第27緑化地区

フリーイラストレーター七片藍のブログ/第27緑化地区

バランス

そろそろ年越しも近づき、忘年会の話もちらほら聞きます。

自分には関係のない話となってから10年も経ちますが、
若い人は酒の席が苦手な人も多いようです(私も)。
妹が疲れた顔で帰って来そう。

会社の親睦会がないと、よほど旅行好きだとか宴会好きな人間でもない限り、
自宅での仕事は外出の機会が激減して「〇△へ行った」という発言も減ります。

なにしろ出勤/退社がないから景色も変わりません。
「ここ数ヶ月(あるいは半年以上)は市内しか移動していない」なんてことも。
用がなければ外出する必要もないわけで、それ自体は悪いことではありませんが、
テレビに出て来た観光地でもない他所の町並みに見入ったり。

断食すると重湯ですら感動の味になったりするそうで、
今の私の感覚は、それに近いものがあるのでしょうか。

「朝から夕方まで、ただ電車に乗って揺られるだけ」

───数年前から、これをやりたいと思って実行しないままです。
学生時代、車窓に流れる景色をボーっと眺めた日々が懐かしい。
「行動する場所が変わること」は意外と重要なのかも知れません。

先日の「家がもたらす安心」とは対極にあるような感じです。
  1. 2012/12/21(金) 20:14:47|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

長短

3日前、よせばいいのに頭を刈っています。
白髪の見苦しさから自分で坊主頭にするのも慣れましたが、
次第に「そろそろ切るか」と思える髪の長さが短くなっているような。

坊主頭が与える印象は色々でしょうが、それを云うなら長髪が与える印象もあり、
つまるところ「もういいよ面倒くさい」という感覚で坊主になる人もいるはず。

これは個人差のある話かも知れませんが、
坊主頭になると、自分の中にある執着の幾つかが消えるように思います。
心の中で煩わしさを生み出すものが、ごっそり切り落とされる感じ。

似たようなものには、私物を減らすとか携帯電話を解約するとか、
定期購入していたものを止めるとか、そういったものでしょうか。

ある海外番組で、こんなことを云っていました。

「ある発明によって便利になると、時間的な余裕が出来る。
 反面、そこに別の用が入り込んで新たな忙しさが加わる。
 成功した発明とは、その意味において失敗作である」

───とすると、私は坊主頭を続けることで何かに失敗しているはず。

・より怖がられる
・よりモテない
・より顔がジャガイモに近づく

ここまでは「以前と同じ」で片付きそう。

・ハゲと云われる
・反省中だと思われる
・冬は毛糸の帽子が必要になる

・何かに頭をぶつけた時に痛みが増す
・シャツを着づらい(頭が引っかかる)
・頭にタオルをかけた状態で後ろから勢いよく引っ張られると派手に転ぶ
 (↑これは大怪我に繋がるので坊主頭を見かけても真似しないでください)

もういいよ面倒くさい。
  1. 2012/12/20(木) 21:00:29|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

わがや

昨夜は実家で仮眠しようとしたところ寝入ってしまい、
目覚めると数時間が経ち日付も変わり、起きていたのは母だけ。
幸い、実家へ行く前に日記を書き終えていました。

「こっちでこんなに長いこと寝るのは久し振りだ」
「そうねぇ、あんた大体が1・2時間で起きちゃうし」

私が家を出てからというもの、実家での寝泊まりは数えるほどです。
一度目は交通事故で病院に搬送された帰り、自宅に戻るのが億劫で一泊。
二度目は多分、父の見舞いが連続して疲れた時に一泊。

仮眠くらいなら時々ありますが、この十数年でたったの2回。

私生活が自宅である以上、ゆったり眠れるのは自分のベッドだけかと思いきや、
この仕事を始めて以来、自宅は「仕事と生活を分けるもの」でなくなりました。
どこかでストレスを感じているのでしょうか。

3年前、実家の引っ越しで日増しに家の中から家具が姿を消し、
あとは小物が残るだけとなった頃、父と妹が新居で寝泊まりする中、
母が一人で夜遅くまで荷造りをしていた時がありました。

居間の一つだけとなった電灯の下で荷物に囲まれ、
薄暗い部屋の真ん中でぽつんとゴミをまとめている母が、
何か消え入りそうに見えて不安になったのを憶えています。

あれから古い実家が跡形もなく取り壊されて新居だけとなり、
私の中の"安心"が見た目を変えて3年も経ちました。

そうすると心が慣れて「他人の家みたいな感覚」が徐々に薄れ、
ガーガーといびきをかいて眠るのも当たり前になります。
あの時にはあった不安もどこへやら。

時々、家のもたらす安心感って何だろうなと思います。
人間の持つ複雑な感情で安らぎに関するものがあるとすると、
それはとても脆くて頼りないものなのかも知れません。

こんな散らかった自室で安心しているのも問題ですが。
  1. 2012/12/19(水) 19:37:27|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

