第27緑化地区

フリーイラストレーター七片藍のブログ/第27緑化地区

楽しみ

この日は就労時間調整のためお休み。
母の用事に車を出し、ついでに新しい眼鏡を注文しました。

私が眼鏡を掛けるようになったのは社会人になってからで、
数年ごとの新調は視力の低下を理由にしたものが少なく、
レンズやフレームを傷めてしまったことが大半です。

昨年10月に菜園からの帰り道で紛失したと思っていた眼鏡は、
昔の古い眼鏡で代用し続けた年末に自室で見つかりました。
今回は、その眼鏡で鼻パッドのアームが折れたのです。

それから鼻パッドが一つない状態で新年を迎え、
繁忙期も終わって落ち着き、このたび注文することにしたのでした。

今回、新しい眼鏡に反映させたいことが2つある。

・老眼は進んだけど手元は裸眼で十分なことが多いから、
 "跳ね上げ式"で掛けたまま裸眼になれるほうが楽ではないか。

・フレームは鼻パッドが一体化した樹脂製にしよう。

跳ね上げ式とは、フレームのリム上部に蝶番がつき、
レンズが上方向にパタパタ開閉できる眼鏡のことです。
眼鏡を掛けたまま裸眼に切り替えることができます。

そんなわけで跳ね上げ式のサンプルを見てみたところ、
あまり種類が多くなく、鼻パッドはアーム式しかない。

仕方なく樹脂製だけ消化して注文。

視力検査の結果、もともとの近視は少し回復傾向にある一方、
不便のない程度を希望したことで「老眼が進んだ」と分かります。
それで古い眼鏡でも中・遠距離は問題なかったわけですね。

鼻パッドが欠けた現在の眼鏡は遠近両用ではあるのですが、
当時は老眼が進む前だったのでレンズの下半分にかけて矯正なし。
しかし完全に矯正が抜けるのは下から5mmの範囲だけで、見づらい。

これで見づらくなって来たということは……やはり進んでいます。

注文が込んでいるらしく引き渡しは10日後とのこと。
それまでは手元の見づらさを我慢するしかありません。

老眼という点だけでも、老化は受け入れがたいものがあります。

  1. 2024/01/13(土) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夢の骨組み

この日は母の仕事で使うボールペンを買うため車を出しました。
近所のコンビニでは取り扱いがなかったのです。

私が子供の頃は小学校の校区(半径500メートル圏)内に2件、
1km圏内に3件くらいの文房具店があったように記憶していますが、
現在は近所にもないので足を延ばす必要があります。

スーパーやコンビニにおける文房具の取り扱いが一般化したことで、
よほど使われる機会が少ないものでもない限り、大抵のものが買えてしまう。

どうかすると文房具すら必要とされない場面も増えて来て、
あと数十年もすれば文房具店という言葉そのものが懐かしいものになりそう。

子供だった私にとっての文房具店は、現在で云えばホームセンターでした。
カッターナイフ、画材、彫刻刀、竹ひご、紙ヤスリ、プラ板……。

子供にとって創作の初段階となる、いわば入門アイテムがズラリ。
実際に同じものがホームセンターでも取り扱われているあたり、
文房具店が起点となって「欲しい・やってみたい」が拡大することも。

ホームセンターに比して大きいとは云えない店内も、
子供がぐるっと一回りしやすく何がどこにあるか憶えやすかった。
数十年前に廃業した文房具店の、紙ヤスリ置き場を今も憶えている。

整然と並ぶ各種ボールペンを見て、心だけが少年時代に戻りました。

  1. 2024/01/09(火) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

かわりが欲しい

この日は連休明けということで副業での先週金曜のことを聞いてみました。
通常は木曜日が(おもに私の持ち場だけで)激務であるわけですが、
年明け最初となる先週だけは一日ずれて金曜日になったのです。

私たちの仕事は出社して来る正社員の段取りを済ませておくことですが、
誰かが休めば代わりの補助員が段取りをするか、あるいは放置となり、
放置された現場では朝から正社員が泣きを見る……という具合。

