第27緑化地区

フリーイラストレーター七片藍のブログ/第27緑化地区

夏の畑には魔物が潜む

この盆休みは、年中無休の会社において正社員のシフトにも影響があり、
一時的に担当が変わるなどして各社員の休暇が設定されています。
本日は最終日ということで出勤者も少なめでした。

一方で本業は休み明けに納品することになっています。
工程としては予定通りなので不安はないのですが……。

困るのは畑! とにかく暑くて作業できない。
夜明けや夕方を選ぶことも出来るものの、仕事もあるのでそうも行かない。

この夏の畑は予定通りに行かないことばかりです。
トウモロコシは植えられなかったし、梅雨の雨続きでトマトが駄目になるし、
ナスとキュウリは不十分な支柱で収量が減り、そして今は雑草がひどい。

うぬぬ、ひとまず来週の火曜日は手入れをしたいなぁ。
……などと思っていると、新たな仕事の依頼がありました。

引越しの準備もあるし、どうしようか。

  1. 2019/08/17(土) 23:59:00|
  2. 菜園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゲップが出る

昼間に異常な降水量となり、景色が見づらくなるほどでした。
2階住人がベランダに段ボール箱を置いていたらしく雨でふやけ、
泥のように分解された段ボール紙が私のベランダに降り注ぎました。

……掃除するのは私か。
まぁ汚物が散乱しているわけじゃないし、大家に会ったら報告しておこう。

ところで昨年のような空梅雨とは打って変わっての多湿が続き、
私の坊主頭にカビが生えそうなほど過ごしづらいわけですが、
畑では赤くなれないトマトが数ばかり増やしています。

そして天気は性懲りもなく一週間先まで殆ど曇りか雨です。
根腐れになりはしないかと心配なのですが、出来ることは何もない。

お天道様、ご乱心が過ぎます。

  1. 2019/07/18(木) 00:00:00|
  2. 菜園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

静かなる攻防

ここしばらくの雨で畑は大盛況ですが、とうとうトマトに病気を出しました。
昨日に1本目を発見し、続いて隣にある株へ伝染しています。
後者は昨日の時点で一部が少し萎れているように見えました。

細菌感染により葉は黄変することなく萎れ、やがて枯れ死ぬ───青枯病。
「昨日まで何ともなかったのに……」というのが大抵の感想です。

数本の苗を植えると、殆どは1本の感染から始まって周囲に伝染させます。
25℃以上の気温で活発化する病原菌により、水分を媒介として根から感染し、
接触した他の根へと感染するため、早めに処分することが重要です。

母に調べてもらい、対抗策にコンパニオンプランツがありました。
コンパニオンプランツ(共栄植物)とは、虫除けや病害予防、
収量を上げたり品質向上に貢献し、混植することで効果があります。

「トマトにはネギみたいね」
「そんだけ?!」

菜園に顔を出していた古参の先輩利用者を見学したところ、
トマト自体が大きく数も多い上、株は私の身長を超える高さです。

「おぉ、おはようさん」
「凄いですね……うちは青枯病で、ネギがいいって聞いて植えるつもりです」
「俺んとこはニラを植えたよ~」

「え? ニラでもいいんですか?」
「よく分からんけど、ほら」
「たしかに株はなんともない……そうかニラもいいのか」

後に調べ直したところ、ニンニクも良いのだとか。
母も顔を出し、トマト用地にニラとネギを移植することになりました。

一方、トマトは挿し芽で新たな苗とすることが出来ます。
こうして株自体を増やすことで全体の収量を上げることも可能で、
感染で2本を処分しましたし、この日も母が増やすことになったのですが───

「思ったんだけどさ」
「なに?」
「ネギとかニラとか移植するのもいいけど、ネギの用地に挿し芽をしたら?」
「……あー! そっかー!」

───ネギ用地の通路に土を寄せて、そこで新たなトマトを栽培することにしました。
対策として期待できるか分かりませんが、合理的ではあります。

どうなるかな?

  1. 2019/07/03(水) 23:59:00|
  2. 菜園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

矯正

予報に反して雨が降らず、むしろ晴れ間が覗いていたほどなので、
ちょっと畑へ行って30分ほど作業をしてきました。

副業では、私が畑で野菜を育てていると知っている人が居ます。
退社後の帰り道で菜園の前を通った際、私の姿を見たのだとか。
母と同じくらいの人で、ささやかながらミニトマトを栽培しているとか。

「もう暑いけど、水は土の表面が乾いたらたっぷり……でいいわよね?」
「そうそう、梅雨時はともかく昼間を避ければ」
「えっ、お昼は良くないの?」
「明け方か日暮れがいいですよ、昼間は土の中が蒸れて根が傷むから」
「あぁ~、じゃあ株が一本ダメになったのって、それが原因か……」

