第27緑化地区

フリーイラストレーター七片藍のブログ/第27緑化地区

筋肉が熱い

副業の密度が上がったので、3時間ちょっととは云え大変でした。

「疲れたー……」
「少ないなぁー」
「おう、そう云うこと云うか、まぁアカン、気分悪いわ」
「うはははは、ごめんごめんって」

一つ年上の正社員相手に、こういう軽口が叩ける程度の環境です。
しかし来月からの繁忙期は想像するだに恐ろしい。
気力と体力のどちらが先に尽きるだろうか。

現場は一気に増員されたものの、それぞれ就業上の事情を抱えており───

・週1休(定年退職者層)
・週2休(私を含む)
・一日おきに出勤
・月、水、金
・週末だけ

───等など、かなりバラバラな人材の組み合わせです。
年中無休ですから、リフトマンを常駐させるのも目的。

そんな中でベテラン復帰の話が来週から実現することとなり、
ご本人は始業前に現場を見学し、以前とは異なる点などをメモしていました。
私に聞けば大体が分かると踏んだようで、半分は"当たり"です。

「幾つか変わってますよ、ゲートの担当も」
「うちじゃないの?」
「隣になりました、だから時々忘れちゃいます」

「ははぁ……そうかー」
「でも大差はないと云うか、戻られても戸惑うことはないかも」
「いやぁ分からないよ、だから初めて働くつもりで戻る」

定年退職者層ではありますが、心構えは新入社員のように謙虚です。
こういう人ですから私も敬意を払いたくなりますし、おだてたりもします。

「あ、Yさん戻るそうじゃないすか、ベテラン復帰っすね!」
「また最初から憶えなおすよ」
「……七片さんは後ろで何してんすか」
「Y大明神の後光を表現してる」

昨年の繁忙期は戦争でしたが、今年は少しくらい安心できるかな。

  1. 2019/06/24(月) 23:48:02|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

75%

引越しに向けた片付けを少し進めました。
作業中、拭き掃除のために洗剤を使っていたのですが……。

100円ショップで買った「ペットボトルを霧吹きにするやつ」は、
きっちりフタを閉め切ると使用中にボトル内の圧力が下がり続け、
次第にボトルが凹み始め、吹かせづらくなる欠点がありました。

そのためフタの閉め方を甘くしておく必要が生じます。
そうして使っている最中、霧吹きを倒したまま作業を続け───

「あぁぁぁぁ!」

───中身の洗剤がキッチンの床に漏れ出し、
隣に置いてあった段ボール箱(中身は本)に染みてしまいました。

気づいたのが早かったので本に被害はありませんでしたが、
いらぬ掃除が追加され、改めて梱包が必要になるし、
時間は無駄になるし……と、散々です。

ああ、この湿度の高さがいかんのじゃよ、調子が悪くなる。

  1. 2019/06/23(日) 23:59:00|
  2. DIY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

身辺整理

副業の現場に増員が入り、少し楽になりそうです。
できれば長続きして欲しいな……繁忙期が恐ろしい。

この週末は一時的に本業が小待機となったため、引越し準備を進めたいです。
本などは粗方をまとめてしまったので、それについては心配していませんが、
パッと手に取る読み物がなくなったので非常に寂しい。

とは云え、片付けるべきものは山ほどあります。
2階の外国人が駐車場の空きスペースを勝手に利用していたため、
ほぼゲスト用の扱いだったスペースが駐車禁止になっています。

よって片付けたい物を車に積む際、ちょっと面倒くさい。
隣人の車が出られない形で横付けしなくてはならないので、
これを避けようとするとベランダ側まで遠回りせねばなりません。

20年以上も住んでいて、昨年から暮らしづらくなってばかりです。
これはアレだな、さっさと出ろってことだ。

だからせめて出やすくしてくれ~!

  1. 2019/06/22(土) 00:00:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

セーフ!