そうして先週は私が休んだわけで、どうなっていたかと云うと、
正社員を気の毒に思ったベテランが代わりに大半を片付けたとか。

私も二つの現場を掛け持ちすることが頻繁にあるため、
単純に作業量が2倍となり、これは非常に疲れます。
できれば、あと一人くらい増員して欲しい。

ともあれ次の繁忙期まで半年となりました。
せめてフォークリフトが運転できる人を増やしたい。

現場仲間に取得してもらうのが一番の近道ですが……頼みづらいなぁ。

  1. 2024/01/08(月) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

終わる時はあっさり

この日は地元で初雪となりました。
そして殆どの場合と同じく積もることなく終わり。
日影が続く場所でもなければ、降ったことすら知らずに過ごしそう。

周囲に遅れること数日の正月休みも本日で最終日。
結局「休み明けに目覚ましのセット忘れ」を見越して解除せずに過ごし、
連休中なのに起こされる三日間の明け方は……平日と変わらんじゃないか。

きっと、三日連休くらいが丁度いいのでしょう。
副業に出ない日は足が浮腫んで感じるし、だらけて過ごしがちです。

修繕を進めたかったけど、あまり進展がなかったのは痛い。

  1. 2024/01/07(日) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

安かったのに

この日も用事の消化です。
こうして平日にできないことを済ませている内に、
どこで休んだのか分からない連休が終わってしまいます。

そんな中、冬用のルームシューズを買いました。
以前にも買いましたが、足裏が薄くて底冷えが上がって来ます。
今回は前回よりも安かったのに、むしろ防寒機能が上です。

良さそうだったので母にも。

  1. 2024/01/06(土) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

反動

この日は年末からの疲れがドっと出たのか、よく眠れました。
副業で冬の繁忙期を体験するのも5回を数えることになりましたが、
いずれ3ヶ月間のつもりで働き始めたことを忘れてしまいそうです。

連休初日ということで───さっそく用事の消化でした。
そして帰宅すると忘れていた用事を思い出す。

ついでに済ませたかったのに……。

  1. 2024/01/05(金) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

繁忙期の名残り

この日は早番でしたが、関連業者が営業を開始したばかりなのか、
全体的に作業量が少なかった一方で───とにかく人手が少ない。
私と同じく三箇日に出社した人が休み始めているからです。

そんなわけで他の現場も手伝うことになりました。
現場仲間も家業が休みなので残業して対応。

さて私は明日からが正月休みです。
副業を始めて以来、できるだけ三箇日は休むようにしていましたが、
これも早番担当になったことで今後は難しくなるかもしれません。

とは云え、明日から3日間は何も気にせず寝坊できます。

  1. 2024/01/04(木) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

気持ちの抵抗力

この日は定休日です。
一昨日、昨日は年末まで(繁忙期)の負担を引きずっていたのか、
本日になって……ようやく新年の雰囲気を味わっている感じ。

そう思って実家に帰ると、今度は飛行機事故を知らされました。
私は昼夜逆転生活で昼間の出来事は夜以降に分かることが多く、
自宅にテレビがないため翌日以降に知ることもしばしば。

年々こうした出来事を見聞きするたび、自分が老いたと感じます。
体力や気力で対抗しうる物事が歳をとるごとに減るということは、
災害や事故に対して何も出来ないことが増えるということ。

今のところ「歳をとったなぁ」と重く感じるのは白髪くらいですが、
身体については主観よりも客観、自覚より他覚が正しいことでしょう。
そうすると、何かあったら何ができるだろうかと考えてしまう。

そして親もそうであったろうと思うたび、亡き父や祖父のことを考えます。

  1. 2024/01/03(水) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

20240101

皆さん、明けましておめでとうございます。
本年もetherおよび七片藍をよろしくお願い申し上げます。

この日は副業のシフト絡みで現場におりました。
明日も出社で明後日は定休日、明々後日も出社が決まっているため、
休みらしい休みとしては5日からとなり一息つく暇がありません。

