第27緑化地区

フリーイラストレーター七片藍のブログ/第27緑化地区

戦士の気合

先方が主催する親睦会に行って来ました。
詳しく書くと怒られそうなので省略しますが、
Mさん、Uさん、Nさん、お話しできて非常に嬉しかったです。
特にNさん、応援しているのでお互い頑張りましょう。

これで一年分の力を養えました。
今日はゆっくり眠って、明日から全力を尽くさねば。
  1. 2014/05/21(水) 22:14:13|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「大きいことは**いことだ」

あけすけに個人の身体的特徴を指摘するのは良くないことですが、
私個人に限れば、頭がでかい(そのままの意味)、手がでかい、足が……と、
漫画で描くなら便利そうな特徴でも、買い物で困ることがあります。

サイズが調節できない帽子は被れないことが多いし、
大き目の手袋を買っても指の付け根まで入らなかったり、
下駄箱に入れられないことすらある靴は在庫がなかったりする。

・頭の大きい人は、頭が良い。
・手の大きい人は、掴み取る幸せが大きい。
・足の大きい人は、地に足のついた職に就ける。

───と、いいのにな。
  1. 2014/05/20(火) 21:12:36|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

歳をとると当てにならない

毎日、午前中に畑へ向かうのが日課になっています。
私は朝方まで仕事をしているため、畑に寄るのは「寝る前」になるわけですが、
これから夏にかけての水やりは、日中の気温上昇を避けるためでもあります。

畝(うね)を大きくして吸い上げる養分を増やす───という案は、
最初は気が進まなかった母すら一目で違いが分かるほどになりました。
晴天が続いても、土が含む水分のおかげで長持ちするのです。

畝を大きくするには、より多くの土を必要とします。
それに対して畑の土には限りがあるため、上手くやり繰りせねばなりません。

他の借主を含めた敷地一帯を見てみると、畑を区画する通路(地面)は殆どが同じ高さ。
それに対して畑の用土は盛り上がっていて、通路よりも少しだけ高い。
この少しだけ高い分を利用することで、畝の土に割り当てるわけです。

そんなわけで、これまで畑の中を歩く際に踏みつけられるだけだった土は、
新たに畝の用土となり野菜の生長に一役買っています。

あとは連作障害を避けるため、植えている野菜の範囲を管理するだけです。
しかし記憶に頼っていて、昨年の今頃に何が植えられていたか覚えていません。
同じ場所で同じ野菜を育てると、病気になったり収穫が減ったりします。

ノートを持ち込んで記録するしかないか……。
  1. 2014/05/19(月) 23:59:59|
  2. 菜園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

見に憶えのない不安

以前、夢の内容が意味するところを解説している本か何かで、
「学生時代の自分が忘れ物をして焦っている」とか、
「学校に遅刻しそうで慌てる」と云った例を紹介していました。

そうした夢は現実世界での準備や警告、または誰それに対する嫉妬とかいうもので、
「そうかも知れない」と思える指摘から根拠を問いたくなるものまで様々でした。

すると"夢の中での学校"で思い出すことがあります。
私が学校の夢で慌てる場合、なぜか机の中身についてなのです。
中で食べ物が腐っている、漫画が入っている、絵を描く道具しか入っていない……など。

これらのどれ一つとして経験がありません。
「机の中に給食の残りを腐るまで入れていた」のは他の生徒の話ですし、
学校に漫画を持ち込んだことはないし、画材だけを持って登校したこともない。

こうしてみると、自分に無関係な事例を作り出してまで悪夢を経験し、
余計な警戒によってストレスを溜めているようにさえ思います。
眠っている時くらい安心しても良さそうなのに。

そう云えば同窓会の連絡が来ていたっけ……あまり行きたくなくなった。
  1. 2014/05/18(日) 23:59:59|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

虫と人の歴史

「珍しいものが見られるわよ、あんたは苦手かも知れないけど」
「毛虫なら遠慮する」
「当たり、実はね───」

知り合いが蚕(カイコ)を育てることになったので見せてもらいました。
母も昔は故郷で養蚕を手伝ったことがあるのだとか。

私は、いわゆる毛虫の類が苦手です。
畑の作業を手伝うようになって以来、根切り虫や青虫は慣れてしまいましたが、
それでも大きな幼虫はギョッとしますし、まして触れようなどとは思いません。

ところが蚕と聞いた途端に興味が湧きました。
実物を見たことがないからです。

---野生回帰できない家畜化された昆虫---であることを知識として知っているだけで、
郷土資料などで繭(まゆ)の状態を見たことがある以外は、写真や映像だけでした。
苦手と感じて避けるにしろ本物を見ておきたい。

個人で育てる場合、繭を作らせるには紙を丸めた筒の中などでも良いそうで、
すでに少しだけ糸が張られており、貴重なものを見ることが出来ました。
この細い糸が幾重にも束ねられて真綿になるとは。

