第27緑化地区

フリーイラストレーター七片藍のブログ/第27緑化地区

挑戦中

まだ買っていませんが、ホームセンターでダイアフラムの値段を見てきました。
メタリング、ポンプ、および各ガスケットの4枚セット。
1500円くらいです。

それと、エアクリーナーとキャブレターの間にあるガスケット、
およびキャブレターとエンジンの間にあるガスケットが各々必要となります。

よって、エアクリーナー(吸気)側からマフラー(排気)側へ順番に書くと───

・エアクリーナー
・ガスケットA
・キャブレター(ダイアフラム)
・ガスケットB
・エンジン
・ガスケットC
・マフラー

───こうなるのかな(※排気側は問題なし)。
上記での購入対象は、ガスケットA、ダイアフラム類、ガスケットBとなります。

さて、ダイアフラムは4枚セットを買うことで解決するとして、
ガスケットA・Bは、通常はメーカーの純正品を宛がうものの、
古い耕耘機は部品生産が終了していて入手できないことがあります。

一昨年にはリコイルスターターを新調しているため在庫はありそうですが、
その際も同様で、生産が終了している部品は割高になってしまいます。

これについては農機の修理担当が「ガスケットは厚みのある紙でも使える」とし、
人によっては、交換前の劣化したガスケットを牛乳パックに押し当て、
型取りして切り抜いたものを代用しているそうですが……。

これで十分とする意見もあれば不十分ともされ、一定しません。
耕運機Aは2サイクル空冷エンジンなので大丈夫そうではあるものの、
今後のことも考え、ガスケットは切り抜いて使えるものを買う予定です。

ちょっとずつ進んでる、いい感じなのかな。

  1. 2018/04/21(土) 23:59:00|
  2. 菜園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

挑戦

うひひ、うほほ。
とうとう耕運機Aのキャブレターを外してしまいました。
さぁ、これで後には引けない……直すか諦めるか腹を決めろ。

耕運機Aはダイアフラム式キャブレターが採用されています。
大きさは卵1つ分くらいで、「これだけ?」という感じ。

キャブレターは霧状の燃料と空気を混ぜた"混合気"という気体を作る装置で、
点火プラグの火花を飛ばして爆発を引き起こし、それを連続させるのがエンジン。

ダイアフラムは、ポンプとメタリングが組み合わさって機能し、
プライマーポンプでタンクから呼び込まれた燃料の必要量を移送する役割です。

その先で混合気となるわけですが、ダイアフラムは経年劣化で硬化します。
そうなると燃料が移送されませんし、当然ながら爆発も起こせません。
人間で云えば心臓が固まって動かなくなるようなものでしょうか。

そんなわけで、本日の目的はダイアフラムの状態確認。
長いことオーバーホールされておらず、ガスケットも張り付いています。
とりあえずメタリングとポンプを引き剥がして分離させました。

触ってみた感じは───乾いたシャケの皮みたい。
この二つが経年劣化で硬化していれば交換というのが判断材料ですが、
いかんせん新品の状態を知らないので、正常なのか劣化なのか分からない。

今のところ、どちらであっても交換するつもりです。
仕事があるので一つ一つ確認しつつ、洗浄が必要ならば慎重に。
内部は意外にも綺麗でした。

玉ねぎの収穫が終わるまでには解決したいなぁ。

  1. 2018/04/20(金) 23:59:00|
  2. 菜園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

決意

副業のあとは仕事をしていただけの一日です。
この組み合わせは書くことがなくなる……本当に何も書けない。
放っておくと慣れたことしかせず、変わりない24時間で終わります。

そうだ、キャブレターの修理を実行するつもりなのです。
やるったらやるぞ、試さなければ難しいのか簡単なのか分からないじゃないか。

明日あたりに取り外してみるか。

  1. 2018/04/19(木) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

誰でも空の下

母の散歩に付き合って歩き回りました。
畑に出入りするようになってから私の心理に生じた変化は、
雨でも降らない限り、まして晴れている日は「外にいたい」という気持ちです。

歳をとると若い頃の記憶は圧縮されてしまいます。
思い出したい記憶だけを整列させることができるのか、
晴れた日に遊んだ記憶が強烈な現実味をもって並ぶわけです。

すると曇天の下で遊んだ記憶などは隅に追いやられてしまい、
今日みたいに晴れた昼間に、子供の姿がないと不自然にすら思えてきます。
実際には平日ですから学校があり、外が晴れていようと授業もある。

私がこんな心理を持つまでの経緯には、きっと長い時間がかけてあって、
最初は20歳での就職活動、次に30代からの自営業が原因でしょう。
どちらも平日という概念が希薄だからです。