記録によれば昨年は元旦から体調を崩して寝込んでいたらしく、
それに比べたらマシな年始ではありますが……。

昨年9月から早番担当になったことで負担は増しています。
そして加齢による体調管理の重要性も増したことで、
今後は体調について考えるのは当たり前になるでしょう。

よって"それ以外"に留意することが抱負に相応しかろうと思い、
今年は「計画的に」を掲げて過ごせれば───と考えます。

本年が皆様にとって良い一年でありますように。

  1. 2024/01/01(月) 14:43:58|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

20231231

大晦日です。
明日は副業に出て正月休みは5日からとなりますが、
同時に繁忙期が終わり、ようやく通常の作業量に戻ります。

今年の抱負であった「体を労われ」は、あまり達成できていません。
理由は修繕に傾倒し過ぎている点や、9月からの早番対応でしょうか。
どちらも無視できないので仕方なくはある。

ともあれ今年も終わりです。
お歳暮を贈った大家さんから電話が入ったとかで、
先日のご家族から修繕の画像を見て───

「あんなに綺麗になるなんて」

───との一言があり、心の底から胸を撫で下ろしました。
本年は台所での大掛かりな修繕を完了したこともあり、
今後の修繕にも自信が出て来ました。

本業については書けること(書いていいこと)が少ないので割愛しますが、
新年も温かい目で見守っていただければと存じます。

それではみなさん、よい年越しを。

  1. 2023/12/31(日) 20:33:45|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

七片さんに感謝しなさい

この日は副業の仕事納めです。
明日の定休日を挟んで元旦から出社し、正月休みは5日から。

そして現場仲間と年明けの現場予定を見ていたところ、
週次の激務である木曜日が正月休みの前(4日)だと分かります。
その木曜日にかけて、早くも物量の多さが目立って来ていました。

「たまには木曜日に休んでみたいもんだね」
「あの作業って5日だったでしょ」
「そうだけど」
「5日は金曜日だよ?」

私にとっての木曜日は、早番+激務+残業のトリプルコンボです。
何度も日付を確認しておきながら、5日が木曜日だと思い込んでいました。
なぜか年明け最初の木曜日だけ、あの作業が一日ずれている。

「そうじゃん、5日は金曜日だ! よっしゃーぁ!」
「七片さんが今年一番の嬉しそうな顔してる……」

それくらいの表情だったらしいです。

ところで約2年ぶりくらいに後輩から連絡が来ました。
仕事で私の母校付近に寄ったので、写真画像とともに近況報告。
年内で現在の仕事を辞し、半月の有給消化を経て転職だとか。

一方で友人には電話が繋がりませんが……結婚してんじゃあるまいな。

  1. 2023/12/30(土) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

便利な世の中

この日は母の仕事で配布する年間稼働予定表(カレンダー)を作成しました。
かれこれ十数年ずっと私が作ってプリンターで印刷していたものの、
そのプリンターが不調続きで当てにならないので───

「(そうか、PDF化してコンビニで刷ろう)」

───印刷そのものはコピー機に頼りました。
自宅のプリンターみたいにヘッド位置調整によるズレもない。

「あと何年くらい続けられるかしらね」
「100歳までやったらいいよ」

これも毎年のやり取りです。

  1. 2023/12/29(金) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

放散の7割

この日は悩んだ挙句に散髪しました。
普段の私はスポーツ刈くらいの短髪で、これは自分で刈っています。
ここから1センチも伸びると……急にむさ苦しくなって散髪したくなる。

しかし冬場に刈ると寒くなるため刈るのは避けていたのですが、
どうせ暖かくなるまで長いし、むさ苦しさのほうが耐えられません。

そしてやっぱり後悔しました───40代の体温管理って面倒くさい。

  1. 2023/12/28(木) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

う ご け な い

この日は繁忙期の激務で消耗が激しく、何も手につきませんでした。
年末を過ぎれば一気に通常負担へ戻ることでしょうが……長い。
さらに元旦も出社するので落ち着くのは松の内の後です。

ベテランに代わり週2回の早番に対応するようになって3ヶ月。
とくに負担が大きいのは木曜日なので、どうにか軽くしたい。

あと一人、リフトマンがいるだけで助かるのだけど。

  1. 2023/12/26(火) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

寝てたい

この日は副業での物量が今期2番目の厳しさでした。
と云うのは、1番が私の定休日だったからです。

居残りの顔触れも決まっていて、もう最後は半笑いの状態。
さりとて私たちに許されている就労時間は法律で決まっているため、
その超過分は繁忙期が明けた年明けに休むことで帳尻合わせです。

