第27緑化地区

フリーイラストレーター七片藍のブログ/第27緑化地区

期待の眼差し

いつも通り実家の用事を聞きに行き、
コンビニへ買い物に行って帰ってくると、玄関の近くに誰か居ます。
息子さんと娘さんを連れた知り合いのママさんでした。

この息子さんは私の母を気に入っているらしく、
通りかかると必ず会いたがるのものの、あいにく母は体調不良です。
かなりの人見知りですが、最近は私にも少しずつ警戒を解いています。
まだ言葉を憶えたばかりなので、ほとんど会話が繋がらない。

「ごめんな、おばさんは寝てるんだ」

すると持っていた玩具を次々に手渡してきました。
この行為にどのような意味があるのか分かりませんが、
「自分の興味の対象を誰かに示す」という点については、
受容欲求みたいなものなのでしょうか。

「郵便局に行くつもりなんだけど、立ち止まっちゃって」

ママさんが困った顔をしています。
その途中で我が家の玄関先を通ったのでしょう。

「ほら、この玩具はしまえ。
 ママが郵便局に行くって云ってるぞ」

どこまで話が通じているのか。
何となく意味を理解したらしく、素直に玩具を受け取りました。

子供に見上げられた時の感覚は不思議です。
彼らの成長には大人の協力が必要で、自分は頼られる側の存在で、
それが他人の子供であっても「力にならねば」と思ってしまう。

親はそれが毎日なのであって……やっぱり大変なんだな。
  1. 2013/07/31(水) 23:33:43|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

痛みの素人

妹が体調を崩して高熱を出し、母と私は膝が痛みます。
ここ数日の雨続きが影響しているらしいです。

私の膝は数年前に自転車で派手に転んだ時のもので、
膝の靭帯を傷つけたらしく、冬場になると痛みます。
膝裏にボールを挟んだまま正座したような圧迫感。

それが夏場に痛むということは温度や気圧が関係するのでしょう。
母も雨が降ると具合が悪いので、同じ原因なのかも知れません。

痛みで翌日の天気を知るには、まだまだ修行が足らないようです。
  1. 2013/07/30(火) 23:40:36|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

湿度75%

いつも通り実家に電話をかけて用事を聞こうとすると、
受話器は上がらず、母は雨の中で畑の収穫をしておりました。
体温が下がると体調不良のもとだと云ってあるのに……。

畑から戻る最中、ふと足元に視線を下ろすと奇妙なものがあります。
すでに血色を失い、頭部が轢き潰されたらしい魚の死体です。
ヒレの形が特徴的なのでナマズの子供だと分かりました。

「なんでこんな所で死んでるのかしら」
「こないだの大雨かな」

用水路は道路より1メートル以上も下にありますが、
暗きょから溢れるほどの水は小魚を押し上げ、
溢れた水は路面を滑走させたようです。

小枝を使って道路から移動させ、草むらに紛れさせました。
この季節、変わった場所で生涯を終える生き物が多いです。

そしてまた雨です。
もう梅雨時が一ヶ月くらいずれてるんじゃなかろうか。
  1. 2013/07/29(月) 23:59:38|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

やらなかったくせに

近所に、今年から中学生になった知り合いの子が居ます。

もうこの歳ごろにもなれば軽口を叩くようになりますし、
相手が大人であろうと、どうにか自分を尊重させようとします。
ようするに生意気ざかりです。

長いこと喋っていると、まぁ口は悪いわ短絡的だわと、
自分の少年時代はどうだったのだろうかと、思わず遠い目になる。

私の時は周囲の大人が怖くて仕方がなかったので、
分かったようなことを云うにしても友人の前くらいでしたが、
実際には出口が異なるだけで、基本は同じなのかも知れません。

「あぁもう、うるさいな、夏休みの宿題でもやってろ」
「えー面倒くさい」

屁理屈まみれの返答に辟易し、適当に追っ払う。
面白くない顔で自宅へ戻っていく後姿を見て、
ふと奇妙な感覚が生じ、それが何であるかが分かりました。

この様子を見ていた既婚の知り合いが、
「なになに?」という顔でやって来ます。

「どうかしたんすか?」
「はー、気持ちいいね」
「え?」

「子供に『宿題やれ』って云うの、気持ちいい」
「ははははははは! 分かります分かります!」
「自分はもう宿題やらくていいもんねぇ」

───悪い大人です。
  1. 2013/07/28(日) 23:59:59|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

闇の住人

ほとんど眠って過ごしました。

そんなに疲れていた感じはなかったのですが、
疲労感を正確に把握できていないなら良くありません。
しかし23時に目覚めてしまうと結局また昼夜逆転です。

もういい、考えるのやめよう。
仕事仕事。
  1. 2013/07/27(土) 23:59:59|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

天然洗濯機

昨日の夕立の降水量は地元でも珍しかったようです。
暗渠(あんきょ)から雨水が溢れてゴミが堆積し、
掃き寄せられて奇妙に片付いていました。

用水路から水を汲み上げる作業が省けるので、
ポンプ等を持たない我が家の菜園には恵みの雨です。

「水やりが助かるわぁ」
「僕は洗濯物を取りこみ忘れたけどね」

トランクスが脱水前に戻りました。
もういい、ほっとこう。
  1. 2013/07/26(金) 23:59:59|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(葉っぱの)お代はどうした

