第27緑化地区

フリーイラストレーター七片藍のブログ/第27緑化地区

鉄土竜の手綱

今日は燃料パイプを取替え……たかったのですが、
実家に置きっぱなしだったスキーのストックが気になったので、
とりあえず簡単な加工の一段階目を済ませることにしました。

何かと云うと、昨日の記事で云うところの1番目。
旧式耕運機(トラクター)のシフトレバー製作です。
入手した時から折れていて、鉄パイプを代替してありました。

しかし固定されておらず、機体の振動でカラカラと鳴ってうるさい。
レバーとしてはブレが大きくて操作が滑るし、自作します。

ストックはアルミ製パイプなのでサンダーを使って切断。
ケガをしないように切断面を面取りして完了。

今後の問題は、シフトレバーとの連結です。
ボルト固定、バンド締め、接着、溶接……は無理か。
半端な固定状態では機体の振動で外れてしまいます。

さりとてストック(パイプ)の厚みは1mmちょっと。
下手なボルト固定では変形させてしまうので、
バンド固定と接着を併用してしまおうか。

まる一日を畑の作業に費やす休日が欲しい。

  1. 2019/02/21(木) 23:59:00|
  2. 菜園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「あとは君次第」

昨年に入手した(管理機ではなく)耕運機(トラクター)は、
安全基準が変わる前の"ご老体"であると分かったのが昨年10月02日のこと。
あれがどうなったかと云うと───

・シフトチェンジ用のレバーが折れている
・燃料タンクからガソリンが漏れる
・補助輪がないので安定しない
・左右クラッチを統合したい

───現状でこれだけの懸案事項があります。

ついては一つずつ解決するしかないわけですが、
ガソリン漏れを解決しないことには試験運転も出来ません。

よって手始めは燃料漏れの修理!
見たところ燃料パイプが劣化しているようなので、これを交換したい。

とは云え、外すには分解が必要です。
一応、直径(外径)だけを計って購入することになりました。
内径は……どうにかなるだろう。

「───というわけなんですが」
「ふーむ、内径か……じゃあ少し持ってってみる?」
「は?」

「100mmくらいなんだよね?」
「え、はい、それが2ヶ所みたいですけど」
「ダメだったら意味ないし、持ってってください」

……タダで貰ってしまいました。

まずタンクから燃料コックまでの100mmくらい。
そこからキャブレターまでに100mm。
いただいた長さで足ります。

ワーォ。
さすがにパイプを固定するクリップは購入しました。

これはきっと祝福だ。

  1. 2019/02/20(水) 23:59:00|
  2. 菜園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

がぶ飲み

いつか以来の(まともな)雨です。
ここしばらくの雨と云えば、1時間と経たずに止んでしまっていました。
畑の貯水桶は空っぽだし、これでようやく用地が潤って……くれるといいな。

菜園の契約期間は会計年度と同じで三月末まで。
今回は用地の一ヶ所を返却するため、四月からは少々狭くなります。
今後は計画的な栽培が必要となるわけで……。

……いやいや、これでいいのだ。
仕事や用事に感けて畑で過ごす時間が減っているのですから、
ちょっと強いられるくらいが丁度いいのかも知れない。

実は、数年前に知り合いから譲り受けたものがあります。
家庭用の生ゴミ処理機です。

説明書がなかったため母が消費電力を気にして使わず終いでしたが、
調べてみると、幾つかの他社製品と比較した詳細な資料があり、
価格も非常に高価な製品だったようです。

畑には数基のコンポストがあるものの、自然分解なので堆肥化が遅く、
一時的にコンポストを撤去し、堆肥の山を切り崩す必要があります。
肝心の生ゴミも畑まで運ばねばなりません。

処理機にかければ、こうした問題が大幅に軽くなります。
体積と重量も減るので花壇に堆肥を使うことも出来る。

よしよしよし、前を向いて歩こう。

  1. 2019/02/19(火) 22:27:30|
  2. 菜園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

泣いてないもん

私が利用している駐車場は小さな山の麓(ふもと)にあり、
毎年、季節によって大量の落ち葉や樹液らしきものが降り注ぎます。
後者は固まると雨くらいでは溶けないため、洗車するしかありません。

落ち葉も同様で、車の天井にドングリなんかも落下して来ます。
けたたましい音を立てるので車内に居るとビックリする。

自宅から近く、月極料金が安めなこともあって利用していましたが、
樹液、ドングリ、落ち葉(たまに小枝)には困ったもので、
近場に代わりの駐車場があれば……と思って8年が経ちました。

