第27緑化地区

フリーイラストレーター七片藍のブログ/第27緑化地区

面白い苗はないかな

仕事を終えた後に畑へ行きました。
先月から今月にかけて狂ったように畝を作った結果、
用地はあるし次の作物は───の段階で止まっている箇所が少しあります。

「あの大きな畝、何を植えようかな」
「全く同じこと考えてたわ」

母に相談するも、植えたいものは沢山あるけど連作障害も考えねばならず、
かと云って、作物によっては畝を占有する期間が異なるので───と、
幾つか案はあるものの踏み切れずにおります。

それでも数年前に比べれば贅沢な悩みです。
敷地を無駄なく使うよう努めた結果、思った以上の収穫がありました。
少しずつの投資が実を結び、現在は道具や設備の不足がありません。

やりたいことを自分で見つけられる人間にとって、畑は楽園です。
休暇を作って一日中を畑の作業に当てるのも良さそう。

そのために〆切まで頑張らないとなぁ。
  1. 2015/05/21(木) 23:59:59|
  2. 菜園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

理屈だけはいつも単純

右手親指の第一間接、中指の第二間接、薬指の付け根にタコが出来ました。
どれも畑の作業によるものですが、付け根のタコは捻り鎌かな。

先月の半ばに比べて雨の頻度も下がり、晴天と雨のバランスがいいです。
一日あたりの成長度が高いので、毎日の見回りにも変化が多くて飽きません。

こんな時期こそ畑で一日中を過ごしたいところですが、私には仕事があります。

昨年から仕事における手法を一新し、そこそこ慣れてきました。
しかし数十年も続けてきたことを変えるのは容易なことではなく、
簡単なことでつまづき、前進したかと思えば後退もあったりします。

あとは全体的な所要時間の短縮が課題なのですが……。
人間は機械のようには行きませんね。
  1. 2015/05/20(水) 23:59:59|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

便利の影

昨夜は作業用PCが不調で一時間分の仕事が消えた挙句、
その後の問題解決に四時間も浪費させられ、ほとほと疲れました。
遅れた分だけ集中できたのは救いですが、こういう事態は心臓に悪いです。

ふと思いました。
Windows98時代のことを思えばエラーも少なく対処も減ったというのに、
現在は免疫が低下したというか、PCトラブルに弱くなった気がする。

適度に嘆息の出る思いをしないと軟弱になるということでしょうか。
  1. 2015/05/19(火) 22:46:54|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小さき器

仕事周りで日程が狂い始めたため先方と交渉しました。
この仕事は依頼内容によって尺(所要時間)が変化しやすいため、
当初の予定よりも長引くと判断できる場合、早めの連絡が必要となります。

仕事の上で合理化を目指し、無駄を省略するよう努めるのは当然のこと、
その上での品質に「維持か向上」はあっても、品質の低下は論外です。

とは云え「ここを直せば良くなる」と分かるのは大抵が仕事中で、
それを採用する時宜は早い段階であるに越したことはありません。
絵描きにとっては、描いたばかりの絵が最新の名刺となるからです。

よって"手段"を採用する時宜は「執筆中の作品から」が対象となります。

仕事をしながら新たな手法を取り入れ「維持か向上」を結果とする。
そうして時間や期間が犠牲となるので、早め早めの連絡が必要。

今まで仕事を落としたことはありませんが、いつも悩みます。
より良い絵を描くこと、常に手段を模索すること、そして約束を守ること。

そうして十年が経ったか───と、最近しみじみ思うようになりました。
  1. 2015/05/18(月) 23:53:21|
  2. 創作
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジャネの法則

日記をブログ化して五年になったことを、すっかり忘れていました。
ブログ化以前は十年間ほどサイト日記として毎日更新していましたが、
サイトの更新も年に一回くらいとなり、ほぼ名刺代わりになっています。

……もう五年か、早いな。
こうした感覚は20代に比べると三倍あたりに思えます。
親の世代では更に早いのだと想像するだけで恐ろしい。

いつか日記を読み返して「今はもっと早いぞ」と思う日も来るのでしょうが、
その時の一年間が、どれくらいの早さで過ぎていくのか検討もつきません。

中年以降は一年を1000日くらいにしてもいいんじゃないかな。
  1. 2015/05/17(日) 23:46:48|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

販促

笠倉出版社からファンタジー世界の神獣130」が発刊されます。
「幻獣事典」(2011年)で描いたペン画の怪物を再収録したものです。

このブログではAmazon商品記事を掲載でき、過去の日記でも利用しておりますが、
よく不具合が起こり今回も掲載できておりませんので、後日に修正します。
(偶然ですが前回の「幻獣事典」でも不具合で後日に修正しております)
(★2015/05/25追記:商品記事の案内サービスは終了したそうです)

また、今月28日にKADOKAWA(角川)からTCG「ドレッドノート」が展開されます。
正式な掲載許可を聞いていないためブログでのイラスト公開は後日としますが、
よそのサイトでは公開されていたので商品名だけ告知いたします。

以上、上記を含む仕事作品のサイト掲載は16周年(七夕)を予定しております。

……こういう告知等は仕事のたびに記事を書くべきなのでしょうが、
このブログ自体を見ている方が少ないし、シリーズものは数も多いし、
要するに今のままでもいいですよね。

ダメですか?

