第27緑化地区

フリーイラストレーター七片藍のブログ/第27緑化地区

優れた子供 使えない中年

お昼過ぎに玄関先へ出ると、自転車に乗った近所の小学生が止まりました。
小声で何か呟いたので聞き返すと、公園の樹にサッカーボールを引っ掛け、
そのボールを落とそうと投げた自転車用ヘルメットまで引っかかったとか。

「そんじゃ何か棒……虫取り網がいいか、ちょっと待ってな」
「うん」

実家にあった伸縮する虫取り網を持って、少し離れた公園まで案内してもらい、
到着すると何人かの小学生がいてヘルメットだけは落とせた様子。

「どこにボール……あーあーあー、これじゃ届かないな」

5メートル以上もあるケヤキの、ほぼてっぺん。
Y字の枝に上手いこと乗っかり、これは風が吹いても落ちる気配がない。

「こいつを投げて突付けば───あぁ?!」

頼りになるはずの大人(私)が、まさかの大バカをやってしまいました。
放った虫取り網は枝に引っかかり、少年らを失望させる始末。
ヘルメットを回収できた彼らのほうが優秀です。

引き下がってなるものかと近所を頼ってみるも不在でした。
そこに、孫とバドミントンを始めようと出てきた初老の男性が現れます。

「あの……近くにお住まいの方でしょうか」
「? はい」
「実は───」

事情を説明したら笑われたものの協力していただけることになり、
まずは石を投げ、虫取り網だけは低い枝に落下したので回収を試みます。

「ふぬぬ……」
「すげー!」

三十年ぶりの木登りに、なぜか少年らの喝采を浴びつつ虫取り網は回収。
その後、男性が伸びる物干し竿を持ってきてくれたのでボールも回収。

「イェーイ!」
「お手数をかけましてすみません……ありがとございます」
「いやいや、いいんですよ」

軽い筋肉痛になって格好悪いだけの私。

「なぁ、あっちのグラウンドを使ったらいいんじゃないか?」
「だって、さっきまで少年野球の人が使ってたから……」
「そうか……そういうの昔と変わらないんだな」

この公園は野球もできるほど大きく、フェンスも高く設けられています。
小雨が降っていたせいかグラウンドから人影が減り、もう誰も居ない。

「帰ったみたいだぞ、行け行け」
「やった!」
「おい待て自転車! 自転車を忘れんな!」

新たな楽園を得て走り出す少年らは、見ているこっちまで嬉しくなる顔でした。
  1. 2015/03/07(土) 22:01:47|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

七片 藍

Author:七片 藍
フリーイラストレーター

当ブログについて
:本家[ether]
:mixi[499935]

カレンダー

02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

絵:執筆情報 (61)
ソーシャルゲーム系 (28)
TCG系 (13)
書籍系 (16)
絵:個人作品 (14)
トップ等 (10)
聖域 (1)
悪魔 (1)
神威 (1)
ほか (1)
日常 (3184)
創作 (77)
DIY (86)
菜園 (557)
疑問 (3)
ゲーム (27)
スポーツ (2)
探しもの (5)
生物 (44)
未分類 (2)
修理 (8)

検索フォーム

最新コメント

月別アーカイブ

QRコード

QR