実際には、葉や株そのものとの温度差が大きくて良くないとか、
水滴のレンズ効果で葉が焼けるとか色々あるようですが、
とりあえず昼間は避けるのが我が家のやり方です。

そんな我が家のトマトはと云うと、6月のはじめは私が忙しく、
ろくに支柱を立てずに居たため、みっともない株になりました。

トマトは脇芽が多い野菜です。
適宜これを摘んでおかないと、茎が歪んで枝ぶりもメチャクチャになり、
増えすぎた枝の先で結実して重くなり、疲労で収量が減ったり枯れたりします。

そのため最低限の対策として支柱くらいは立てたかったのですが、
もう遅いので近くに支柱を立て、麻紐で枝を吊ることにしました。
結実を見越して早めに重さを逃がしておきます。

先週にも吊っておいたので今日は第2段階。
枝も傷んでいないようだし、恐らく大丈夫ではないかな。

それにしてもトマトの葉っぱっていい匂い。

  1. 2019/06/28(金) 23:59:00|
  2. 菜園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

恵みの雨

副業の前から大雨になりそうな曇天は降らないまま3時間が過ぎ、
終わって帰ろうとすると霧雨となり、その後も似たような感じ。
天気予報は一週間先まで晴れ間なしでございます。

昨日の夜明けに水遣りを済ませたので、今日の雨に繋げることが出来ました。
母と話していて、畑を続けることの重要性を再認識しています。

現在、菜園の年間契約は一ヶ所5000円。
宅地の予定がない空き地や継ぎ手のない農家の土地等は、
放っておくと草ぼうぼうになり、枯れると放火される危険性があります。

これを避けるため除草が推奨されるわけですが、努力義務が実情だそうで、
野焼きを禁止する条例や、地主の高齢化に伴って除草も楽ではありません。
ならば、むしろ貸し出して耕作という形で管理させたほうがいい。

そんな感じで菜園として提供される例が増え、中には無償の用地もありますが、
私達の場合3ヶ所なので年間15,000円となり一ヶ月あたりは1250円。

一方、一ヶ月間で野菜に費やす金額は1250円で済みそうにない。
実際には苗や化成肥料、少し燃料なども消費するので正確ではないものの、
最も大きな利点は一家における野菜の消費量を上回る収穫量です。

一袋の種は、基本的に「欲しい量」よりも多く入っています。
野菜によっては間引くことを前提とする必要があったり、
土壌によっては発芽率が変化するためでしょう。

しかし買ったばかりの種が全く発芽しない例は少なく、
概ね7割は苗となってくれますし、育て方次第で収量も上がります。
さらにスーパーでは扱っていない野菜にも挑戦でき、そして口に出来る。

無論、気楽に維持できるものではありませんが、
私にとっては総合的に考えて「疲れる」という短所を補って余りあり、
「畑っていいな」と思える段階であることは疑いようがなくなりました。

雨脚が激しくなり、路面に無数の波紋を作っています。
これでまた生長が促されることを期待したい。

今年は空梅雨ではなさそう。

  1. 2019/06/27(木) 21:23:07|
  2. 菜園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

まだ若いんじゃよ

今年初めてのセミの鳴き声を聞いて、もうダメだと思いました。
夏の暑さがやって来る。

・4時半から9時まで副業
・帰って朝食
・車に引越しの荷物を幾つか積む
・市役所へ行って用事を済ませる

・徒歩で近くのATMへ行って振込み
・近所のスーパーで段ボール箱を貰う
・自宅に段ボール箱を運び込む
・車に積んであった荷物を実家に運び込む

・畑でジャガイモを(ほぼ全て)収穫する
・キュウリのためにネットを張る
・実家に収穫物を運び込む
・正午過ぎに帰宅

三日間くらいに分けて消化したくなる用事を半日で済ませています。
意外に動けるものだなぁと嬉しい反面、その後は9時間ほど眠りました。

ジャガイモは、なんとか傷む前に収穫を終えることが出来ました。
約90株による収量は60kgに相当し、在庫が凄いことになっているため、
お裾分けなり、湯水の如く消化するなり好きに使おうと思います。

あとは以前に収穫し忘れたものが種芋化したものや、
仕込んだ時期が遅かったもののみが残っているだけ。
これでも少々の収穫が見込めるので大切に扱います。

昨年から親しくなった2階住人にも渡す約束でございます。

  1. 2019/06/25(火) 23:59:00|
  2. 菜園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

セーフ!

