台風一過

手近の仕事が完了しました(と思いたいです)。
次を始めとして11月末まで仕事が入っています。
早め早めの着手を心だけたいです。

(関係ありませんが、上の「心がけたいです」を少し打ち間違えたらしく、
 「心影隊です」などという怪しい戦隊みたいな名前に変換されました)

台風は意外とあっさり通り過ぎました。
夜勤の弟は大雨でバイクでの退社が出来なかったため、
私が迎えに行ったことで、また02時に送らねばなりません。

あと3時間か。

七難耐える

数日前に自販機でコーヒーを買おうとしたところ、
何度やっても硬貨が計算されず、数回目でその原因が分かりました。
50円玉が変形していて途中で詰まっていたらしいです。

硬貨を見てみると、路面に叩きつけたような凹みだらけ。
車が幾度も踏み潰していったか、工業機械にでも巻き込まれたのか。

奇妙にその50円玉を使う気にならず財布に戻したのですが、
昨夜コンビニで買い物をした時、ちょうど50円が必要になりました。
ほかにもう一枚あったので、そっちを使うことに。

清算中、ふと気になって50円玉の製造年度を見てみます。
私と同じくらいの「年齢」でした。

なんとなく、お札入れに移動させました。

財布の暑気払い

仕事に一区切りをつけ母の買い物に付き合い、
購入した肥料を畑に降ろすため、脇にある用水路のそばに駐車しました。

いつもは助手席がわを用水路にそって停めるのですが、
今日は私が遠回りしてしまったため、逆方向から駐車しています。

しかし、それがいけませんでした。
持っていた財布を、開け放った運転席ドアに投げ入れたら───

「あー!」

ぼんっとシートで跳ねた財布は車外の水路へ。
幸いすぐに回収できましたが、中身は何もかも濡れました。

「……」
「それ、陰干しじゃないと傷むわよ」

お札もフニャフニャです。

無理の利く歳

無理を押して仕事を進めたのは良いけれど、反動で頭がボーっとします。

夕方以降の屋外は、野宿を決行したくなるほど快適な気温になりましたが、
同時に風邪を引きやすくもあり、ここで体調不良を加速させるのはまずいです。

お昼前、近所のママさんに会いました。
私とあまり歳が離れておらず、この夏に第二子の長女を出産しており、
育児に奔走する毎日を、たまに実家の近くで見かけたりします。

私の仕事を知っているので、今日は視力の話題になりました。
お互い眼鏡を掛けているからです。

「仕事で視力が下がったりしない?」
「するよ、前よりも確実に悪くなった」
「ある程度より下がっちゃうと、眼科でも視力を教えてくれないよね~」

「どうだったかなぁ……0.1を切ってるの?」
「切ってる切ってる」
「じゃあ僕より視力が低いね、大変だ」

眼科で(必ず)視力を伝えるかどうかは分かりませんが、
互いに若さが武器になる時期をゆっくりと離れる中、
2人の子供を抱えての生活は、私よりハードであるように思えます。

子供が居れば、風邪を始めとして病気の心配は掛け算です。
少なくとも私は自分の心配だけなので、まだまだ気楽ですね。

今日は一旦眠ったほうがいいかな……。

ドラ〇もんじゃなくてもいいから

夕方以降は、細身の妹が寒がる程度には気温が下がり、
平気な顔をしているのは私と母だけですが、今日は少し暑かったです。

連日の仕事尽くしに気をとられていたせいか、失敗してしまいました。

私の仕事は、一つの依頼を納品した時点で先方に請求書を郵送し、
その受理および報酬の支払いを受けて完了をみるわけですが、
先方に郵送する書類の一つが見当たらないのです。

こうした書類は仕事によって異なり、発注から請求まで書面が存在するものや、
過去に基本書類を提出してあれば、請求書すら必要がないこともあります。

───ところが部屋をひっくり返す勢いで探し回っても見つからない。

依頼が増えると同様の書類も増え、より管理を徹底しないと混乱のもとです。
会社、企画、担当物の名称を、それぞれセットで記憶なり記録しておかないと、
どの書類がどの仕事のものなのか間違いやすくなります。

この仕事に限らず、月末にかけては色々と大変です。
会社の中では月内の処理でないと不都合が生じたり、
私にとっては収入が順延する場合もあって、いいことがありません。

書類を受け取ったかどうかすらの記憶も曖昧でしたが、
いくら探しても発見できないため、先方に平謝りして指示を仰ぎました。
仕事を管理してくれる事務員ロボットさんが欲しいです。