そんなある日、電話が入ります。

「あぁどうも、駐車場の**ですが」
「? はい」
「落ち葉が多いってことで木を切ることになりまして……」

やっと?!
……なんと云うか「実家に戻ろう」と思い始めて僅か半年で───

・アパートに(新入居者のみ)リフォームが入る。
・10年くらい前から家賃が減額(私は対象外)。
・23年間越しで通路灯が設置される。
・近所に便利なお店が出来る。

───斯様なことが連続しています。

なんだこれは。
「今後は新しい人のために」ということか。
古参は出て行けと云われているような気分になる。

うぬぬ……云われなくともそうするつもりだ。

  1. 2019/02/18(月) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

やる気

仕事は忙しいけれど食べなきゃ動けない。
ささっと母に作ってもらった夕食の中に、芽キャベツがありました。
以前に食べたことはあったのですが───

「これ芽キャベツ入れた?」
「入ってないわよ」
「でもそれっぽいのがあった」
「じゃあ紛れ込んでたのかも」

───という、意図したものではない摂取でした。
それでも味わいは(一瞬だけ)あったのです。
そして、その時は非常に小さな芽球でした。

本日は、きちんと収穫して炒めたものをいただきます。

「ふーむ……」
「どう?」
「濃厚だねぇ、キャベツを何枚か重ねて───」
「圧縮した感じでしょ」
「───そう、ほんのり苦味もあって、いい感じ」

おいしい!
通常のキャベツはペラペラでソース類も絡みにくいのですが、
芽キャベツは多層で球状ですから、シチューなんかは得意でしょう。

これはいいな。
コロッと一口サイズで食べやすいし、栄養価も問題なし。
きっちり環境を整えれば増やすのも簡単だし、お裾分けにも使いやすい。

もっと詳しく調べてみよう。

  1. 2019/02/17(日) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

やっと一年よ?

副業の現場にて新たな上司が着任挨拶に来ました。
私が働き始めてから、既に2回目のことです。

補助の現場ではリフトマンが少なく、実質3人で回さねばなりません。
そのことを前任者から聞いているのか現場を歩き回り、
補助作業員に色々と聞いて回っていましたが、質問相手は私でした。

「これ最終だよね?」
「そうです」
「じゃあ積……っと、その前にヘルメットか、どこだっけ?」
「ヘルメットは、あそこの緑のやつです」

私は働き始めて一年しか経っていないのですが……。
そして本日は大学生アルバイトが殆ど出勤しない日でもあります。

「七片さんは、契約では何時までなの?」
「ほかの皆と同じで8時が定時です」
「ははぁ、ってことは」

よって人手が少なく、作業がモタついて残業になるわけです。

「見ての通りなので……残ってると自分の本業も進まないんですけどね」
「本来のお仕事は?」
「フリーのイラストレーターですよ」
「えぇ?!」

私が職業を明かすと、大抵の人は目を丸くします。
そうした技能を持つ人間が周囲に居ることを俄かには信じがたいのか、
または「どこかの誰かがやっている仕事」という認識に留まるのでしょう。

着任初日なので、あちこち用があって出向かねばならないようでした。

「じゃ七片さん、あとよろしくお願いします」
「はいはーい」

古参ぽい扱いになりつつあるのは、私が老けているせいだと思いたくない。

  1. 2019/02/16(土) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

一口サイズ

昨日は少し畑に行っていて、菜園仲間と話しています。
そこで芽キャベツの話になったのですが───

「俺んとこのは全く育ってないぞ」
「こないだ調べたら、葉っぱを落とすって書いてた」
「どう?」

───我が家から譲った苗は生長が遅いようです。

芽キャベツとはキャベツの変種です。
脇芽(わきめ)に500円玉からピンポン球くらいの芽球が生り、
シチューなどの鍋物にドボンと放り込んで使えます(下茹ではあるかも)。

お味は、キャベツを濃厚にした感じ。
ただし育て方にはコツが要るようでした。

「上下の葉っぱを残して、間にある葉っぱは全て落とすみたい」
「これを全部か」
「そうそう、うちのやつ見てみて」

木に例えるなら、幹と枝の脇(わき)部分に芽球が生るわけで、
その芽球に日光を当てるため枝葉は伐採してしまうわけですね。
ただし枝の付け根ではなく、2割ほど残してやると良いとか。

