せわしい寒暖

仕事にかまけている内に公開された作品が幾つか増えていました。
近々サイトの仕事作品ページを更新したいと思います。

今日は妹の誕生日に贈るものを母と買いに行きました。
私は前もって注文しておいたのですが、一部は配達が遅れるとか。
以前から興味があったらしい品ですし、それくらいは勘弁してもらおう。

それにしても昼間の陽気を体感するほどになり、
ちょっとジャケットを着たままでは暑く感じる気温です。
そうこうしている内に夏になってしまうのでしょうが、
年々春と秋が短くなっているように感じるのはなぜでしょう。

歳は関係ないはずだ……たぶん。

「虫の群れ、消えろ!」

それほど差があったわけではありませんが、昨夜は少しだけ早く寝ました。
昼間のうちに行動したかったため、今日は色々と買出しに行っています。

途中、古本屋で「漂流教室」の全巻セットが安かったので購入しました。
隣にあった「神の左手 悪魔の右手」も欲しかったのですが、
全巻を揃えて読んだことがなかったので、こちらに決定。

漂流教室は私の大好きな作品です(でも映画とドラマは別)。

懲りたい。

昨日の買い物で買った豚ロースを使い、母が煮豚を作っていました。
もともと私が作る予定で、実家の圧力鍋が壊れてからは日延べしていて、
母に鍋をプレゼントしたことで実現しています。

これを父に食べさせたかったなぁ。
病院食はゆるゆるの食感ばかりで、自宅で食事がしたいとぼやいていたっけ。
友人の親父さんは、秘密で家族に差し入れさせていたそうですが。

それはそうと、ここしばらく「今日こそは早く寝る」と云いつつ仕事をして、
あと1時間、いやいやまだ4時だから……と、結局は朝まで起きる毎日です。
これだと集中力を期待できるものの、反動が大きいので褒められたことでもない。

よし……今日こそは寝るぞ。

引き出しが少ない

最近、この日記とは別でカレンダーソフトに出来事を記入しています。
概ね家族や友人との「~をした」という個人的な内容ですが、
記しておくと安心するらしいです。

よく「そんなに毎日、何を書くことがあるのか」と聞かれますが、
この日記にしても出来事についての所感や説明が殆どですから、
箇条書きなら数行で済むし、読む人にとっては益体のないことばかりです。

それでも十年くらい続けると、仕事に行き詰った時の気分転換になるようで、
ひとしきり考えていることを文章にすると頭の中が整理できます。

何かに似ていると思ったら、写経や運針でした。
考えながらキーを打っていても、その行動自体は瞑想に近いようです。
長々と打っておいて消してしまう時もあるので、内容は無関係なのでしょう。

夏休みの日誌は最終日に書いてたのになぁ。

-*-*-*-
弟が仕事先で貰った発泡酒をくれました。
いただきます。

〇人前

仕事漬けです。
苦手な題材なので通常よりも時間が掛かっていて、
毎度なんとかして消化するものの、毎度のことながら疲れます。

この仕事も8年になりますが、まだまだ一人前とは云い難いです。

無駄足

色々と買い物の用事があったはずなのに、それぞれに良品がなく、
結局は100円ショップで消耗品を買っただけの空振りでした。

もう今日は寝よう……。

結局は一人

仕事が忙しいです。

ガントチャートにカレンダー、簡易メモに日記と、二重三重の予防線を張り、
ようやく「しまった!」と帳尻を合わせることもなくなりましたが、
案件ごとの〆切が少しずつずれており、これが大変です。

簡単に説明しますと───

・1回目の依頼……月末〆切
・2回目の依頼……月末〆切
・3回目の依頼……28日〆切
・4回目の依頼……26末〆切

───このように、
数日単位で前倒しになりつつあり、当然ながら発注時期も早くなるため、
予想で日程を組むしかできない以上、徐々に計算しづらくなるのです。
結果的に同じ案件でも作業期間が短くなったりします。

仕事は複数、消化は一人。
よく考えたら来月は確定申告があります。

「分身の術」とかどうでもいい妄想で現実逃避している自分が可笑しいです。

ヒマな助手

弟の仕事が忙しく店内を一人で切り盛りしているため、
母が協力できる範囲で手伝いに行ったそうです。
しかし───

「落ち着いたから座ってていいよ」
「はいはい(ゴソゴソ)」
「座ってていいってば」
「はいはい(ゴソゴソ)」

主婦の感覚が「何かしなければ」と命令するようです。
挙句ちょっと失敗してしまい、

「手伝いに行ったのか邪魔しに行ったのか、分からなくなっちゃった」

───こんな感じだったとか。
それでも息子の仕事を手伝えるのは嬉しい様子ですが、
逆に私の仕事では「何も手伝えることがないので気の毒」と云います。

……私の仕事で手伝ってもらえることって何だろう。
ここ何年かでフルデジタルに移行してしまったので、
手に持つ道具はペンタブレットだけ。

これじゃあ「そこの消しゴム取って」とも云えない。

コーヒー対グーグー

次第に昼間が長くなっているように思います。
そのせいかは分かりませんが、とにかく眠くて仕方がありません。
仕事がはかどっていないし、ウトウトしている場合ではないのに。

明日は別の用事で外出することになりそうです。
今夜中に線画を……上げられるといいな。

「そこからここまで、全部くれ」

あまり眠れていないので疲れております。

仕事から帰ったばかりの妹と母の三人で買い物に行きました。
思いがけず久し振りに寄ったスーパーが特売の日だったのですが、
水を抜いたプールのように青果や肉類は何もない棚ばかり。

「……何事なの?」
「今日が特売だったらしいね」
「それにしても何もないわね……」

営業終了まで1時間も残っていたのに。
狙って来たわけではなかったものの、呆気にとられてしまいました。
私達と同じ感想だった人は多かったようで、棒立ちで棚を見渡す姿がちらほら。

周辺住民の胃袋を満たすスーパーとは、かくも影響力があるものかと驚く反面、
こうした光景を見るたび、生きるためのエネルギーって凄いなと思います。

そしてこんな些細なことでも、自分も頑張らねばと思ってしまうのでした。
プロフィール

七片 藍

Author:七片 藍
フリーイラストレーター

当ブログについて
:本家[ether]
:mixi[499935]

カレンダー
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
QRコード
QR