ジャガイモの残り半分が気になっていたので、
曇天の下、既に株が黄色く変色したもの(2割ほど)を収穫しました。
その数時間後に大雨……危ない危ない。

傷んだものは1個の半分だけ。
どうやら何らかの理由で傷が付いていたらしいです。
対象は十数株分で前回の収穫で云えば半分くらい───出来もまずまず。

さて、当然ながら我が家だけで消化できる量ではありませんから、
お裾分けとして半分くらいは行き先が決まっています。
ただしジャガイモだけだと寂しい感じもする。

何か一つは別の野菜を追加したいところですが、
キュウリもトマトも結実しておらず、あまり選択肢がありません。

そうか、まだ6月なんだな……。

  1. 2019/06/21(金) 23:59:00|
  2. 菜園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おっさんの肌ケア

昨年に副業の現場を去ってしまったベテランが復帰する話を聞き、
少しは楽になるだろうか、いやそんな上手い話が───と、
繁忙期を前に期待せぬよう努めてます。

ところで最近の私は日焼け止めを使い始めました。
独身中年男が美容なんぞ不毛なことを気にしているわけではなく、
どうやら私は日光に弱い(と云うより弱くなった)らしいのです。

紫外線を浴びると同じ箇所に紅斑ができ、次第にカサブタ状となり、
塗り薬を使わないと症状が悪化するばかり。

冬場の症状は軽いものの、夏は酷くなるので帽子を被っていましたが、
帽子や日傘で防げる紫外線は、体に浴びる全体量の半分以下だそうです。
紫外線は周囲からの反射もあり、これが殆どなのだとか。

よって顔は帽子や衣類やらで防ぐことが出来ないため、
業を煮やして日焼け止めに頼ることにしたわけですが……。

ちょっと考えてみてください。
野郎が顔に何かを塗るなら、せいぜいニキビが酷い人くらいです。
習慣として「なかったもの」を意識するのは意外と難しい。

つまり男には女性における化粧のようなものが(大抵は)ないため、
お出かけ前に済ませるものと云えばトイレくらい(酷い偏見)。
習慣として定着しづらい。

「(えーと……顔を洗ったら改めて塗らなきゃならんのか?)」

帰宅したかと思ったら再び外出することが多い私には、
仕切り直しが増えた感じで、なんだか生活しづらい。
なんでこんな体質になったのか。

おかげで副業に向かう前から塗り塗り……。

  1. 2019/06/20(木) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

赤い!

母の用事で車を出した以外は自宅で仕事だけの一日。
雨が降りそうで振らない、お天道様の気分次第といった空模様です。

本日、実家に写真とお菓子が届きました。
送り主は私の従弟で、母に宛てたものです。
少し前に仕事で関わっていた母への返礼でした。

従弟は短期間ながらニュージーランドへ行っていたため、
そこで入手した珍しい菓子を送って来たわけです。
なにかと云うと……ビーツのお菓子。

たしかに国内では見たことがありません。
彼が私の実家に来た時、母が教えた野菜(ビーツ)を憶えていたのか、
きっと「これは買わなくては」と思ったのでしょう。

うっかり食べるのを忘れて帰ったため味は分かりませんが、
細やかな彼らしい配慮だなぁと思いました。

我が家のビーツはと云うと、なかなか今回は上手く行っています。
石灰の量が適正だったようで、今までの中で最も元気がいい。
おもに母が喜んでいます。

あとはトウモロコシかな……これは害虫対策が大変そう。

  1. 2019/06/19(水) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

40株くらい

カラッと晴れたのでジャガイモを収穫することにしました。
週間天気予報に注目した上で大雨の前に済ませるべきでしょうが、
今回は私が仕事で忙しかったため日延べした結果です。

