第27緑化地区

フリーイラストレーター七片藍のブログ/第27緑化地区

なぜ早く云わない

「パパが仕事で溜め息を吐いてる時は静かにしろと云っただろう!」

───という勢いで忙しいです。
この一ヶ月で確実に白髪が増えているはず。

お前は独身だろうって? うるさいな、あっち行け。
  1. 2015/02/18(水) 23:27:06|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

脳が空っぽ

仕事漬けでした。
毎度おなじような仕事では退屈ですが、変化が繰り返されるのも大変です。
そろそろ頭の中にある「次はこうしよう」というものが尽きそう。
半日くらいかけてドライブでもするべきでしょうか。

私がまだ就職活動していた頃、原付で自宅とハローワークを往復する最中、
バイクに乗って次々に変わる景色を見るのは楽しくもあり、
それでいて社会から切り離されたようにも感じました。

仕事をしていないという身分の劣等感に苛まれる中、
変化する景色に感性を委ねるのは、思うに現実逃避だったのでしょう。
それくらいしか救いがなく、今でも当時に戻りたいとは思いません。

では仕事を辞める前はというと、それはそれで問題がありました。
「家に帰ったら何を描こう」と様々な想像をめぐらせるうちに、
やがて想像を頭脳から吐き出せない環境に苦しむことになります。

何を考えても職場では形にできず考えることも止められない。
目一杯に膨らませた想像を自宅に持ち帰って形に変える頃には、
考えたことの半分以上を思い出せず、やるせなさにイライラする。

ところが今では「昨日とは違うこと」を日々に要求されています。
膨らませた想像を吐き出せる環境にあって今度は何も膨らまない。
さながら空気を抜いてフニャフニャになった風船です。

深く呼吸しなくては。
  1. 2015/02/17(火) 23:35:52|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

少しずつ

二月は28日または29日までしかない……ということで、
たったこれだけでも私の仕事は忙しさが変わってきます。
もうどこか31日がある月から二日分を失敬して30日にしてほしい。

久し振りに後輩と連絡を取りました。
二年前に転職して以来、毎週のように遊びに来ていた彼が年に数回の電話になり、
現在では激務を極める職場に、ただただ振り回されるだけの様子。

「上が人を増やしてくれなくてさ、入っても辞めちゃう人ばっかりで」
「そうなったら待遇を変えるしかないんだろうにな」
「変えないからねぇ、だから俺達が何とかしなきゃならない」

こうしてギリギリで維持されるものが大半であるように思います。
砂時計のオリフィスから遠く離れていて、何も動いていないようにすら見える。

それでも困窮から生まれるものはあって、私は幾つか仕事の行程を見直せました。
自分が優秀な人間ではないと分かった時から、課すべき大事なことがあります。
それは練磨によってしか埋められないことを確固たるものにすることです。

とは云え眠気は全ての妨げになります。
コーヒー飲もう。
  1. 2015/02/16(月) 23:30:39|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

もう3個食べた

そろそろ春に近づいているのか最近の夜間は寒さが和らいでいますが、
灯油の心配が終わると次はクーラーで電気料金を気にすることになるので、
指折りの猛暑地帯が暖気を取り戻すなら、むしろ寒さを楽しむべきでしょうか。

今日は妹がバレンタインのチョコをくれました。

「今度は入れ物の見た目も重視してみたよ」
「ほぉ」

私は毎年こうしてもらったチョコの箱を殆ど保管しており、
書類をまとめるクリップなどの小物入れとして使っています。
今回はスチール製なので長持ちしそう。

「ありがとうございます、いただきます」
「いえいえ」

私自身は殆ど返礼したことがないのに。
前に買ってあげた手鏡とかの方向で何か考えておこう。
  1. 2015/02/15(日) 23:44:04|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

六回座る

ほぼ仕事に費やしていたので書くことがありません。
今月は仕事が立て込んでいて忙しいです。
そしてきっと明日も同じ。

書くことと云えば……おなかの具合が悪かったことくらい。
牛乳を一気にたくさん飲むのは良くありませんね。
  1. 2015/02/14(土) 23:59:59|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

石の上にも**年

午前中の牡丹雪は例によって積もることなく元通りです。

私は体が必要とする平均の睡眠時間が六時間らしいのですが、
暑さ寒さや雨に雪、そのほか外的要素が絡むと二時間ほど短くなるようで、
本日も雪が降ったことで予定より一時間くらい早く目覚めてしまいました。

この一時間が曲者です。
仕事柄、肉体の酷使よりは乏しい頭脳を痛めつけるせいか、
体の疲れは解消されても頭が重く、結果的に長く起きていられないことも。

「頭を使う仕事は肉体労働より疲れない……ってのは間違い。
 "使うところ"が変わるから、今までとは違った形で疲労するの。
 あなたみたいに途中から切り替わった人は、これからが大変よ」

この仕事を始めて間もない頃、知り合いの医療従事者に聞いた話です。
十年を経ても少々の変化に大きく揺さぶられ、仰るとおりになっています。

それじゃ仙人の境地へ至るには何年くらい描けばいいんじゃよ。
  1. 2015/02/13(金) 22:14:55|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