執筆まとめ

年内納期の仕事は年明け前に完了できそうですが、
年明けからはモタモタしていると大変なことになりそうです。
三箇日までは休みたかったけど、そうも云ってられない感じ。

いくつか仕事作品を公開できる数になったら───と考えていたら、
すっかりこのブログで執筆情報を書き忘れていたので、以下に現状を記します。

現在進行形で担当している仕事でもリリース状況はそれぞれ異なりますので、
告知可能かつサービスが継続中で、一つでも作品が公開されたものを挙げ、
まだ公開前のものやサービスが終了したものは除きます。

ゼクス[Z/X]
モンスターコレクション<竜神殿の巫女>
ガーディアン・クルス
Monster×Dragon
天空のクリスタリア
LEGEND OF MONSTERS

上記に限らず担当した作品は殆ど掲載許可を得ていますが、
サイトでの掲載ができないものや、リリース待ちもあります。
前者はリリース状況が(ゲームをやらないと)確認できないため、
それについては個別にサイトで掲載しないので御了承ください。

最近は色々なところから依頼があり、それぞれの担当作品は1~2点が多いです。
こうして見ると、やはり人間一人で消化できる物量を痛感します。

昨日の日記みたいに辛気臭くなってはいけませんね。
  1. 2012/12/18(火) 19:19:13|
  2. 絵:執筆情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

経ると減るもの

また雨です。
昨夜は妙に寝苦しく、早く休むつもりが朝まで仕事になりました。

気候変化の予兆を、古傷が痛むなどで感じ取れる年齢になったかと思うと、
こうして眠れなくなるという形で分かるのは、便利なのか不便なのか。
よく父に翌日の天気を尋ねたりしました(予報より当たるから)。

それはそうと前回の献血結果を見ていたら、
じわじわと数値が増えつつある項目に気付きます。
最も古い記録は10年前で、最新は今年の2月のものでした。

10年前と云えば私が退職した年。
その次の記録は2年後。
その次が1年後。
そして今年。

3度目から今年までに7年くらいの空白があり、
数値は実に2倍となっていたものの、概ね正常範囲内です。
しかしこうした数値だけでも、この先は大きな意味を持つのでしょう。

子供の頃から見てきた、親や年配者にある"子供には分からない苦痛"。
それらを「こういうことだったのか」と自身が体感するにつけ、
長く生き続けることの難しさを思い知らされます。
子育てが含まれるなら、それは尚更。

「独身は気楽」と云われても仕方がないかな、と思ったりしました。
  1. 2012/12/17(月) 19:59:17|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

身近な個人差

昨夜は妹と食事に行きました。
先日は弟、その前は母とだったので順番です。

たまたま弟と同じお店でカレーを食べることになったのですが、
その日、弟はこんなことを聞きました。

「あ、兄貴はそうやって食べるんだ?」
「?」
「それ」

何かというと、お皿の向きです。
私は"ルー"が手前でライスが奥になっていました。
かたや弟は左右になっていて、自分で向きを変えている様子。

「気にしたことないなぁ、店員さんが置いたままで食ってるだけだぞ」
「俺は、なんかしっくり来ないから変えちゃうんだよ」
「ふぅん」

そのことを妹に話すと、私と同じで気にしない様子。
長いこと家族をやっていても知らないことがあります。
弟妹も私について知らないことはありそう。

なんでも一口で食べようとして、よく口の中を怪我することとか。
  1. 2012/12/16(日) 21:46:38|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

人づてに

コンビニで出会うと大抵が会話になってしまう店員さんが居ます。
年齢は十年くらい離れていますが、いつもニコニコして明るい男性です。

そうして話したことのある店員さんが、この十数年で何人か居ました。
アルバイトから社員に登用された人だったり、所帯を抱える父親だったり、
夢があって下積み中の人、店長にまでなってしまった人も居ます。

昨夜に話した店員さんも、もともと私の地元で働いていましたが、
現在は市外のコンビニで働いておりヘルプで来ていたようです。
そこでふと思い出したことがあったので話題にしました。

「前に、楽器をやってて髪の長い子が居たでしょ?」
「えーと……背の高い……?」
「そうそう、たしか楽器はキーボード担当で……今どうしてるかなぁ」

数年前、深夜シフトのアルバイト店員さんに長髪の男性が居ました。
ある日のこと、私が火災保険の支払でお釣の受け取りを忘れた時、
わざわざそれを自宅まで届けに来てくれたことがあります。