あと一週間か……ゆっくり寝坊でもしたい。

  1. 2023/12/23(土) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

まだ始まったばかり

この日は副業の現場にて老作業者から柚子をいただきました。
柚子は畑にもあるのですが、いわく「今日は冬至です!」とのこと。
邪気を祓うため柚子湯に入ると良いとか。

そして今日は母の誕生日で、妹が作ったケーキを食べました。
このところ生クリームを口にする機会がなかったので、
母の好物であるマンゴーを挟んだ嬉しい夕食のデザートでした。

私からのプレゼントは、浴室の修繕完了になりそう。

  1. 2023/12/22(金) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食欲には従順

この日は早番+週次の激務曜日+繁忙期の物量で大変でした。
さらに残業2時間で6時間となり、休憩なしでは消耗が激しい。

繁忙期では仕方ないので、とにかく回復に努める。
そんな中、お米が尽きてしまいました。

ここ最近は、妹夫婦を通じて入手した玄米30kgを精米しつつ食べています。
妹の話では「標準精米より八分づきが美味しいよ!」とのことで、
今回は八分づきで10㎏分を精米することにしました。

炊いてみると、少し色が違います。
香りが良く、お味は「コクがある」というのが正直な感想。
妹が「塩むすびが美味しい」というのも分かる気がする。

食べ過ぎてしまうのは……季節もあって不問とする。

  1. 2023/12/21(木) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

腹が減っては

この日は昨日の忙しさで消耗が激しかったらしく、
朝からカレーをドカ食いし、動けなくなって休んでいました。

通常の就労形態であれば途中で休憩なり食事なりを挟みますが、
私の副業では出勤から退勤まで休憩なしで4~6時間となるため、
回復手段と云えば……何か飲むか飴でも舐めるかの2択です。

そんな副業も5年となりました。
たしか3ヶ月だけのつもりで働き始めたのに。

まぁ体は丈夫になったかな、確実に。

  1. 2023/12/20(水) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゆかいな仲間たち

この日はベテランの出社により早番回避でしたが、
忙しさは変わらず年内は同じ調子で進むことになります。

「七片さん明日は───休みか」
「そう、定休日」
「おらんのか寂しいな……寂しいぃー!」

構内に響き渡るような大声で叫んでいました。
現場の回転が分かる仲間となると多くはないので、
軽口を叩く相手が出社しないのは退屈なのでしょう。

60代にそう云ってもらえるのは光栄なことです。

  1. 2023/12/19(火) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

1割でも可

この日はキャッサバの苗作りをしました。
キャッサバは、切った枝を挿し穂として土に挿すだけで苗になります。

ただし日本の気候ではビニールハウス等の保温環境下での越冬が前提で、
気温5℃で生長が止まり、それ以下になると黒ずんで枯れます。
さらにキャッサバは多湿を嫌う植物でもある。

調べてみると、ビニールハウスを用いず屋内での管理を前提とし、
少々の湿り気がある土に包んで保存することで───6割の成功率。

一方で、キャッサバは生長すると大きくなるのが特徴です。
和名の「芋の木」が示すとおり2メートルくらいの低木となり、
それなりに用地確保が必要とされます。

そのため越冬に成功したとしても植えられる数は多くない。
さりとて何本が生き残るかは(初挑戦で)分からないので、
保存と苗の両方で100本くらい用意してみました。

これだけあれば……数本くらい生き残ってくれるのでは。
2階の通路で管理し、ここは10℃くらいの温度です。

どうなるかな。

  1. 2023/12/17(日) 23:59:00|
  2. 菜園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

誰かが割を食う

この日は副業が忙しく非常に疲れました。
作業の一環で不良が生じた場合、専用の機材にて報告処理する必要があり、
タブレット操作を含むため、これは高齢のベテランが毛嫌いします。