会社に勤めていた頃、何らかの理由で出勤しないことになった日などは、
昼間に出歩くと見知らぬ土地に放り出されたような疎外感がありました。
感覚的な「身の置き所」というものが会社に属していたのでしょう。

しかし"それ"が常態化してしまうと、色々変化があります。

自営業というと「いつでも休める」という部分に注目されがちですが、
当然ながら、そんなにいつも休んでいては収入になるわけもないので、
休みは睡眠のみという考え方となるのが実態です。

ただしトイレに行くような感覚で「いつでも職場を離脱できる」のも事実で、
平日(仕事)に得がたいはずの自由(退社)が、いつでも隣にあります。
この距離が、仕事と自由の境界線を曖昧にするのでしょう。

すぐそこにある、自由を想起する青空。
この素晴らしい景色が仕事に生かされていないのは勿体ない。

畑はやめられそうにないです。

  1. 2018/04/18(水) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

必要なものだけ

ホームセンターで堆肥を5袋買いました。
これで作りたいものは───自然薯(じねんじょ)!

2月に帰省した母は農家の叔父が作った自然薯を持ち帰りました。
これを種芋とすることが出来るわけですが……問題があります。
それは掘り出すのが大変であること。

以前にも書いたとおり、山芋は地下へと生長し深さ数十センチに達します。
おまけに手でポキリと折れてしまうほどに脆いので、道具に頼りづらい。
折れると断面に土がつきますし、お裾分けでも格好悪くて渡しづらい。

そこで逆転(?)の発想───「地下でなければいい」。

大きめのプランターで育てる手段もありますが、もっと簡単に。
堆肥の袋に種芋を挿し、その袋を立てて置いておくだけ。

石ころが入っていない柔らかな堆肥の中で、のびのびと生長させます。
芋が肥大して体積が増える頃には袋もパンパンに張ってくるので、
最終的には袋を裂いて堆肥ごと取り出すわけですね。

よく知られた方法だそうですが、知らなかった私は感心してしまいました。
我が家で試すのは初めてなので結果が楽しみです。

こういう合理化を考えるのは楽しいなぁ。

  1. 2018/04/17(火) 23:59:00|
  2. 菜園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

白々しい事実

今日は仕事だけしておりました。
ブログの記事内容が菜園ばかりなので誤解が多いものと存じますが、
なんと、実はフリーイラストレーターのブログなんですね。

仕事そのものは続いており更新すべきこともある反面、
前回のPC故障でサイト作成が出来なくなり、その後にPCを新調し、
作成ソフトを導入しないまま更新内容だけが増えている状況です。

つまるところ作成ソフトを入れ直してしまえばいいだけですが、
CD-ROMが見つからず、更新にあたってのコピーライト処理等、
やることが多いため後ろ倒しを繰り返しています。

ひとまず直近の仕事を消化してしまわないと手をつけられません。
4月中には何とかしたいと考えております。

一ヶ月って、あっと云う間だな。

  1. 2018/04/16(月) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

どちらも問題

仕事の息抜きに、母の仕事場にある庭木を剪定しました。
まるきり散発している気分なので自分の髪が気になってきます。

その後で畑に行くとジャガイモの苗が次々に発芽していました。
昨夜からの雨というわけではないでしょうが、種芋は無事だったようです。
長いこと降っていたので、しっかりと水分が下りてくれたことでしょう。

さて、忘れていたわけではありませんがキャブレターの修理があります。
取り外したことすらないので、耕運機A・Bのどちらに手をつけるか。

▼耕運機A(これまで使っていたもの)
・なんとか始動する。
・始動後に回転を上げないと止まる。
・回転を上げても次第に衰えて止まる。

▼耕運機B(稼働を見たことがない)
・現状では稼働しない。
・燃料タンクに大きな亀裂がある。
・用途不明なボタンがあり、おそらく機能しない。

どちらも壊れているわけですが、少なくともAは動いていたわけで、
素人である私が弄った結果「本当に動かなくなる」ことが最大の懸念。

Bは稼働を見たことがなく、云ってしまえば「やりたい放題」できます。
ただしキャブレターを直してもボタンの機能が不明なので動くかどうか。

総合すると、触るならAかな。
Bはタンクが破損しており、キャブレターを直しても燃料が供給できず、
役割不明のボタンも含め、始動を試すために解決すべき問題が複数です。

Aか……どうか失敗しませんように。
いやいや失敗しても補填できますように。

考えすぎて着手が遅れるのは私の欠点です。

  1. 2018/04/15(日) 23:59:00|
  2. 菜園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