本日また一つ、平気な昆虫が増えたのでした。
  1. 2014/05/17(土) 23:44:59|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

引っ越したい

今年は畑で色々と工夫を凝らしていて、早くも変化が現れています。
一つの苗が占める土の量を2倍に増やしたことで、のびのびのと根を下ろしている感じ。

土の量を2倍にすれば植える面積は減りますが、今年からは畑そのものを拡大したので、
総合的な収穫量は減りませんし、連作障害の程度を抑えることも出来ます。
大きな水槽が水質を維持しやすいのと同じですね。

私の部屋も広くなれば散らからない……わけないか。
  1. 2014/05/16(金) 23:59:59|
  2. 菜園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

旧支配者

昨日に引き続き、掲載可能な仕事作品を公開いたします。

■「最強ガーディアン・クルス」より"水神クトゥルフ"
(※画像クリックで全体表示)

納期に余裕があったので腰を据えて描くことが出来ました。
色々と反省も多いのですが、描きたいように描かせてもらえて楽しかったです。

ブログで公開したものを含め、サイトに掲載する作品が十枚以上も溜まっています。
担当さんのお返事はまだかな……。
  1. 2014/05/15(木) 22:44:08|
  2. ソーシャルゲーム系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

暑い

とくに書くことがないので、掲載可能な仕事作品を公開いたします。

■「最強ガーディアン・クルス」より"ア・ドライグ・ゴッホ"(※画像クリックで全体表示)

ウェールズの国旗に描かれている赤い竜です。
角は指定によるもので、国旗の竜には角はありません。

仕事が忙しいので今日はここまで。

テーマ:スマートフォンゲーム - ジャンル:ゲーム

  1. 2014/05/14(水) 23:45:15|
  2. ソーシャルゲーム系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ピーガー

たまに思い出してラジオ番組を聴きたくなることがあります。
仕事の上では耳だけが自由なので、気分を変えるには音しかない。

しかしラジオは母に渡してしまって、聴くのは昼間の車内であることが殆どです。
聴きたくなるのは深夜なのでラジオが欲しい……でもラジカセもない。
ラジオ番組を聴くからにはラジオで聴きたい。

学生時代には、むしろラジオは「音楽を聴く機材の付属機能」でした。
ラジカセがあればラジオを聴けるので気にしたことはなかったわけです。

そう思った昨夜、私の部屋にもラジオが一つだけあることに気付きました。
実家が引っ越す時、その姿が気に入ってしまったので持ち帰ったものです。
入れっぱなしにしていた乾電池が粉を吹いていました。

松下製AMラジオ「R-143」1974年製───古い古いラジオです。
聴けるのはAM放送だけですが、AC100Vと乾電池が両方使えます。

乾電池は受け付けなくなっていたので、電源はコンセントから引っ張りました。
このラジオはチューニングが合うと赤いダイオードが光るようになっています。
39歳の彼は鮮やかな光を放ち問題なく受信してくれました。

ところがAMラジオの内蔵アンテナでは、部屋の床に伏せて置かないとノイズだらけ。
結局、私が聴きたい番組は電波が弱くて聴けたものではありませんでしたが、
ノイズの中に放送を探すのは何だか楽しい。

彼の現役を支えるために、自作アンテナも考えよう。
  1. 2014/05/13(火) 23:59:59|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ブラッシュアップに一万年

車に乗って少し離れた神社にてお祓いを受けることになったのですが、
祝詞(のりと)の中に名前が入ると中途半端に意味が分かってしまい、
奇妙に浮いて聞こえるので申し訳ない気分になりました。

昨夜から今朝まで仕事をしていて、あまり前進しなかったので焦っています。
資料が必要な絵の場合、知識として頭に存在しないものは悩んでも仕方がないので、
さっさと調べて進めたいのに思いのほか良い資料に行き当たらない。

こういう時こそ神頼み……と行きたいところですが、
日ごろから信心の薄い私に貸してやる力なぞ無いようです。
きつい灸をすえられたつもりで朝まで頑張り、手詰まりなところで提出しました。

ダメ出しするのが同じ人間だからこそ、この程度で済んでいると考えるべきです。
神様にリテイクを出されたらラフだけで千年くらい経ちそう。
  1. 2014/05/12(月) 23:59:59|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

七片 藍

Author:七片 藍
フリーイラストレーター

当ブログについて
:本家[ether]
:mixi[499935]

カレンダー

04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

絵:執筆情報 (63)
ソーシャルゲーム系 (28)
TCG系 (14)
書籍系 (17)
絵:個人作品 (14)
トップ等 (10)
聖域 (1)
悪魔 (1)
神威 (1)
ほか (1)
日常 (3426)
創作 (85)
DIY (100)
菜園 (589)
疑問 (3)
ゲーム (27)
スポーツ (2)
探しもの (6)
生物 (49)
未分類 (2)
修理 (8)

検索フォーム

最新コメント

月別アーカイブ

QRコード

QR