それを知っているので大抵は私が処理しているのですが───

「頑張れ! 頑張るんだ七片さん!」
「バカ云ってないで、もう一つタブレット持って来て手伝ってくださいよ」
「やだ!」

───60歳を超える現場仲間から子供みたいな反応が返って来ます。
10分後に同じやり取りをして、なんとか終了しました。

この処理の何が面倒なのかいうと、二度手間である点です。
古い機材で報告処理をした後、タブレット処理にて詳細を入力。
どちらか片方では完了しないのが……とにかく面倒。

事務処理は軽くなったのでしょうが、現場では4倍以上の時間浪費です。
ことに繁忙期となってからは報告の頻度が増えて提出も遅れる。

社会は、あと何世紀が経てば現場を顧みるのでしょうね。

  1. 2023/12/16(土) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

風通し

また記事が滞りました。
年末恒例の繁忙期に入ったことで副業での負担が増加しており、
帰宅して朝食(普通の生活サイクルなら夕食)を済ませると何もしたくない。

この日は木曜に休日出勤したベテランのかわりに早番でした。
繁忙期対応の短期アルバイトとして男子学生が来ています。

私は先週末が休みだったので初めて会いますが、
受け答えがカチコチで可哀そうなくらいです。
不真面目よりはずっといいけれど。

そんな時、大男の現場仲間が割って入りました。
私より8歳若く、現場に入ったのは2年くらい前のことです。

「七片さーん、これどっちの表記が正しいのー」
「手書きの訂正が優先よ、順番的にもそうなる」
「だって元の伝票は2ヶ所じゃん、いや3ヶ所じゃん」

「ちょっと今アルバイトの子に説明中なんだから待ちなさい」
「あのね、この人(七片)の云うこと信じちゃダメだよ」
「彼に嫌なことされたらケツを蹴り上げていいからね」
「あはははは!」

中年同士のやり取りに、アルバイト君は大笑いして緊張が和らいだ様子。
2年前、現場仲間が初めて入った時にも同じやり取りで打ち解けました。
彼はそれを憶えていたのでしょうか。

アルバイト時代の体験って、その後の労働に対する認識を左右すると思います。

  1. 2023/12/09(土) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

巧遅より拙速

この日は副業で予定外の早番でした。
もともと繁忙期では少し早めの始業が容認されているものの、
月曜日は出入りの業者が遅いため早く出社する意味が薄い。

……と云うのは建前で、実際は人手不足でギリギリのところです。
そのため「出社できる人は」早番に対応することになったわけですが、
前述のとおり繁忙期のみの特例で、現場判断の初回でした。

よって私の準備もできていない。
車を出そうとしたところフロントガラスが凍り付いていました。

ほかに出社するのは現場仲間の一人なのでLINEを入れてみます。

「まだ出てないのー? 早く来てくださーい、寒いでーす」
「シャッターの前で踊っててよ、全裸で」
「いいの、踊りますよ」
「警察呼ぶぞ」

よく分かってくれる仲間で大変結構。
1分遅れただけで、ほぼ問題はありませんでした。

年末までは、こんな感じが続く見通しです。

  1. 2023/12/04(月) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

そうは云っても

早くも12月です。
この日は明日の土曜を休むかどうかの相談となりました。
昨日の話では「頭数が十分なので休んでも問題ない」とのことでしたが……。

「俺は正直に云うと出て欲しい」

ベテランは急な負担増を警戒している様子でした。
しかし私の就労時間が限界に近いこともあって悩みどころです。

繁忙期の特別措置として、超過もやむなし───となる見通しですが、
あえて人手が揃っている日に出ても、どうせ残るのは私だけ。
体力を温存する意味でも休める時は休みたい。

そんなわけで明日は休みとなりました。
ここで稼いだ時間は、ぜひとも修繕の前進に……。

しまった、塩ビ管の件を考えなくては。

  1. 2023/12/01(金) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カメムシみたい

この日は木曜日に次ぐ激務曜日ですが、とんでもない日でした。
まず早番だったので1時間早く出社すると……既に出入り業者が入っている。

「ごめんね、何時に来た?」
「ちょっと予定が変わって、20分前くらいっスよ」
「3時台の人は?」
「それが……」

最初に到着する業者が現れず、2番目が来てしまっています。
順番そのものは入れ替わっても問題ない一方で、この後が厄介でした。
業務内容の3割ほどに遅れが生じ恐らくは責任問題となるはず。

こういう事態を避けるのが上層部の采配であるはずなのに、何をしてたんだろう。

そんな中、新しい作業用ヘルメットが支給されました。
耐用年数を過ぎて使用してはいけないので、私が支給されるのは2回目。
古いものは持ち帰って自宅修繕で必要な時に被ろうと思います。

……裏庭の木を剪定する時とか?