<<こちらが郵送していない可能性もございます>>

ふはっ───と、肩の力が抜けました。
先方のお気遣いとは思いますが、一目で分かるよう管理しなくては。

年末くらいは休めるかな……。

「探さないでください」

仕事の一つが完了してホッとしています。
月末にかけて更にひと仕事です。

昨日は友人の誕生日だったのでメールしました。

既に祝われても苦笑いするしかない年齢ではありますが、
私は早生まれなので、彼のほうが早く歳をとります。
早生まれの良いところなんてその程度です。

今日になって返信がありました。

>>誕生日なんて忘れてた。
>>ちょっと現実逃避させてくれ。

いいけど帰ってきてね。

秘薬

私の母方の実家は茶園を営んでいて、今は従弟が三代目を継いでおります。
お茶の味わいが分かり始めて10年と経っていない私でも、
飲むなら祖母のお茶が良いと思っているほどです。

昨夜は夕食後にお茶を飲みました。
仕事が忙しくて眠るわけにも行かず、かと云って一応の〆切は本日。

「ちょっと濃い目のがほしい」
「はいはい」

この時点で私はかなり眠いです。

母が淹れてくれたお茶は決して濃いとは云えませんでしたが、
ほっと一息ついて、さてこの後をどうするかと考えました。
このまま起きて仕事をするか一度眠って仕事を再開するか。

私は後者のつもりでたが、お茶を飲んでしまったし、しばらく眠れないはず。
そう思ってズルズルと仕事をしながら起きて、しまったと思いました。
湯のみ一杯でも、祖母のお茶は本気で眠れなくなるのです。

00時……毎日この段階では起きてるし、問題ない。
01時……一度眠ってからのほうが仕事がはかどりそうだけど。
02時……調子が出てきたから少し続けよう。

03時……寝るなら今にしないと問題が出るぞ。
04時……まずい、このまま起きて仕事をしてたほうがいいかな。
05時……それにしても全然眠くならないなんて。

06時……夜が明けちゃったじゃないか!

コーヒーより効き目が強いと改めて思い知らされました。
何度も使う気にはなりませんが、奥の手としては良さそうです。

眠ったら負け

脳の疲労を上手く表現できないかと考えたら、
ひたすら階段を上り続けて足をツってしまった状態が思い浮かびました。
身体も脳も、使い過ぎると簡単なことすら処理できない点で共通しています。

3日くらい眠っていたいです。

コロニー

眠っても疲れがとれません。
塩漬けされたように脳の水分が足りない感じです。
絵を描くことは脳を酷使する作業だと、改めて思いました。

私には荷が重いわけですよね(←美術以外の成績が悲惨だった人)。

-*-*-*-
昨夜、母と妹を連れて夕食の買い出しに行こうとしたところ、
車に乗り込むなり数匹の羽虫が飛び交いました。

「蚊がいっぱいよ、窓を開けなきゃ」
「こいつらどこから入ってきたんだ」
「蛾みたいだけど……」

それぞれ所感を述べるものの、窓を開けたまま駐車したわけでもなく、
さりとて乗車と同時に虫が押し寄せるとも思えません。

……蛾だって?

「あの、母さん、後ろどうなってる?」
「後ろ───……あぁ、なんかそうみたい、ワラワラと……」
「え、なに? なに?」

妹はサッパリ分からない様子でしたが、発生源は思った通りでした。

「後ろに糠(ぬか)を積んであるんだ、そこで湧いたみたいだな」
「ギャアアアアアアアアアアアア!」

代表的なものに「ノシメマダラメイガ」が居るそうです。
買い物を終えた帰りしな、畑に寄って袋を降ろしました。

もう慣れっこです。

エアコンでも冷えない

郵送で契約書の取り交わしをするほかは、
9割9分がメールを介して進行するのが私の仕事の環境です。

このメールが地味に短縮の利かない作業の一つで、
たとえば何らかの交渉をするために8時間も悩んで書いたり、
複数の仕事が並行すると、何がどこまで進行しているのか分からなくなります。

人間は大半の行動を記憶によって「開始/途中/完了」などと認識するので、
同じ性質の作業が並行すると、記憶に頼っていた部分で混乱し始めるのです。

これを避けるためメモや日程表などを駆使して管理していますが、
「~についてメールを書いたか」はメールを確認するまで分かりません。
この「確認するまで分からない」のが厄介になります。

メールで誰かと何らかの約束をした時───

・会社Bが仕事を依頼してきた。
・作業中の会社Aが仕事を追加してきたが断れない。
・会社Aの仕事を消化するには、会社Bと納期の交渉が必要。

───対象が2件までなら確認するメールログも少なくて済みますが、
これが5~6件になると、確認する対象は比例して増えるわけです。

さすがに自分の一挙一動を記録することは難しいので、
そうするとやはり記憶に頼ることとなり、そうすると確認が……。

自分をパソコンに置き換えた時のスペックが知りたいです。
でも知ったら絶望して泣きたくなりそう。

脳みそを取り外して冷蔵庫に入れたい……。
プロフィール

七片 藍

Author:七片 藍
フリーイラストレーター

当ブログについて
:本家[ether]
:mixi[499935]

カレンダー
08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
QRコード
QR