10年の柱

上司や同僚が居ない私にも仕事の上で関わる人(担当さん)が居て、
大体は仕事の進行に不可欠な存在で、たまに交代されたりします。

その理由は様々ですが、二年に一度くらいは退職を理由に交代する場合もあり、
同業種に転職される方や、あるいは異業種であったりすることもあるようで、
いずれも「その後」を知る機会はなく、お世話になった人ほど寂しいです。

今回、私の仕事で最も長く関わっていた方が退職することになり、
起き抜けにメールを読んで驚いてしまいました。
およそ十年の付き合いです。

私は仕事に関するデータの殆ど全てを保管してあるため、
最初から現在の受信に至るまで、全てのやり取りを確認することが出来ます。
途端、ざあっと過去十年のことが思い出されるのでした。

「メールがきちんとしてるから、それだけで殆ど解決するんです。
 だから『仕上がりそうですか?!』とか焦って電話したこともない。
 七片さんの場合は、本当にメールを読むだけで完了しちゃうんですよ」

過去、ご本人から云われて嬉しかった言葉です。
仕事の上では最も私を知っている人であると云えます。

この仕事で十年を満たす今年に、なんだか大きな節目を見る気分でした。
  1. 2015/02/12(木) 23:46:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

趣味と仕事

妹の買い物に付き合って車を出していました。
編み物の材料である毛糸を買いに行ったところ、思ったような品がなく、
手芸専門店まで足を伸ばすと、妹は品揃えの良さに驚いた様子。

「前に来たことがあるもんだと思ってた」
「初めてだよ」
「隣に駐車してた人はナンバーが県外だったな」

この店は、私も十数年前に来て布を買ったことがあります。
椅子の座面が破れてしまった時、自分で張り替えたのです。

裁縫の材料だけかと思いきや、ビーズや絵の具などもあるようで、
こうした職業や趣味の人を総合的に後押しするような感じでした。
主に女性向けとは云え、男の私が見ても「色々できそう」とワクワクします。

帰り際の車内にて───

「……何か趣味を作らなきゃいかんな」
「え? う~ん……」
「材料を使って作るものがいい」

妹には意外に聞こえたかも知れませんが、我ながら意外でした。
趣味(絵)を仕事にすると、義務と負担が生じて自分を癒やせません。
しかし休憩で気分転換するにしろ、単純消費するだけのものは退屈です。

「100円ショップとかでコストを下げられるものとか……」
「そうだな、やっぱりそこだ」

この歳で改めて趣味を考えるなんて。
  1. 2015/02/11(水) 23:49:17|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食べちゃうけれど

ちらちらと雪が降ったものの、基本的には強風で吹き飛ばされてしまい、
夕方以降は掃き掃除を終えたように元通りとなりました。
つくづく雪に縁遠い土地です。

私はよく近所のコンビニで安価なチョコレートビスケットを買うのですが、
ビスケット面には子供向けの絵柄が入っていて、何種類かあるようです。
これまで気にしたことがなかったので「そうだっけ?」という感じ。

詳しく見てみるとキャラクターは14種類。
ほかにも低確率で数種類だけ別の絵柄も入る様子。

……なんでしょう、この自分に失望する感じは。
頭が疲れた時にボリボリ貪るだけで十分に利益はありますが、
せっかくの絵柄に気付くこともなく食べ続けていたなんて。

こういう余裕のない実利一辺倒なところも私の欠点です。
  1. 2015/02/10(火) 23:47:26|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

太る努力

強い西風で山からの吹き降ろしに数時間だけ雪が混じり、
家を手伝って外で掃除をしていると、骨身に凍みるような寒さでした。
暖房を使わない屋内も寒いですが、屋外の寒気は重さや鋭さを伴っています。

昨夜の仕事には何とか目処がつき、提出することができました。
〆切の件を知っていた母が朝の畑から電話をよこして来て───

「仕事どうなった?」
「なんとか仕上げて提出したよ」
「やっぱりね、あんたは必ずやり遂げる」

───と、最初から結果を知っていたかのようです。
深夜2時以降、二日分の作業がグイグイ進むとは自分でも信じられない。
こういう小さな達成が、10年間で私の体積を変えることなく蓄えられていきます。

……いや、太ったから体積は変わってるのか。
  1. 2015/02/09(月) 23:21:27|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

七片 藍

Author:七片 藍
フリーイラストレーター

当ブログについて
:本家[ether]
:mixi[499935]

カレンダー

01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

カテゴリ

絵:執筆情報 (63)
ソーシャルゲーム系 (28)
TCG系 (14)
書籍系 (17)
絵:個人作品 (14)
トップ等 (10)
聖域 (1)
悪魔 (1)
神威 (1)
ほか (1)
日常 (3335)
創作 (85)
DIY (94)
菜園 (581)
疑問 (3)
ゲーム (27)
スポーツ (2)
探しもの (6)
生物 (49)
未分類 (2)
修理 (8)

検索フォーム

最新コメント

月別アーカイブ

QRコード

QR