  1. 2023/11/28(火) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

成功の秘訣は調整

この日は副業が立て込んで面倒でした。
私の持ち場では補助員が最大7人で、他の持ち場より多いです。
理由はシフトのバラつきによるもので、これが度々問題になります。

人員を1~7までの番号(3番が私)で書き出してみると……

・月曜───2346
・火曜───1234
・水曜───1245
・木曜───1345
・金曜───1234
・土曜───23567
・日曜───1567

この出社傾向において、5~7番が週末に集中しています。
そして6番が月曜日に出社するのは、せいぜい月に1~2回。
5番と6番は二人揃って休んだり、5~7番の全員が居なかったことも。

これら7人の中で残業対応するのは3番(私)だけ。
5~7番はシフトが少なく繁忙期であっても残業しない。
結果どうなるのかと云うと、私に残務処理が集中します。

問題は、よその持ち場より2~3人ほど増員している点です。
負担は似たり寄ったりですが、頭数ばかり多くて結果が伴わない。
シフトが少なくても交通費は出る以上、無駄が多いわけですね。

他の持ち場から苦情が来ていることでしょうが、
それは5~7番が対象となるでしょうし、私は例外。

よその持ち場に貸し出すべきだな……これは。

  1. 2023/11/27(月) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新品は年明け用に

この日は妹や母を乗せて外用の消化です。
副業は就労時間の限界が近いものの結局は出社となりました。
この超過が尾を引かなければ良いのですが、私にはどうしようもない。

妹の用事は服を買いに行くことで、私のインナータイツも買ってくれました。
いわく「誰かに買わないと自分の買い物だけになる!」だとか。
妹なりに気を遣っているということです。

義弟が休日出勤の日などは、こうして私が代わりに車を出したりします。
どうせ自分や母の用事を兼ねるので、あれこれ済んだほうが合理的。

とは云え、排水口の件はどうしたものか……。

  1. 2023/11/25(土) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

う ま い

この日は昨日の収穫であるキャッサバを持って副業に赴き、
現場仲間であるブラジル人さんにお裾分けとして渡しました。

「こっちが茹でたやつで、あとは生のままね」
「すごい!」
「ちなみにすり下ろして使ったりする?」

「ないねぇ、遅くとも翌日までに火を通しちゃう」
「そうなの? たしかに茹でたやつは美味いけど」
「茹でたら、ちょっと砂糖かけて食べても美味しいよ!」

たしかに芋とは思えず、もはや漉し餡(こしあん)に近い。
そして漉し餡よりも滑らかな舌触りでした。
新たな利用法を模索したいです。

ともかく喜んでもらえて良かった。
ローストビーフの返礼になったでしょうか。

ところで義弟を経由して玄米を購入し、初めて精米してみたのですが、
こんな田舎町にあるコイン精米所が24時間営業であることに驚きました。
標準精米にしてみたと妹に報告してみる。

「私は八分付きが美味しいと思うよ~」
「そうなのか」
「塩握りも美味い!」

ここ最近は茶碗一杯だった母が、おかわりしました。

  1. 2023/11/23(木) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

冬越し準備

この日は修繕の予定をとりやめて畑でキャッサバを収穫しました。
キャッサバとは熱帯原産の低木で、根は芋として食用されます。

身近な例ではタピオカの原料として知られ、和名はイモノキ(芋の木)。
私の周囲では、ポルトガル語圏(ブラジル)の人は"マンジョカ"と呼び、
スペイン語圏(ペルーやボリビア)の人は"ユカ"と呼ぶとか。

