技術の発達とともに脳の奥深くへ埋没し、「架空の恐怖」を一つ奪っていきました。

これは私の感性が問題ですから、そう思わない人のほうが正常なのでしょう。
しかし、ふと考えることがあります。

もし私が子供時代にストップモーションアニメの怪物を見たことがなかったら、
今の私が「あの動き方だから化け物だ」とする物差しを、一体どこに設定したのか。
滑らかなCGの怪物を観て育って、ストップモーションアニメの怪物を観たら?

きっと別の何かを感じるような気がする反面、それが全く予想できません。
目が光るから? 人を丸飲みするから? 100メートルもジャンプするから?
それは行動であって、どれも違う気がする。

あの禍々しさを静止画で表現したいです。
  1. 2016/06/13(月) 23:59:00|
  2. 創作
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食べ過ぎ

朝は畑、昼は用事をこなして来たのでクタクタでした。
この時期は目を離すと雑草の隆盛が著しく、あっと云う間に穂が立ちます。
目に付いた端から引き抜いておかないと種を落とされてしまう。

「おはようございます」
「みるみる減ってくねぇ」

菜園仲間はお年寄りが多く、私と同年代の人が出入りすることは稀です。
中年男ですら"若い"とされる中で草むしりや水運びといった地味な作業は、
体力も必要となるため、早く済むと羨ましがられます。

ところで今年はイチゴの畝を増やしたことで豊作となり、苺狩りもしました。
それでも一割くらいは食害に遭うので、母はそれが面白くない様子。
ぼやいていると、同じくイチゴが豊作だった菜園仲間に云われました。

「いやぁ、でも十分に食べたよ!」

なんだかハッとしました。
多く収穫して食べることを経験してしまうと、つい忘れがちなこと。
これまでの生活で、飽きるほどイチゴを食べる機会があったろうか?

被害が出たとしても、この状況は十分に贅沢なのでした。
  1. 2016/06/12(日) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「まだ働けます」 「よし、来い」

2ヶ月ぶりくらいに友人と会い、買い物に付き合ってきました。
前回に会った時、あるものを私に譲ってくれることになり、
すっかり忘れていたので本日になって受け取ることに。

何かというと、型落ちのスマホです。

私は未だに6年前のガラケーを使っています。
外装はボロボロ、月々の利用料金は2000円前後。
電話とカメラしか使わず、それぞれ操作が重くて使いづらい。

日頃から外出の機会が少ないし、調べものは自宅で済ませてしまうため、
友人や後輩が利用し始めても変わることなく、本日に至っております。

ところが先日(三月)、友人の部屋へ遊びに行った時のことでした。

「これ誰のスマホだ?」
「前の機種だよ。 もうデータは移した」
「お役御免ってわけか、かわいそうだな」

「七片、使う?」
「使う……って、よく知らないけど電話なんだろ?」
「電話として使うなら契約とか必要で、えーと……」

「あ、資料写真を撮ったりするにはいいかもな」
「じゃあ今度までには渡せるようにしとく」

私のガラケーは古い機種なので画面の解像度も低く、
とくにカメラ性能が不満で、どう調節しても特定の色が強く出ます。
このブログに掲載している写真画像もレタッチソフトで調整するくらいです。

譲られたスマホのカメラ越しにパソコンのディスプレイを見てみる……。
おお、ほぼ期待した色合いで表示される素晴らしさ。

大切に使わせてもらおう。
  1. 2016/06/11(土) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

七片 藍

Author:七片 藍
フリーイラストレーター

当ブログについて
:本家[ether]
:mixi[499935]

カレンダー

05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリ

絵:執筆情報 (63)
ソーシャルゲーム系 (28)
TCG系 (14)
書籍系 (17)
絵:個人作品 (14)
トップ等 (10)
聖域 (1)
悪魔 (1)
神威 (1)
ほか (1)
日常 (3335)
創作 (85)
DIY (94)
菜園 (581)
疑問 (3)
ゲーム (27)
スポーツ (2)
探しもの (6)
生物 (49)
未分類 (2)
修理 (8)

検索フォーム

最新コメント

月別アーカイブ

QRコード

QR