第27緑化地区

フリーイラストレーター七片藍のブログ/第27緑化地区

遠い教室

変な時間に眠ると変な夢を見るのか、昔の級友が出てきました。
成人して以降の足取りは、風の噂では糖尿病になったとか聞いていますが、
もう20年近く会っていないので、見かけても気付かないかも知れません。

さて夢の内容はというと、その彼に嘲られるものでした。
「俺は世界を股に働いてるけどお前は……」といった台詞でしたが、
彼がそんな仕事をしているとは聞いていませんし、なぜこんな夢だったのか。

学校を卒業してしまうと、とんと同級生に会わなくなります。
いまだ校区内を出ることなく暮らしているのに、みんなどこへ行ったのか。
この地元から数百人の生徒が登校していたのが疑わしいくらい。

それでも、ごくたまに同級生に会うことがあって、
特殊学級に居た生徒の一人とは、年に一度くらい会話します。
珍しく外で見かけた時には必ず声を掛けるようにしていて、
大抵は親御さんが同行しており、そのお母さんと話すことも。

「この子に声を掛けるのは、あなたくらいですよ」

嬉しそうに云われましたが、そんな返答からして私には意外なことです。
昔から怯えたような反応があるくらいで、とくには気になりませんでした。
私自身が級友にからかわれる子供だったからでしょうか。

私は高卒だから小学生から数えれば在学期間は12年。
高校3年間は市外だったので確率は下がるものの、
9年間だったとしても、中学時代の校区は小学校より広いはず。

それでも見知った懐かしい顔を見ることが少ないのですから、
学校という施設は、実はとても貴重なのだと感じます。

残りの人生で、あと何人くらいと再会できるのでしょうか。
  1. 2013/02/18(月) 21:40:45|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

人生もほろにが

「家族が買ってきたコーヒー(の挽いた粉)が粗挽きすぎたから」と、
数週間前に私のミルを借りていった友人が、少しコーヒーに興味がわいたようで、
喫茶店で販売しているレギュラー品を試すことになったようです。

私もコーヒーが好きで殆ど毎日飲んでいますが、
高いものを買って「他のは不味い」と感じるのも嫌なので、専ら市販品です。
しかも前に買ったものを憶えないため、はっきりと避ける銘柄もありません。

「ネットで調べたやつは、あまり評判が良くなくてさー」
「まぁ結局は好みの問題だからな」

ためしに私が買った品の香りを嗅がせて見たら「苦味が強そう」だとか。
たしか彼はミルク多めのコーヒーが好きだったような。

家族でも好みは分かれていて───

・母……苦くなく甘くもない薄め。
・弟……肉体労働が多いせいか甘いやつ。
・妹……そもそもコーヒーはあまり飲まない。

私は父に似たのか、甘さと酸味の少ないものが好みです。
結石を経験してからは必ずミルクを入れるようになりました。
もうこりごりです。

コーヒー飲んだのに眠いな……。
  1. 2013/02/17(日) 19:25:12|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ホコリの厚み

Youtubeなどで動画を観ている時、その動画の検索ワードに近いものが表示され、
それを次々に進めていくと、もはや最初に何を観ていたかすら分からなくなりますが、
そんな中で「懐かしいCM」なんてタイトルでまとめた動画があったりします。

こうしたCMの権利関係などは存じませんが、
自分が小学生くらいの頃に放送されていたものを見ると、
たった15秒の内容でも記憶を引きずり出されて驚きます。

そうしたCMは当時の関心の有無には関係ないようです。
食べ物、胃腸薬、生命保険、化粧品、クレジットカードなどなど。
脳は何を理由に記憶させたのか、ほかに憶えることは幾らでもあったろうに。

それでも「あ、聞いたことある」と思うCMの曲がつるりと思い出せれば、
それはそれで気分がいいというか、何かに合点が行ったようで納得します。

今日は仕事帰りの友人が来て、ある話題で私が思い出せずにいた時───

「あれ何だっけ……えーと……待て、云うなよ」
「うんうん(笑)」
「そうだ思い出した」

───なんてことがありました。
上のCM曲に比べたら掘り起こすのも楽な情報のはずですが、
不意に日光を遮る小さな雲のように、脳が記憶を覆い隠そうとします。

きっと人間が常駐させることの出来る記憶量には限界があって、
脳に負担をかけないよう、しょっちゅう情報を整理しているのでしょう。
保管して間もない情報を再び引き出す時、“ど忘れ”が生じるのかも。

