第27緑化地区

フリーイラストレーター七片藍のブログ/第27緑化地区

あちらこちらと馬車を駆り

仕事明けに色々と用事を済ませてきました。
一昨日の日記にあるとおり、私は一度で多くの用事を済ませるのが好きで、
外出となると支払やら買い物やら、あちこち回ってクタクタになります。

この日は仕事3件、振込3件、買い物2件。
忘れがちな用事を消化できたので満足しました。

ほかに消化していない用事は───

・ある家の玄関先にスロープを作る約束
・知り合いの畑を耕して黒マルチで覆う約束
・母の頼みで庭木の剪定をする約束(蚊が多くて困る)

───ちょっと思い出しただけで三つある。
体力を使うのは黒マルチを張る作業かな。

私にとって、日々は十分に忙しいです。
  1. 2016/05/31(火) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

周回遅れ

ひさしぶりに雨らしい雨が降りました。
その前に草むしりを済ませたかったけど、仕事が忙しいから仕方ない。

昼間に眠る生活を送っていると、物事の大半が「動いた後」になって、
たとえば起き抜けにニュースなどで何らかの進展があったりして、
私は世の中を半日遅れで見ている感じになります。

いや、そんなことより今は仕事だ。
  1. 2016/05/30(月) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いっぱいいっぱい

夕食の買出しから帰り、駐車場に留めておいた自転車に多目の荷物を載せ、
さらに母が持ち帰った花を左手に───というのを一人でやったところ、
自転車のカゴに入れた荷物が溢れて飛び出しそうになりました。

私は、気づくと両手に何かを持っていることが多いです。
諦めて持ち物を減らすなり、ポケットに入れるなりすれば良いものを、
「なんとか一度で……」と合理的に済ませたがる悪いクセがあるのです。

つまり外出の際は全ての用事を一度で済ませようとします。

では二度手間や三度手間が嫌なのかというと、別にそうでもありません。
全てにおいて優先されるのは目的の完遂、その次は完遂に近づくこと。
よって「一度で済んだら私の勝ち」という程度の、しょうもない挑戦です。

さて左手は花、右手はハンドル……カゴから漬物が脱落しそう。

そんな時、道路を挟んだ反対側の歩道に妹が居ました。
外出から帰り、駐車場の私に気づいて手を振っています。

「た す け て !」

思わず叫んだ私を見て、妹は吹き出していました。
そして別に助けてはくれませんでした。
  1. 2016/05/29(日) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

誰かの安全

知り合いのお店に行ったところ、店主が顔に怪我をしていました。
敷地内で犬を飼っており、脱走しないよう低い柵の扉を設けているのですが、
店主が外へ出る瞬間にも脱走を計るため、またいで出る必要があるのだとか。

「───で、足を引っ掛けて転んで顔をぶつけた」

額からは出血。
目の回りが紫色です。

私の母も気づくと怪我をしていたりするので油断できません。
その息子が中年になってバカをやらなくなった頃に「こうなる」と、
親子の関係とは、よく調整されたものだと思えなくもないのですが。

「*****に気をつけてよ」

家を出る時、大抵こうして何かに警戒するよう促してから出発します。
内容は時々で変わるものの、その言葉への返答をもって一つの解決とする。
ともすれば、これは言葉をかける側が納得するためでもあります。

人間は、ある時期から親子の関係が逆転するものらしいですが、
高齢の父に次いで現在の母へと続き、げに然らんという感じです。
  1. 2016/05/28(土) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

どうしよう

昨夜は夜遅くになって弟から電話がありました。
知り合いがお店を畳むそうで、色々な日本酒を処分することになり、
「俺は飲まないから」と、すべて私が引き取ることになっています。

かと云って私もそこまで飲む人間でもありません。
どうかすると一ヶ月くらい飲まずにいることも普通なのです。
「そこまで飲まないなら一生そうしたほうがいい」と云う人も居るでしょう。

量の少ない一人酒で、飲むと眠ってしまうのが大きな理由ですが───

・美味いと思えることが少ない
・その眠りが浅すぎて昼寝が増える
・家族の用事で車を運転できなくなる
・仕事の〆切が近づくと怖くて飲めない

───このように行動の制限が増えることも理由の一つです。

これまで弟からは(高いものから安いものまで)色々と貰っていますが、
今回は特別に多く、私が消化すると数年くらいが必要になります。

日本酒だし、料理に使うのは……もったいないな、やっぱり。
  1. 2016/05/27(金) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

しわ寄せ

寝る時間を14時にしてみたところ、5時間後に目覚めてしまいました。
眠った時間に対しての回復度は大差がないように感じるので、
ここ数日の16~18時に起きていたのは負担だったようです。

こういう「ちょっとの無茶」をしたがる性質は母に似たらしく、
弟妹に比べて色濃いので、たまに自分でも疲れます。

やっぱり眠いかな……コーヒー飲もう。
  1. 2016/05/26(木) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

普通の生活

今月はじめに昼間の用事で走り回ったせいか、生活の循環が大幅にずれており、
現在の私は17~18時に眠って00時~02時に起きるという生活です。
睡眠時間は足りていますが、つくづく人間らしくない。