ジャガイモの残り半分が気になっていたので、
曇天の下、既に株が黄色く変色したもの(2割ほど)を収穫しました。
その数時間後に大雨……危ない危ない。

傷んだものは1個の半分だけ。
どうやら何らかの理由で傷が付いていたらしいです。
対象は十数株分で前回の収穫で云えば半分くらい───出来もまずまず。

さて、当然ながら我が家だけで消化できる量ではありませんから、
お裾分けとして半分くらいは行き先が決まっています。
ただしジャガイモだけだと寂しい感じもする。

何か一つは別の野菜を追加したいところですが、
キュウリもトマトも結実しておらず、あまり選択肢がありません。

そうか、まだ6月なんだな……。

  1. 2019/06/21(金) 23:59:00|
  2. 菜園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

40株くらい

カラッと晴れたのでジャガイモを収穫することにしました。
週間天気予報に注目した上で大雨の前に済ませるべきでしょうが、
今回は私が仕事で忙しかったため日延べした結果です。

今回のジャガイモは4段階に分かれて仕込んでいます。
その中で前半と後半で大きく二分でき、今回は前半部分。
前半と後半の違いは、用地に耕運機を入れたかどうかです。

前半は耕運機を使いこなせておらず、むしろ使うことを避けていました。
後半は耕運機を入れた結果、土が小麦粉のように細かいです。

ジャガイモは根菜ですから、分かりやすい形で土の状態が反映されます。
芋は育つための隙間を求めつつ土を押しのけて大きくなるので、
小石が多いと奇形になり、土を押しのけられないと小さいのです。

このため上下左右へと自由にさせるのが良いわけで、
そうした余地を作るのが畝(うね)であり、さらに土着せであるわけですね。
まじめに土着せを始めるまでは、鶏卵くらいのジャガイモがせいぜいでした。

さて、今回は先述の"前半"を収穫したわけですが、
ソフトボールに匹敵するような大きいものがゴロゴロと出ます。
総重量32.6kg……一家で消化するには多きずる量です。

「すごいわねぇ!」
「これだからやめられない」

母も大喜びでした。
収穫は全体の半分くらいですから、まだまだあります。
後半の耕運機による恩恵が楽しみです。

とりあえず、フライドポテトかな。

  1. 2019/06/18(火) 23:59:00|
  2. 菜園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

疲労蓄積

ほぼ仕事だけの一日。
途中、小雨の中でジャガイモの収穫をしました。
なかなかの大きさだったので満足です。

ひとまず14日までは本業が忙しいので頑張らなければ。
次の案件は16日開始なので、2日間は休める。

おぉ……畑に行ける。

  1. 2019/06/09(日) 23:59:00|
  2. 菜園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

器用さの欠点

今日も以下略。
〆日が伸びたので少しだけ余裕が出来ました。

実家までの道中で畑に知り合いを見つけたので、10分ほど話します。
以前から耕運機が不調らしく、プラグを交換するよう告げたところ、
手持ちのプラグレンチでは外せないそうで、私物を貸したのでした。

本日の話題は、それとは別のことです。

「指も、こんな風でよう……なんとかって症状の」
「へバーデン結節?」
「憶えとらんけど」
「指先から第1関節がへバーデン結節、第2関節がブシャール結節」
「そういうのか」

結節とは指骨の関節付近が"コブ"のようになる変形性関節症です。
男性よりも女性に多く、リウマチと間違われやすいのだとか。
指関節が大きくなり、あらぬ方向へ反れたりします。

「うちの母さんもなってるから、草むしりは道具を使うようにさせてる」
「俺もそうしてるわ」

痛みもあり水疱ができる人も居て、たしか対症療法が限界であったような。
野良仕事や細かい手仕事をしていた人に多く、物をつまめなくなったり、
がっしり掴むことができなくなり日常生活上でも困ります。

ジャム瓶の蓋が開けられず、私に頼むことが増えたのも同様の理由からです。

「だけど、つい手で引き抜こうとするんだよ」
「あんたの母ちゃん、草むしりの時は頑張るからな」
「滑り止め付きの手袋もするよう云ってるんだけど」
「俺は使ってるぞ、100円のやつ」

私も気をつける必要がありそうです。
現在はともかく、この先で発症しないとも限らない。

やれやれ。

  1. 2019/06/05(水) 23:59:00|
  2. 菜園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

七片 藍

Author:七片 藍
フリーイラストレーター

当ブログについて
:本家[ether]
:mixi[499935]

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

絵:執筆情報 (63)
ソーシャルゲーム系 (28)
TCG系 (14)
書籍系 (17)
絵:個人作品 (14)
トップ等 (10)
聖域 (1)
悪魔 (1)
神威 (1)
ほか (1)
日常 (3247)
創作 (78)
DIY (89)
菜園 (564)
疑問 (3)
ゲーム (27)
スポーツ (2)
探しもの (6)
生物 (45)
未分類 (2)
修理 (8)

検索フォーム

最新コメント

月別アーカイブ

QRコード

QR