自分の年齢を忘れてみたいです。
日記を書いているせいで嫌でも思い出します。
  1. 2013/02/16(土) 23:59:59|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

補填人生

昨夜は妹がチョコをくれました。
こうして受け取るのも何度目くらいでしょうか。
好みを知っているので毎回ハズレがありません。

ところで昨日の漢字テストを妹にも試したところ、5つ正解でした。
これで弟が同じかそれ以上の正解率だったら私が最低点ですが、
弟妹は私より字が綺麗なので、もうその段階で問題です。
頼れる兄であり続けるのは難しい。

いっそ自覚している弱点などを洗い出してみます。






7行くらい書き出してみましたが、自分に腹が立ってきたので消しました。
  1. 2013/02/15(金) 21:02:11|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「物事には順序がございます」

私は漢字の書き順(筆順)を間違えたまま憶えているものが非常に多く、
何らかの理由で字を書こうとするところを、母に見られるたびに怒られます。
最近はテレビ番組でも綺麗な字・正しい筆順について扱っていたりして、
忙しさを言い訳に正そうとしない私は肩身が狭いです。

今日もそんな感じで母に指摘され、10種類の漢字をテストされました。
いつもなら間違えた瞬間に「ちがう!」と叱責を受けるのですが、
今回は頷きながら「はい次」と進み───

「あんた、正解率はどれくらいだと思う?」
「さぁ……8個くらい?」
「何が8個ですか、逆よ、間違いが8個」

───こんなありさまでした。
別に自信があったわけではありませんが……反応が紛らわしい。

間違ったまま手クセで憶えている漢字が大半のようで、
「縦(丨)や横(一)を頼りに『残りの部分』を収める」という傾向にあります。
(正当化しているわけではなく、間違いの客観的な説明です)
たとえば「可能」の“可”という字の場合───

一 → 丁 → 可

───こんな感じに間違えています。
これが上で説明するところの「残りの部分を収める」という歪み。
もちろん2画目以降の正しい筆順は“口”からです。

しかし不思議なことに、この“可”が含まれる漢字でも間違いが一定しません。
たとえば“哥”のように、“可”が2回続く“歌”という漢字の場合、
一個目の“可”の筆順が正しいのに対し、なぜか2個目は筆順を間違えるのです。

我ながら不可解な傾向ではありますが正しいわけではないので、
恥じて人知れず学び直すのが大人の姿勢というものでしょうか。

長いこと間違っている時点で立派な大人とは云い難いですが。
  1. 2013/02/14(木) 19:26:14|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

メリハリ

仕事帰りの妹から電話があったので買い物に付き合いました。
外で待っていた私の前に現れるなり、自転車を止めて「来たわよ」みたいな顔。

「寒いから早く行け、あと親指立てんな」
「フフフフフ」

その買い物のついでに食材も買って帰りました。
私は2週間に一度くらいの割合で、急に肉をドカ食いしたくなります。
たまたま牛肉が安かったので、少し野菜を足しただけで肉ばかり。

「そんなに食べれるの? 肉しかない」
「なんか今日は肉の気分なんだよ」
「あ、でもこれは美味しそう」

妹も少し前までは「うへぇ」という顔をしていましたが、
仕事で嫌なことが続いていた時期があったようで、
私がそれを見かねた先月のこと───

「たまには男みたいに食え、結構ストレス解消になるんだぞ」
「えー……」
「ガツガツ食うだけだ、アホの野人みたいに」
「……たしかに美味しい」

───というようなことがあって以降、
私が食べているのを見るとスイッチが入るらしく、
もともと神経質で食の細い妹も、まぁまぁ食べるようになりました。

太るまで食えとは云いませんが、たまにはいいじゃない。
  1. 2013/02/13(水) 23:42:18|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

はにわ愛好家

話題がないのでゲームの話。

今月始めの日記で「とびだせ どうぶつの森」の"カブ"について書きましたが、
一昨日(日曜)のカブリバからは7100カブを購入しました。
友人の村にて単価91ベルと安かったためです(「ベル」は通貨単位)。

さて月曜日から推移を見守っていると、一度だけ117を指したのみ。
水曜か木曜に上昇するかとの読みでしたが、友人からメールがありました。

「468だぜ、やっほー」

原価は91ですから、377の値上がりです。
購入したカブを全売りすれば、しめて200万ほどの利益。
アイテム欄を圧迫していたカブからは意外と早く解放されました。

実はこの日、新たに3人目のキャラクタを作っていました。
2人目が買い物に制限のある人物であるのに対し、3人目は制限なし。
ただし特定の家具で埋め尽くすことになる設定です。
題して「はにわコレクター」。