今回のジャガイモは4段階に分かれて仕込んでいます。
その中で前半と後半で大きく二分でき、今回は前半部分。
前半と後半の違いは、用地に耕運機を入れたかどうかです。

前半は耕運機を使いこなせておらず、むしろ使うことを避けていました。
後半は耕運機を入れた結果、土が小麦粉のように細かいです。

ジャガイモは根菜ですから、分かりやすい形で土の状態が反映されます。
芋は育つための隙間を求めつつ土を押しのけて大きくなるので、
小石が多いと奇形になり、土を押しのけられないと小さいのです。

このため上下左右へと自由にさせるのが良いわけで、
そうした余地を作るのが畝(うね)であり、さらに土着せであるわけですね。
まじめに土着せを始めるまでは、鶏卵くらいのジャガイモがせいぜいでした。

さて、今回は先述の"前半"を収穫したわけですが、
ソフトボールに匹敵するような大きいものがゴロゴロと出ます。
総重量32.6kg……一家で消化するには多きずる量です。

「すごいわねぇ!」
「これだからやめられない」

母も大喜びでした。
収穫は全体の半分くらいですから、まだまだあります。
後半の耕運機による恩恵が楽しみです。

とりあえず、フライドポテトかな。

  1. 2019/06/18(火) 23:59:00|
  2. 菜園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

5時!

日増しに夜明けの明るさが増し、暗い時間帯が短くなっています。
そんな本日、先週末に直近の本業から解放されたこともあり、
副業を終えた後の強い眠気に甘えを許し、正午前に眠ったところ───

「(はっ?!)」

───なんとなく薄暗い室内。
壁のアナログ時計は5時を回り、とうに副業へ向かう時間帯を過ぎていました。

「(あああ、いかん、すぐに準備を……目覚ましはどうした?!)」

副業も1年半を過ぎましたが、寝坊は一度もありません。
数段階に分けて携帯電話の目覚ましをかけてあったものの、
眠る前に充電状態を確認していませんでした。

鳴らなかったものと思い込み、改めて"携帯電話で"時間を確認してみる。

[17時23分]
「は?」

ようやく時間を飲み込むことが出来ました。
朝の5時ではなく夕方の5時です。

「かーっ……なんだよ、もう」

思わず独り言が出ました。
高校時代の電車通学から、私は24時制で生活しています。
よって年に一度はアナログ時計での誤認があるのです。

よく眠れたから、まぁいいや。

  1. 2019/06/17(月) 00:00:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゴオオオオオ……

ファンが二つあるサーキュレーターを長いこと使っているのですが、
一つはカーテンのほつれた糸を巻きこんで壊れてしまい(多分ヒューズ)、
残り一つはファンカバーがホコリまみれで風力が激減しています。

なぜホコリくらい掃除しないのか。
このサーキュレーター、カバーが外せないのです。
カバーには格子があって、あまつさえ密度が高いためホコリが溜まりやすい。

くるっと機体を見回してもボルト1本すら見当たらない。
はめ込み式だとしたら下手をすると割ってしまいかねない。
掃除機で強引にホコリを取り除いて来ましたが、根本的に解決しない。

はっ! なぜ思いつかなかったのか。
型番を検索して分解例を調べればいいじゃないか。

あっさり記事に行き当たったので読んでみたところ、
カバーを外すには機体後部からボルトを外す必要があるとのこと。
なんでこんな面倒な仕組みに……。

ボルトは奥まったところにあって、さらっと見た程度では見つけづらく、
機体が黒いこともあって影になるとサッパリ見えない。
「分解できない」と思わせるくらいには巧妙です。

カバーを取り外し、今まで掃除できなかった箇所を綺麗にしました。
やはり扇風機にしろ換気扇にしろ、こういう分解掃除が一番いい。

風力は、弱・中・強と3段階あります。
さて性能を取り戻したサーキュレーターの風力は、いかほどでしょうか。

掃除前と掃除後を比較してみます。

・掃除前の[弱] ほぼ風が起こらない → 掃除後:掃除前の[強]と同じくらい
・掃除前の[中] 風があると分かる程度 → 掃除後:暑い日に理想的な風量
・掃除前の[強] 掃除後の[弱]と同じ → 掃除後:強すぎて使いたくない

