第27緑化地区

フリーイラストレーター七片藍のブログ/第27緑化地区

心の雪解け

起床後、怪我を忘れていた母はそのまま足をついてしまい、
その時に少しだけ出血したようですが、概ね無事のようです。
それはともかく、最近の母は気が緩んでいると思しき行動が増えたような。

「もう幼児退行とかやめてよ」
「だ~って、役員を降りてから余裕が出来ちゃって~」
「心の風通しが良くなったのかもね」

しかし妹は辛口でした。

「お母さん、最近やりっぱなしが多いよ」
「そう?」
「仕事場の蛍光灯は点けっぱなし、テレビもエアコンも、これ全部じゃん!」
「あっはっは」

それだけ役員の仕事に振り回されていたと考えるべきでしょうか。
周囲100世帯くらいが対象となる仕事だっただけに、
解放された時の反動も大きいようです。

子育てを終えて「さらにその後」はのんびりしたいもので、
だからと云って余裕だらけでは認知症になったりするとも聞きます。
どうなっても面倒は見ますが、そうなるまではしっかりして欲しい。

「あぁ~、ちょっと足を揉んでちょうだい、ちょっとだけ」
「机に足を上げないの!」
「うぅ~ん……」

───単に甘えているだけのような気も。
  1. 2012/09/20(木) 23:33:38|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日常の凶器

実家で洗い物をしていた母が足に怪我をしました。
ガラスの花瓶を割った時に破片を片付けそびれたようです。
幅2cmほど切ってしまい、あっと云う間に血だらけでした。

タオルで強く押さえる→氷で止血。
すぐに手当てをしたので、なんとか大丈夫。
洗い物は代わりに私が片付けてきました。

明日もう一度、足元に欠片が残っていないか調べます。
  1. 2012/09/19(水) 23:59:59|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋霖

コーヒーを飲むタイミングも気をつけないといけません。
「仕事が予定の段階に達するまで眠らない」というつもりで飲んだら、
案に相違して早く終わり、脱力に任せて眠っても3時間ほどで目覚めます。

そしてまた雨です。
大昔と現代とでは気候的に異なる部分もありそうですが、
秋の長雨という言葉通りではあるので、なんとなく安心します。

こういう時に、のんびりぐっすり眠りたいものです。
そう、洗濯物のことなんか忘れて……。

洗えもしなけりゃ干せもしません。
  1. 2012/09/18(火) 19:15:42|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

静かに夏を終えたい

またしても世間が3連休だったことに気付きませんでした。

多分こうした感覚は、私にとって曜日の概念が薄くなっていること以外に、
会社員だった頃、ほとんど祝祭日が出勤だったからだと思います。
週休二日のほかには無関心だったのでしょうね。

今日は風が強く、雲で塞がった空のせいで大して暑くはありませんが、
暗くなってから雨が降り始め湿度が上がっております。
実家で「ヤツ」が出ました。

そうすると私の部屋でも……もうイヤ。
  1. 2012/09/17(月) 22:45:18|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

1日30分部屋の片付け

ここ数日で雨が降ったりしたせいか、昨夜4時ごろの星は綺麗でしたが、
私が見て分かるのはオリオン座と北斗七星くらいが関の山でした。

今日は祖母への荷物を発送する時以外は部屋で仕事です。
5月から休みらしい休みがないまま来ているので、
ここらで1週間くらい仕事以外の用事に時間を割きたいのですが、
そう思っている間にも仕事が来ていて、しばらく今の状態が続きそうです。

思ったよりも作業がモタついているので眠気が敵になっています。
よし、コーヒーは飲んだ。
  1. 2012/09/16(日) 19:51:13|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

でも空腹と睡魔には勝てない

部屋から出ず、仕事をするか調べものをするか休憩するかの三択でした。
これまで何度か「過去になく忙しい」と書いて来ましたが、
それは消化量が上がってると考えるべきでしょうか。