夕立の落雷でパソコンが何度か飛んでいます。
わずか10分の間に四度も部屋が明滅するのは珍しいです。
書きかけた日記が消えたり、サイトの更新データが飛んだり。

午前中、畑の収穫に付き合いました。
一部のトウモロコシが奇妙な荒らされ方をしていて、
母は「誰かが作物を盗んだのだろうか」と心配していましたが、
話を聞いて確認してみると、なるほど奇妙で何かがおかしい。

その場でかじったような痕と引きちぎられた葉っぱ。
トウモロコシの葉は太い繊維が走るので、引っ張る力には強いです。
人間が荒らすなら葉を剥くだけで済ませますし、これは余計な手順。

「タヌキだと思う」
「えー?」
「道路を横断して、あっちの畑に入るの見たことあるよ」

地元もそれなりに近代化が進んでいますが、
小さな山ひとつもあれば小動物が息づくのも当たり前で、
夜陰に紛れて食料を調達しに来ていたらしいです。

人間が食べても甘いと感じるトウモロコシを食べるとは。
彼らは意外と舌が肥えていそうです。
  1. 2013/07/25(木) 19:16:45|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

引き金

久し振りの雨の中、母を連れて買出しに行きました。
先日から少し離れたスーパーへ足を運ぶようになったのは、
特定の食材が近所よりも安く買えると知ったことによります。

道中、亡き父が入院した総合病院の付近を通ります。
母は未だに慣れないらしく、ざわりと記憶が蘇るのだとか。
危篤に陥って病院から電話が入り、駆けつけること数度。
バイタルの警報を想起させるため、電子音が苦手になったとか。

私はというと病院の近くを通りかかっても何も感じず、
自分にとって何が「それ」に当たるのか長いこと不明でしたが、
2ヶ月前に知り合いの見舞いに行った時、不意に理解できました。

それは病院独特の匂いです。
当時ことさら気になるものではなかったにしろ、
日常と緊急事態を明確に隔てる要素になり得たのでしょう。

慄然として、脳が記憶に塗りつぶされ空気が重くなる。
ほんの数秒で解消されましたが、こんなものが引き金になるのか。

学生が夏休みに入り、2度目のお盆を前にそんなことを思いました。
  1. 2013/07/24(水) 23:08:14|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

景色の代謝

出先で店舗を解体して更地にしている現場を見ました。
どうと云うこともないのですが、ふと実家の引っ越しを思い出し、
さらに、古い実家で過ごした期間が最も短いのは私だと気付きました。

長いこと同じところに済んでいると個人の"座標"みたいなものが定着し、
建物が取り壊されても幻が見えるようで、少し寂しい感じがします。
実家が引っ越して数年になり、以前の土地は今でも更地で、
近々業者が着工すると聞いていて……そうして何が出来るのか。

子供時代に比べて変化した景色は数多いので、
とくに写真が趣味ではなくとも、記録するのは大切だなと感じます。

自分の老後がどうなるかは分かりませんが、
写真を見て懐かしむくらいのことはしたいですね。
  1. 2013/07/23(火) 22:22:31|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

柔和の努力

弟が買い物の出先から電話を掛けてきて、
小売店と通販ではどちらが得だろうかと相談してきました。
どのような理由なのか今回は小売店のほうが安かった様子。

電話からは後ろで口を出している彼女さんの声も聞こえ、
仲の良いことで実に結構ですが、弟は電話口になると声色が優しい。
面と向かって話すよりもリラックスできるのでしょうか。

先日、妹とこんな話になりました。

「どこか寄りたい店はあるか?」
「とくにない……かなぁ」
「でも〇〇〇なら寄りたいんだろ?」
「そこなら行きたいけど、でも遠いから」

「車だぞ、10分も30分も大して変わらん」
「お兄ちゃんはそうかも知れないけど、
 頼む側からすれば遠い方は気を遣っちゃうんだよ?」
「……そりゃそうだけど」

もう少し気楽に頼めるよう努力すべきなのは私の方?
弟が電話だと話し易そうに思えるのも、
私が何か気後れさせる要素を持っているからなのか。

「お兄ちゃんは、なんていうか強い力があるし、
 そうやってどんどん前に進んじゃうけど、
 弱い人だって居るし、そういう人は何も云えなくなる」

これも妹に云われたことです。

元来いじめられっ子だった私ですし、
勉強もできないし体育が抜群だったわけでもないので、
弟妹を気後れさせる何かがあったとしても、とんと思いつかない。

兄って難しいです。
  1. 2013/07/22(月) 23:59:59|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

七片 藍

Author:七片 藍
フリーイラストレーター

当ブログについて
:本家[ether]
:mixi[499935]

カレンダー

06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ

絵:執筆情報 (59)
ソーシャルゲーム系 (28)
TCG系 (12)
書籍系 (15)
絵:個人作品 (14)
トップ等 (10)
聖域 (1)
悪魔 (1)
神威 (1)
ほか (1)
日常 (2544)
創作 (71)
DIY (40)
菜園 (349)
疑問 (3)
ゲーム (26)
スポーツ (2)
探しもの (4)
生物 (32)
未分類 (2)

検索フォーム

最新コメント

月別アーカイブ

QRコード

QR