このゲームでは雨や雪の翌日に「はにわ(埴輪)」を掘り出すことが出来ます。
種類はランダムで3個と決まっており、その数100種類を超えるため、
すべて揃えること自体から大変なのですが、それぞれ個性的で面白い。

これまでは埴輪を家族に見立てて置いていましたが、
いかんせん数が多く、これまたアイテム欄を圧迫しているのと
重複したものは売却するくらいが関の山でした。

そして「一つの部屋に置ける家具は48アイテムまで」という仕様があり、
部屋は1階で4部屋、2階と地下で1部屋ずつの全6室なので、
1キャラクタにつき288アイテムしか置けません。

その半分くらいの空間で、はにわを管理するのが3人目。
せっかくだから女性キャラクタにして買い物の幅を広げました。
男主人公だけでは華やかさがなくて退屈です。

・全てのはにわを集めること。
・シリーズを別の部屋に分離させないこと。
・重複したものは村長か2人目に譲ること。
・生活に必要な家具も用意すること(キッチン、風呂、トイレ等)。

よし、日記のネタになった。
  1. 2013/02/12(火) 22:33:56|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

精神の冬

ここ最近は忙しくて畑へ出られずにいます。
母は自分ひとりでも大丈夫だと云っていますが、問題なのは私です。
畑に居ると発散できるものが、仕事浸けの毎日では折り重なるばかり。

「土いじりをしているとストレス解消になる」とは、
畑仕事をしたりガーデニングを趣味とする人に多い言葉です。
単純に、まだ私が今の仕事に収まり切っていないだけかも知れませんが、
もうじき寒さも落ち着くでしょうから、少し時間を作ってでも外に出たい。

もぎたてのトマトが食べたいなぁ。
あと今年こそ大きなスイカを作りたい。
  1. 2013/02/11(月) 23:59:59|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

滑らない話

今日は昨日の座布団を車に持ち込みました。
そのまま敷くと乗降で座席から落ちるため、滑り止め用のシートを挟みます。

長いこと「いちいち座布団を戻すのが面倒だ」と感じていましたが、
どうして今までこんな簡単な対策に気付かなかったのか。
仕事用の椅子では使っている方法なのに。
坊主頭がシャツを着づらいのと同じ原理なのに。

昨日の疲れが出たのか、眠気が厄介なので早く休むことにします。
目覚めるのは深夜3時くらいでしょうから、それから仕事です。

またこうやって睡眠パターンがずれて行く……。
  1. 2013/02/10(日) 21:13:18|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「イエス、マダム」

今日は妹と友人の三人で買い物でした。
妹が自家用車の座布団と芳香剤が欲しいというので、友人は付き添い。

自家用車は私の名義ではありますが、私の用事で使うことは少なく、
かと云って車内に置くものが男くさいのでは母や妹が気の毒です。
ぬいぐるみだらけも困るけど、皆が乗る車だから。

そんなわけで良さそうな座布団を探しに出掛けると、
2件目の品揃えが気に入らなかったので3件目を探すことに。
妹にカーナビを操作してもらいます。

「ここから一番近いところは……」
「4.6km?」
「K市か……」

次の候補は二つの市をまたぎ、一度も行ったことのない場所です。
果たして到着した店内には、予算に見合わない品ばかりでした。
とっぷり日が暮れて辺りは真っ暗です。

「な? こうやっていつも妹の苛めに耐えてるんだぜ……」
「お嬢様と二人の召使いだな、俺と七片で二人」
「苛めじゃないー!」

ノリのいい友人で助かります。
結局、再び地元に戻ることで買い物が終了しました。

芳香剤は高そうな石鹸みたいな香りでございます。
  1. 2013/02/09(土) 23:59:59|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

七片 藍

Author:七片 藍
フリーイラストレーター

当ブログについて
:本家[ether]
:mixi[499935]

カレンダー

01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

カテゴリ

絵:執筆情報 (63)
ソーシャルゲーム系 (28)
TCG系 (14)
書籍系 (17)
絵:個人作品 (14)
トップ等 (10)
聖域 (1)
悪魔 (1)
神威 (1)
ほか (1)
日常 (3426)
創作 (85)
DIY (100)
菜園 (589)
疑問 (3)
ゲーム (27)
スポーツ (2)
探しもの (6)
生物 (49)
未分類 (2)
修理 (8)

検索フォーム

最新コメント

月別アーカイブ

QRコード

QR