誰かを雇わない限りは一人で全てを管理するのが自営業。
とは云え一人で消化できる作業に限界があるのは考えるまでもなく、
そうすると、仕事の種類や物量にきっちり目線を入れないと続けられません。
お金を稼ぐ理由は人それぞれですが、それを続けるための努力も必要です。

仕事には、苦労や負担、不条理や不安定といった裏面がつきものです。
自分の趣味や特技を職業にすると、好きで続けていることに裏面が付きます。

趣味と実益を切り離して考える人もいれば、その逆もまたしかりですが、
しばしばこうした葛藤の末に改善されるのも事実です。
そして今日も少しだけ前進しました。

できるだけ自分を追い込まないとダメらしいです。
  1. 2012/09/15(土) 20:50:04|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

~まみれ

実家の駐車場が変わってから、気軽さと便利さにまずまず満足していたのですが、
山に隣接しているためなのかフロントガラス一面に何か付着しています。
霧吹きをかけたような細かい水滴の跡です。

この暑さに蒸発するような様子もなく、くっきりと残っています。
触ってみると僅かにべたつきがあり、こぼしたジュースが乾いた跡のような感じ。
隣に駐車している車においても同様であるため、イタズラではなそさう。
ウォッシャーで洗い流せますがワイパーが届かないところはそのまま。

山の様子は季節ごとに変わるものの、この駐車場を利用し始めたのは今年から。
この夏に始まって冬で止むとすれば、頭上の木の枝から樹液が滴り落ちたとか、
あるいは───

「お母さんのところに行くの?」
「うん、僕は車を少し洗ってから行くつもり」

───昨日、見舞いに行く前に近所のお婆さんと話しました。
その際、この水滴についての話題になったのです。

「あれってセミの小便とかじゃないよね……」
「セミ?」
「だってセミは樹液を吸うでしょ、そんで飛ぶ時とかに……」

おりしも山ではセミの大合唱。
排泄時の水分は「ただの水」とは考えにくいです。
未消化の樹液成分が残っていても不思議はないはず。

「あぁ~そうかも知れないねぇ、セミがスズメのウンチを落とすんだねぇ」
「セミからスズメのウンコは出ないよ! セミはセミ、スズメはスズメ!」
「え? あははは、間違えた!」

そんな笑い話で会話を終えたものの、これは以前から思っていたことです。
自分で話しておきながら日増しに本気で疑うようになりました。
走行中の粉塵が水滴の跡にまとわりついて黒くなっています。
洗ったら溶けてなくなりましたが……。

まさかね……。
  1. 2012/09/14(金) 19:39:48|
  2. 生物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「ブラックコーヒーを用意しといて!」

幼馴染がある手術を受けるので見舞いに行きました。
相変わらずの反応で、前日からの絶飲食に不満たらたらの様子。
娘さんには、術後あれこれ飲みたい食いたいと用意を頼んでいました。

ここ数年、知り合いの誰かが入院したり身体をこわしたりと、
あまり良い話を聞かない中での手術なだけに心配でしたが、
表面上あっけらかんとしている本人を前にして固い顔もできません。

私が手術を受けたことがあるのは2回で、いずれも軽度な外科手術でした。
従って全身麻酔の経験がなく、それもあって心配だったのです。

麻酔から覚めた時には手術が済んでいるわけですから、
その状態で自由に飲み食いもないでしょうし、
まだ彼女の不満は解消されそうにありません。

───と、食欲の話題でまとめたほうが前向きなのでしょう。
昔から「かなわない」という意味で苦手なヤツだったから、
変に弱いところを見せられると私も調子が狂います。

予後が良好でありますように。
  1. 2012/09/13(木) 17:35:36|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