庇で浴びて母屋で育てる

山芋および隼人瓜のための矢倉(支柱を組み合わせた骨組)を作りました。

山芋や隼人瓜はツルを伸ばして展開するため広い用地を必要としますが、
放っておくと他の作物に絡み付いて管理しづらくなるのが困り者です。
そこで庇(ひさし)になるような形で支柱を組み、ツルを頭上に展開させます。

これによってツルは他の作物を邪魔することもなくなりますが、
山芋に必要な用地としては広めに確保してしまったので、
庇で日光が遮られ、下の用地に植えられる作物も限られるわけです。

そこで、残渣などを積んでおきます。
分解が進めば養分になりますし、残渣も処理できて便利です。

一方の隼人瓜は庇の下にはなく、株は隣の用地にあります。
これはツルが伸びてきたら庇へ誘導して山芋と同様に頭上展開。

これと同じ形で、今年はアピオス(ホドイモ)を植えようと思っています。
実は昨年にも植えたものの庇の下だったせいか淘汰されたため、
今回は株元を庇の下ではなく隼人瓜の隣としてみました。

隼人瓜にしろアピオスにしろ養分を吸い上げるのは株元となりますが、
光合成は矢倉で行うという、ちょっとした実験です。

上手く行くかどうか。
少なくとも昨年の隼人瓜では、展開したツルの半分くらいが矢倉です。
収穫数そのものは問題なかったので、今回はアピオスが追加されて───

───まぁいいや、実験なのだ。

  1. 2018/04/14(土) 23:59:00|
  2. 菜園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

静かに眠りたい

あまり仕事が進まなかったので見切りをつけ、早く休もうと思い、
寝床に入って数分後、蛇口の水が滴る音を聞いて起き上がりました。

やれやれと再び寝床に入って数十分後、今度はベランダがうるさい。
強風で煽られた物干し竿の洗濯物が端まで寄せられて竿掛けにぶつかり、
カタンカタンと音を立てていたためでした。

さぁ今度こそ眠るぞ……と思ったら、十数分後に聞きなれない警報音。
たまに誤動作を起こす給湯器が設定温度エラーでピーピーピー……。

「あああああああもう、なんなんだよ!」

結局いつもと同じ(遅めの)時間に眠っていました。
どうして珍しく早寝しようとすると何ごとか起こるんだ。

そしてあまり眠れていない。

  1. 2018/04/13(金) 23:59:00|
  2. 菜園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

育つ栄養 食べる栄養

雨が降ったため畑の作業はなし。
寝るまで仕事をしていましたが、少し畑も見回ってきました。
合計8本の畝を造ることになったジャガイモは、ポツポツと発芽しています。

ホッとしました。
実は今回のジャガイモで一つ心配なことがあったのです。

ジャガイモは収穫し損ねたものがあると、それが種芋となって発芽もします。
これを株として育てても良いですが、病気や害虫に対する抵抗力が下がったり、
ウィルスに感染している可能性もあり減収に繋がります。

そのため専門業者の作った種芋に更新することが推奨されており、
出来れば栽培するたびに更新したいところ。

そこで今回は種芋を更新するため普通に購入し、半分に切り分け、
切断面を草木灰で保護して乾燥させ、切断面を伏せて表面の発芽を促進。
その間に耕運機の不調で遅れていた用地確保を───

───進めていたら、乾燥が不十分でカビが発生しました(03/19以後)。

とうとう彼岸が過ぎてから仕込んでいます。
このような理由から発芽するかどうか気を揉んでいたのですが、
数日前から芽吹き始め、今のところ10株ほどを確認できています。

調べたところ、種芋の切断面に生じたカビも問題ないであろうとのこと。
ひとまず全て発芽してくれれば報われます。

収穫までに耕運機を何とかしたいな。

  1. 2018/04/12(木) 23:59:00|
  2. 菜園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

七片 藍

Author:七片 藍
フリーイラストレーター

当ブログについて
:本家[ether]
:mixi[499935]

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

カテゴリ

絵:執筆情報 (60)
ソーシャルゲーム系 (28)
TCG系 (12)
書籍系 (16)
絵:個人作品 (14)
トップ等 (10)
聖域 (1)
悪魔 (1)
神威 (1)
ほか (1)
日常 (2786)
創作 (71)
DIY (54)
菜園 (448)
疑問 (3)
ゲーム (26)
スポーツ (2)
探しもの (5)
生物 (35)
未分類 (2)

検索フォーム

最新コメント

月別アーカイブ

QRコード

QR