結果、[弱]でも十分なくらいに復帰しました。
試しに[強]を使ったところ、もうむしろ寒いくらいです。

いずれ片方も修理しよう。

  1. 2019/06/16(日) 23:59:00|
  2. DIY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

修理費63円

全く予報を裏切らない雨でございます。

雨が降ると草むしりが楽になるのは事実ですが、長靴が土団子で重くなるし、
別に晴れていても捻り鎌を使えばいいだけなので、あまり嬉しくない。
そのため仕方なく別の用事を消化することにしました。

私が運転する自家用車はキーレスエントリーを採用しております。
車体に接近しただけで開錠できるスマートキーほどではありませんが、
私のような貧乏人には生意気な便利機能です。

───が、数年前からキーに問題が生じました。
電池の交換くらいは自分で済ませる程度の知識はあるものの、
「これ」ばかりは部品がないとどうしようもない。

何かと云うと、キーレスボタンの脱落です。
シリコンゴム製なのでしょうが、何度も押すうちに傷でも入ったか、
いつの間にか無くなっていて内部のスイッチが露出していました。

それから数年。
ボタンが脱落したことで内部スイッチを押すしかなく、
キーカバーより沈み込んでいて非常に押しづらかったのです。

いつかやろうと思いつつ、良さそうなものが入手できずにいました。
……というのは建前で、本当は安く入手できなかったのが理由です。

それで何が欲しかったかと云うと、「何かのリモコン」。
キーレス用のボタン(丸形)を失敬できれば何のリモコンでも問題ない。

リサイクル店を見たものの、最低でも100円程度。
高いわ! ボタンにしか利用価値がないのに払えるか!
しかしそれでは解決しないので「63円」を見つけて妥協しました。

買ったのは、手のひらに収まる(何らかの)小さなリモコンです。
早戻し、早送り、スキップ、スロー、字幕、録音、USB/SD等など。
DVDプレイヤーか何かのリモコンだったのでしょうが、別に何でも構わない。

パカッとリモコンを分解すると、内部は基板とシート状のゴムボタンがあります。
ボタンそのものに印字されているため不恰好ですが……そのうち消えるでしょう。
キーレスボタンは丸形なので、同じ丸形の"録音"ボタンを切り取って失敬。

一方でキーレスのゴムシート(ボタン)は簡易の防水性を保つため、
キーカバーのシーリングも兼ねており、これはこれで流用せねばなりません。
よって「キーレスのゴムシート+リモコンのボタン」という組み合わせです。

仕組みが分かっていれば、多少の無茶はどうとでもなる。
録音ボタンを挟み込んでキーカバーを閉じ、ネジを締めて完了。
駐車場へ行って開錠テスト……成功しました。

あぁ、「普通にボタンを押せる」って快適です。

さて、残ったリモコンのゴムシートはどうするか。
丸形は、あと[ズーム]、[リピート]、[USB/SD]の三つ。

またいずれ脱落した時のために保管しておこう。

  1. 2019/06/15(土) 23:59:00|
  2. DIY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

七片 藍

Author:七片 藍
フリーイラストレーター

当ブログについて
:本家[ether]
:mixi[499935]

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ

絵:執筆情報 (61)
ソーシャルゲーム系 (28)
TCG系 (13)
書籍系 (16)
絵:個人作品 (14)
トップ等 (10)
聖域 (1)
悪魔 (1)
神威 (1)
ほか (1)
日常 (3190)
創作 (77)
DIY (87)
菜園 (558)
疑問 (3)
ゲーム (27)
スポーツ (2)
探しもの (5)
生物 (44)
未分類 (2)
修理 (8)

検索フォーム

最新コメント

月別アーカイブ

QRコード

QR