「ほぉ」
「何もしないと葉っぱが日光を遮って、芽球に届かないみたいね」
「早く云ってくれよー」
「だって僕が畑に来れなかったし」

我が家のものは、葉っぱを落としてからグンと生長が早くなりました。
用水路が干上がっているため、あとは雨さえ降ってくれるといいのですが……。

決めた、次も作るぞ。

  1. 2019/02/15(金) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中身はおつまみ

「あー、今日バレンタインじゃーん」

副業の現場で上司がパソコンを前にして云いました。
上司と云っても一つ年上なだけなので、互いに軽口も叩きます。

「ぬぁにがバレンタインだか……」
「えー?」
「そんなのに現を抜かす輩は地獄に落ちるがいい! ねぇOさん」
「うははははは、何でそんなに怒ってんのー」

上司とO氏は同い年(そして恐らく既婚者)。
無論ツッコミを期待しただけで、怒っているわけではありませんが、
この日の作業を終える数十分前に同じ現場の正社員女性が───

「はい、いつもお世話になっております」
「あ~、ありがとうございます」
「Iさんにもねー」
「おぉ、これはどうも」

───補助スタッフの我々にくださいました。

上記の冗談を云って間もなくの出来事だったので、
神様は何か変に気を遣ったのでしょうか。

やめろよ……何の帳尻合わせにするつもりなんだ。

  1. 2019/02/14(木) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

必需品

副業は休み。
出勤の道中では、いつも決まった場所で自転車を留めて、
コーヒーを飲みつつ体温を上げてから作業に臨む、それが私の毎日です。

このコーヒーは、スーパーで買えるインスタント。
小分けされているので水筒に2包を入れて熱湯───これで一日分。
28包入りで2週間分に相当するわけですが……。

値段がバラバラです。

・298円
・368円
・398円
・568円(!)

最後の価格は何度か確認したものの、間違いではありませんでした。
お店側の誤った価格設定なのかも知れません。

そして最低価格も、本日に購入した時は3番目の398円。
以前に買った時は安売りだったのかも知れません。
これはもう、298円の時に2つ買っておくべきか。

368円は車で行かないと遠すぎる。
自転車で行ける距離は(安売りらしき)298円と398円。
398円の線が最も多いようで、やはり298円は安売りなのでしょう。

これがないと作業前に体の暖気が始まらない。

  1. 2019/02/13(水) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

季節と気力と体力

昨日のパスケースは無事に回収できたようです。
「お騒がせしまして」と、親子ほども歳の離れた現場仲間に云われる。
この人は現場で貴重なリフトマンでもあり、私も色々と教わっています。

副業の現場は肉体労働が主ですが、男女比は6対4くらい。
意外と女性が多く、そして長続きする人が多い印象です。

私と同じ時期に入った人は辞めてしまいましたが、
主婦業の傍らでも「力仕事は御免です」みたいな雰囲気がない。
もちろん女性で無茶なものは男の出番ですが、頼ってばかりでもない。

それでは気の毒なので出来るだけ代わってあげていますが、
そうすると普段の力仕事に上乗せが入り、今度は私が疲れます。

一日数時間でなければクタクタになるところです。
実際に繁忙期では「もう何もしたくない」と思うほどに疲労困憊。
もともと体が細く筋肉が少ないため、気力でごまかす感じでしょうか。

しかし、それは女性も同じことです。
夏などは地獄の暑さですから、とくに辛いことでしょう。
次第に寒さが弱まり、すぐ春になって夏になって……。

一年って短いなぁ。

  1. 2019/02/12(火) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

七片 藍

Author:七片 藍
フリーイラストレーター

当ブログについて
:本家[ether]
:mixi[499935]

カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

カテゴリ

絵:執筆情報 (61)
ソーシャルゲーム系 (28)
TCG系 (13)
書籍系 (16)
絵:個人作品 (14)
トップ等 (10)
聖域 (1)
悪魔 (1)
神威 (1)
ほか (1)
日常 (3067)
創作 (72)
DIY (75)
菜園 (525)
疑問 (3)
ゲーム (26)
スポーツ (2)
探しもの (5)
生物 (41)
未分類 (2)
修理 (8)

検索フォーム

最新コメント

月別アーカイブ

QRコード

QR