芋の皮と芯の部分には毒素が含まれますが、新鮮なものほど皮が剥きやすく、
タケノコの皮みたいにバリッと簡単なので素人でも対処しやすいのが特徴。
甘味種と苦味種があり、前者に近いほど毒素が低いそうです。

生産農家が少ないのか日本のスーパーで見ることは(少なくとも私は)稀で、
副業の現場仲間であるブラジル人さんいわく───

「七片さんマンジョカ作るといいよ、高く売れるよ!」
「そんなに高いの?」
「私が買った時は1本600円くらいだね!」

───とのことで驚きました。
昨年末に来ていたアルバイトのブラジル人女性の話によれば、
1kgあたりでは最高で800円であったと聞いています。

責任は取れないし売るつもりもなく、自己責任のもとお裾分けする予定ですが、
知り合いのペルー人が畑で育てたところ、苗ごと盗まれるほど需要がある様子。

その知り合いから苗をいただいたのが今年の4月。
スクスクと生長して害虫もなく、ハヤトウリで大打撃を受けた我が家としては、
年内の収穫物で唯一「どれだけ採れるか」が気になる野菜でした。

ただし植えたのは東から西へと並べた3本だけで、収穫期がハッキリしない。
この内、西側の一本は2メートルを超える高さにまで生長し、
東と真ん中は少し小さかったので、これらを収穫することに。

持ち帰って皮むきを終えると一部に黒い筋が入っています。
調べたところ、この筋は「収穫が遅い・不味くなる」の目印となるそうで、
母とともに急いで畑へ取って返し、全て収穫してしまうことなりました。

畝(うね)を立てずに植えたので収量は少ないものの、とにかく"強い"。
地上茎の直径は100mmを超え、暴風にも倒されることなく地面に食らいつきます。

固い土壌にも根を張って「まだあるの?」と驚くほどの大きさになり、
はじめての収穫としては上々で、知り合いにお裾分けする分は確保。
キャッサバの弱点は寒さで、時期としてはギリギリの収穫となりました。

皮むきの後は茹でて芯を取り除きます。
茹でると縦に裂けはじめ、これが「もういいよ」の合図。

「ほんのり甘いわね」
「裏ごしした後のサツマイモって感じだ」

繊維質を感じさせるのは除去した芯の部分だけで、滑らかさが凄い。
芋と云うよりは餡子(あんこ)で、そのまま饅頭か何かに使えそう。
これは……ぜひ来年も栽培しなくては。

しかし問題は越冬の難しさで、成功例でも半分がダメになるとか。
基本的にはハウス栽培が推奨され、個人レベルでは実現が困難です。

むむむ、どうにかならんか。

  1. 2023/11/22(水) 23:59:00|
  2. 菜園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

肉の旨味

この日は就労時間の調整で休みです。
もうじき繁忙期が始まるので超過は避けたい。
具体的には2ヶ月連続の超過だけは避ける必要があります。

そんな本日は外用で、先日のローストビーフを妹に渡したところ───

「うまい……」
「その厚さで食うことは少ないだろうな」
「スパイスが……スパイスが……」

───大層な喜びようでした。
一人で楽しむのは忍びないと、義弟の帰りを待つらしいです。

「それで何か料理を作ったら、撮って送ってくれ」

妹は上手く調理できると撮影して送ってくれることがあるので、
ぜひとも現場のブラジル人さんに見せてあげたい。

そして私も食べなくては。

  1. 2023/11/18(土) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

七片 藍

Author:七片 藍
フリーイラストレーター

当ブログについて
:本家[ether]
:mixi[499935]
:Twitter[Nanahira_Ai]

カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カテゴリ

絵:執筆情報 (73)
ソーシャルゲーム系 (29)
TCG系 (17)
書籍系 (19)
絵:個人作品 (14)
トップ等 (10)
聖域 (1)
悪魔 (1)
神威 (1)
ほか (1)
日常 (4161)
菜園 (690)
創作 (96)
疑問 (4)
ゲーム (29)
スポーツ (2)
探しもの (8)
生物 (58)
DIY (643)
修理 (44)
リフォーム (347)
未分類 (2)

検索フォーム

最新コメント

月別アーカイブ

QRコード

QR