私の名前は払込用紙で分かっていたし、
自宅が近所であることは、それまでの会話で知っていたためです。
記録によれば2007年10/23早朝の出来事でした。

そのことを話すと意外な返答が得られます。

「今はK店の店長さんですよ」
「そうなの?!」
「伝えておきますね!」

K店の"K"とは市外の駅名です。
先日、弟の車で通りかかり「こんな駅があるのか」と話しました。

元気そうで何よりです。
  1. 2012/12/15(土) 23:59:59|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

冬の温室

ここのところ色々と面倒な用事があったりしたせいか、
仮眠のつもりでベッドに入ったら、そのまま6時間も眠っていました。
そして次第に寒さへの抵抗力が落ちているような。

思えば、こうした天候の気まぐれを他人事のように眺め、
昼も夜もなく、暑さ寒さとも無縁な仕事となって足掛け8年です。
屋内での作業が主体とは云え、つくづく自分は恵まれていると思います。

好きな音楽を聴きながら飲食も挟み、椅子に座って自由に休憩を取れど、
きちんと仕事を消化してさえいれば誰も私をとがめない。

代わりに失うものもありますが、本当にこれで良いのだろうかと、
いずれ大きな罰を受けるような気がしてなりません。
あるいは「いい夢」を見ているのかともさえ。

人生の途中で大きく方向転換してしまうと、
こういう感覚的なズレは仕方がないのでしょうか。
方々へ走り去る運送車や、黙々と作業をこなす制服を見かけると、
むしろ自分がその中に居ない方が不自然で、心だけが十年前に戻ります。

冬になると雑念が多くなっていけませんね。
  1. 2012/12/14(金) 22:03:31|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

年に一度の清書でも

年を越さないと12月分のデータは作れませんが、
ひとまず先月分までの経費などを洗い出してみました。

なにしろ自分の計算が信用ならないので予防線が要ります。
雑費のように細かい数字が続く場合は月毎に分けて小計を出し、
すべてが揃ったら改めて合計を出すと云ったように。

然るべき事務処理ソフトを使えば便利なのでしょうが、
新たにソフトを買うのも使い方を憶えるのも億劫です。
そんなわけでサイト作成用ソフトで作ってしまいます(つまりHTML)。

また申告用書類の中に「収支内訳書」があり、練習用を含めて2枚もらえますが、
昨年から、この収支内訳書をパソコンで表データとして作成することにしました。
見た目が変わると間違いの元なので、そっくりに作ります。

パソコンで表を作成する。
それを元に控えで検算しつつ書き込む。
さらに控えを見ながら検算しつつ清書する。

───ここまでやって、ようやく一枚の書類が完成です。
人間って自分を信用できないと際限なく慎重になるものですね。
もう申告用紙の練習用データも作ってしまおうかな。

ふと思って最も古いデータを見てみたら、2006年度分がありました。
これ以前は紙面上で悪戦苦闘していたようです。

古いデータは非常に見づらく、経費として扱われるものを算入していなかったり、
逆に必要のない数字まで計算されていました(当然ながら除外されます)。
毎年これを繰り返したことで現在があるわけですね。

こうした作業が得意な人は、読み上げただけで全容が理解できたりするようですが、
私もあと10年くらいやれば、記入違いのない美しい申告用紙を作ることが───

───できる気がしない。
  1. 2012/12/13(木) 20:06:59|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

師走といへる地獄目の前

この時期になると、仕事関係でのお休み状況が重要になってきます。
予め納期が決まっている以上、仕事ができる状態であれば休みはありませんが、
先方がそうであるとは限らないので、年明け前に消化しておくことも多いのです。

さて、ここしばらく先方へのメールが届かない不具合が発生していました。
詳しい原因は分かっていませんが、メールサーバの仕様によるものらしく、
そのため先方と10日間も連絡が取れず作業を一時停止する羽目に。
とっくに〆切を過ぎています。

これが私のミスであれば大問題で、そうではないと分かったものの、
そうしている間にも日程はずれるので少し余裕がなくなりました。
せっかく仕事量を調整して、この年末は骨休めしたいと思っていたのに。

まぁいいか。
貧乏ヒマなし……働け働け七片藍。
  1. 2012/12/12(水) 18:01:44|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

七片 藍

Author:七片 藍
フリーイラストレーター

当ブログについて
:本家[ether]
:mixi[499935]

カレンダー

11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

絵:執筆情報 (63)
ソーシャルゲーム系 (28)
TCG系 (14)
書籍系 (17)
絵:個人作品 (14)
トップ等 (10)
聖域 (1)
悪魔 (1)
神威 (1)
ほか (1)
日常 (3335)
創作 (85)
DIY (94)
菜園 (581)
疑問 (3)
ゲーム (27)
スポーツ (2)
探しもの (6)
生物 (49)
未分類 (2)
修理 (8)

検索フォーム

最新コメント

月別アーカイブ

QRコード

QR