テーマ:海外ファンタジー - ジャンル:本・雑誌

  1. 2015/05/16(土) 19:04:08|
  2. 絵:執筆情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

みたらし団子を食べれば……

室温が30℃に迫る日中に半裸で眠りました。
昼間の交通量でも目覚めない程度には耳が鈍感らしいので、
これからの夏は出来るだけクーラーを使わない生活をしたいものです。

夜になって先日の日記にも書いた四目並べで母と対戦しました。
オセロに比べて逆転のない勝負ですから、テンポがいいです。

しかし結果は、09勝11敗……。
  1. 2015/05/15(金) 23:59:59|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

瞬発力

お米の籾殻(もみがら)は堆肥化に長期間を要するため、
これを逆手にとり、土が固まるのを防いだり水はけを良くしたりできます。

近所で「大量にあるから勝手に持ってって」という農家があったりするほか、
ホームセンターで買うことも出来ますが、この場合は割高です。
そんな中、農協を利用できるという話を聞きました。

しかし稲刈りの時期を過ぎると配布終了なので数ヶ月後になります。
すると受付の方が───

「待って、うちに有るか聞いてみるわね! 農家なの」
「え?」
「こないだ畑に撒いたけど残ってるなら……もしもし? 籾殻は残ってる?」

───こんなことになったりしました。
残念ながら処分した後でしたが、こういう話の早さは凄いですね。

「農家ってそうなのよ」

自身が農家育ちの母も笑いながら云いました。
出来ることはパッパッと済ませる、時宜に適った無駄のなさ。
そうでもしないと仕事が減らないから、自然とそうなるのだとか。

私の仕事もそうありたいです。
  1. 2015/05/14(木) 23:17:27|
  2. 菜園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

そうだったのか!

台風は「あれっ?」と思うほどに台風らしくなく、
夜中のうちから路面が乾き始め、空振りしたような感じでした。
雨に打たれた土は小石を剥き出しにするので、それを拾い集めて処分します。

夜、よく話す店員さんがコンビニで仕事を終えて帰るところに遇いました。
傍らには研修中の後輩さんが居て、制服と私服の組み合わせ。

「あ、どうもですー」
「こんばんは、なんだこの腹は」

もともと彼は恰幅のいい体格ではありますが、最近は少し太ったような。
わざと指摘して腹を突付くと、ふざけて「あんっ」と変な声を出します。
そこで後輩さんに振ってみました。

「大変でしょ、こういう変態の先輩が居ると」
「それは……そうですねぇ(笑)」
「えぇ?! いいじゃないですか!」
「いやいや、何がいいのよ」

私は40代、よく話す店員さんは三十路前、後輩さんは20代前半。
不意に後輩さんが云います。

「先日はすみません」
「?」
「清掃中で、中に入られなくて……」
「あぁ、あぁ、あれは僕が来た時間が悪いんだから」

数日前の深夜、同じコンビニへ飲み物を求めたところ清掃中だったのです。
そのことを思い出したようなので、気になって聞いてみました。

「そう云えば、あの清掃って時間は決まってるの?」
「日曜日の、23時からですよー」

もう長いこと地元に居ても、こういうことは知らないままです。
気を遣わせないように、日曜の深夜は時間を選んで利用しようと思います。
  1. 2015/05/13(水) 23:41:34|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

固まる前に

ここしばらくの私は毎日のように畑で畝(うね)を作り続けています。

今年度いっぱいで契約が切れる菜園仲間の片づけに協力して以来、
「契約が切れるまでの一年間は、敷地を好きにしてくれていい」となり、
もともと我が家が借りていた敷地と合わせ、総面積が2倍になったためです。

片づけが完了し一旦は地主に大型耕運機を入れてもらえたのですが、
敷地の全てに畝を作る最中にも、雨が降って土が沈み耕しにくくなります。

ただ、私はこうした作業よりも優先されるべき「自分の仕事」があるため、
仕事が終わった後に畑へ行き畝を作る───というのが最近の生活でした。
そこに台風が来ると分かり、いよいよ時間がない。

「あとはここだけ?」
「向こうに少し残ってるけど、大きい畝はこれが最後」
「間に合うかしらね」

本日の午前中を要して、なんとか雨が降る前に畝作りを終えました。

「今年の畝は、ほぼ全て僕が作ったね!」
「ありがとうございます」

労力は母も認めるところらしいです。
そして夜、さっきまで横から殴りつけるような雨が降っていました。

間に合ってよかった……。
  1. 2015/05/12(火) 23:59:59|
  2. 菜園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

七片 藍

Author:七片 藍
フリーイラストレーター

当ブログについて
:本家[ether]
:mixi[499935]

カレンダー

04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カテゴリ

絵:執筆情報 (64)
ソーシャルゲーム系 (28)
TCG系 (14)
書籍系 (17)
絵:個人作品 (14)
トップ等 (10)
聖域 (1)
悪魔 (1)
神威 (1)
ほか (1)
日常 (3501)
創作 (85)
DIY (102)
菜園 (608)
疑問 (3)
ゲーム (27)
スポーツ (2)
探しもの (6)
生物 (49)
未分類 (2)
修理 (8)

検索フォーム

最新コメント

月別アーカイブ

QRコード

QR