だるまさんが転んだ

畑を見回りに行くと、母が午前中に色々と作業した後だったようです。
新たに白菜の苗、ジャガイモ、ネギが植えてありました。

自分の生活や仕事に並行して変化するものは多々ありますが、
その一例として私は畑の野菜を挙げたいです。

数週間から数ヶ月で育ってしまうので毎日に何かしらの変化があり、
自分がのんびり過ごした一日にも野菜は成長し結実します。
しおれた葉っぱが水を得て背筋を伸ばすのは意外に早く、
静穏にして不動に非ずという感じ。

畑をやっていると、そうそう一分一秒に変化がないのは当然です。
それでも自分が何か作業して、その後に訪れてみると何かが変わっている。
花が開ききったり、虚空に手探りしていたツルが支柱を掴んでいたり。

日本人は食べるときに「いただきます」と云いますが、
ようやく実ったものを収穫すると、その理由が分かるような気がします。
土を耕したり水を撒いたり、肥料を添加したりと様々な手入れをするものの、
やはり食物として形を成すまでは、植物の生命力に依存するところが大きいのです。

そうして上澄みの部分だけをさらって食べてしまうわけですから、
せめて感謝して無駄なく扱うくらいの敬意はあってよいと思います。

真面目に「野菜が美味しい」と感じたのも畑を始めてからでしたから、
仕事も忙しいですが、なんとか時間を作って足を運びたいです。

冬はどうしようかな、畑にとっては休耕も大事なのですが。
  1. 2012/09/12(水) 19:51:03|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

底なしの体力と根拠のない自信

昨夜は凄い雷雨でした。

けたたましい雷で夜が昼間のように明るくなり、
溢れて車道に流れこんだ下水で車が2mくらいの飛沫を上げましたが、
夜が明けると静かなもので、所々に堆積した枯葉のほかは水溜りもどこへやら。

妹は昨日、5時間くらい友達のカラオケに付き合っていたそうです。
私はカラオケなんて十年くらい行っていませんし、人生で10回にもなりません。

───と云うのは、大体がカラオケに行くのは大晦日くらいだったからです。
仲間たちと2時間ほど歌ったあと初日の出を見るために海岸を目指すツーリング。
鼻水を垂らしながら半ベソ状態で走り続け、ボロボロになって帰るのが恒例。

声はガラガラ、頭はグラグラ、足腰ガクガク、真っ赤な鼻に指は麻痺、頭も尻も痛い。
よくも新年早々にそんなことを数年も続けていたものだと、自分の若さに呆れます。
今やれと云われたら三日は寝込むことでしょう。

それにしても5時間か……。
そんな長時間を歌い続けていたら半月は普通に喋られなくなりそう。

-*-*-*-
ところで5月から数ヶ月もサイトの更新が滞っておりますが、
いくつか公開可能なものが上がってきましたので、近々修正いたします。

リリースまでに時間が掛かったり、掲載可否の返事が来ないままだったりと、
それなりに公開については交渉しているものの、思うように行きません。

ただでさえ実装段階では細かい描き込みが潰れてしまうので、
公式で公開されている色々な作家さんの画像が小さいままなのを見ると、
もうちょっと大きくしたほうが販促にもなるのではと考えるのですが……。

別にサイトで公開するのは仕事作品である必要はない?
はい、その通りです、ごめんなさい。
  1. 2012/09/11(火) 17:43:16|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

七片 藍

Author:七片 藍
フリーイラストレーター

当ブログについて
:本家[ether]
:mixi[499935]

カレンダー

08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ

絵:執筆情報 (67)
ソーシャルゲーム系 (28)
TCG系 (14)
書籍系 (18)
絵:個人作品 (14)
トップ等 (10)
聖域 (1)
悪魔 (1)
神威 (1)
ほか (1)
日常 (3598)
創作 (85)
DIY (145)
菜園 (612)
疑問 (3)
ゲーム (27)
スポーツ (2)
探しもの (6)
生物 (51)
未分類 (2)
修理 (8)

検索フォーム

最新コメント

月別アーカイブ

QRコード

QR