ここで疑問があります。
こうしてずれた生活を元に戻す場合───

・一回りして23時あたりに眠れるようになるまで放置する
・一時間ずつ巻き戻して23時に合わせる

───どちらが良いのでしょう。

前者は一時間ずつ夜更かし(?)することになりますし、
後者は一時間ずつ早寝することになるわけで、双方とも目的は同じです。

……考えるのやめよう。
  1. 2016/05/25(水) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あまいものはきになる

仕事を終えた後、母の用事に付き合って走り回っておりました。
月に数度は私が食材を買うことにしているので、スーパーも回ります。
最近は豚肉系が少し安くなったような。

知り合いに苺狩りを楽しんでもらったりした今年の苺ですが、
収穫期になってからの総量はパック売りに換算して6パック以上。
デザートで出されたら、苺から食べ始めても苺が残るくらいでしょうか。

現在も収穫できているので、飽きるまで食べられると思います。
問題は、この収穫量を可能となるまでに拡大した苺用の畑です。
広すぎて他の野菜を育てる用地を圧迫しています。

もう少し縮小して、品質や大きさを向上させたほうが良さそうです。
でも、お祭りみたいなものを体験するには良い機会でした。

畑で収穫できる"甘いもの"って、他に何があるかな。
木を植えるのは利用規約で禁止されています。

スイカか……おもに母が喜ぶけど。
  1. 2016/05/24(火) 23:59:00|
  2. 菜園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「叩き切ってやる!」

忙しくて掲載しないままだった鉈(なた)です。
2016052301.jpg

ボロボロに錆びていた刃は、頑張って研ぎました。
2016052303.jpg

お守りがわりの梵字です(漆を塗っています)
2016052302.jpg

柄が長くて不恰好ですが、これは───

・手が大きな私には使いやすい
・この素材では「柄尻にかけて太くなる形状」の再現が無理
・再び柄が壊れたら短く詰めて作り直せる

───というのが理由です。
「柄尻にかけて…」というのは、もともと素材の太さが間に合ってないから。

さて使用してみたところ、力任せに枝を叩き切ったら口金が外れました。
これは予想していたものの、3回目で外れてしまったので落ち込みます。
口金の内径より気持ち太く作ったのに、もっと太くても良かったようです。

そして目釘がわりに突っ込んだステンレスのボルトですが、
やはりピッタリと中子(なかご)を固定できず、早くもガタが来ています。
もともと腐食して薄くなっているし、新たに穴を明ける必要があるかも。

こういうわけで、気分的には作り直したいです。
ちなみに切れ味はというと、頑張った甲斐もあって爽快でした。

でも使ってると怖い。
  1. 2016/05/23(月) 23:59:00|
  2. 菜園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

らせん

選ばれし者にしか引き抜けないという、伝説のスパイラル大根。


最初に芽の間引きをしないと、たまにこういうものが出来ます。

ちょっと大掛かりなゴミを処分する必要があったため、
車に積み込んで自治体の施設を頼ることになりました。

すると、そこでは一軒家などから生じた剪定枝(せんていし)が山積み。
単純な庭木の剪定や、あるいは切り倒した木を分断したものまで。
竹が多いあたり、扱いに困っている人の苦労が窺い知れます。

それらを見た母が係員さんに交渉しました。

「この竹、いただけますか?」
「いいですよ、何か作るんです?」
「竹ぼうきを」
「ほっ?」

老齢の係員さんは素っ頓狂な声を上げます。
田舎の農家で育った母は、祖父が竹ぼうきを作る様子も見ていたそうです。
畑の竹ぼうきが壊れてしまったのを機に、見よう見まねで挑戦しようと。

私は私で思いつくものがありました。

「切り株なんて出ませんかね? 薪割り台とかに使えそうな」
「切り株は……さすがに……でも太い木ならあるよ、あれとか」
「じゃあ、これいただきます」

長さ50cm、胴回り30cmくらいのケヤキらしい丸太でした。
畑で野菜の廃棄を細切れにすると、勢い余って鉈(なた)を地面に叩きつけ、
刃物を傷めることがあるので、これくらい肉厚な木材ならザクザク切れそう。

台に適った厚さ(15cmくらい)に切るのは骨が折れそうですが、やるのです。
  1. 2016/05/22(日) 23:59:00|
  2. 菜園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

七片 藍

Author:七片 藍
フリーイラストレーター

当ブログについて
:本家[ether]
:mixi[499935]

カレンダー

04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

絵:執筆情報 (59)
ソーシャルゲーム系 (28)
TCG系 (12)
書籍系 (15)
絵:個人作品 (14)
トップ等 (10)
聖域 (1)
悪魔 (1)
神威 (1)
ほか (1)
日常 (2601)
創作 (71)
DIY (41)
菜園 (377)
疑問 (3)
ゲーム (26)
スポーツ (2)
探しもの (4)
生物 (34)
未分類 (2)

検索フォーム

最新コメント

月別アーカイブ

QRコード

QR