第27緑化地区

フリーイラストレーター七片藍のブログ/第27緑化地区

新手

捨て貼りの修復(後半)の開始です。
処分してしまった捨て貼りの表層は、厚さ3mm。
先日、破格で購入した3mmベニヤの出番となります。

捨て貼りの大きさは、およそ910×300mm。
ベニヤは1820×910mmなので切り分けるのは簡単です。

さて、この作業とは別に気になっていることがあります。
昨日の作業で固定した一部の捨て貼りを踏むと、ギシギシ鳴る。

こうした床鳴りの原因は幾つか考えらるそうです。

・フローリングの固定が甘くなり、浮いた箇所を踏むと鳴る場合。
・フローリングの繋ぎ目(「実(さね)」)で鳴る場合。
・床材を留めている釘と床材との摩擦で鳴る場合。

・床組み(根太や大引き)が軋んで鳴る場合。
・シロアリの被害が出ている場合。

……などなど。

フローリングの繋ぎ目で鳴るものを「実鳴り(さねなり)」と呼び、
四方の継ぎ目は凸部と凹部の組み合わせで繋がっているため、
この継ぎ目で摩擦が起こってギシギシとなるわけですね。

ところが、今回の鳴りは原因が分かりません。
思いつくのは「新しく追加した根太に固定した捨て貼り」です。

新しい角材である根太の表面がツルツルしている反面、
捨て貼りは古い板材なので、摩擦の相性が合わないのでは……と。

今一つは、追加した根太が載っている大引です。
新しい根太は、キッチンの出入り口から数えて1本目と2本目に渡し、
1本目の大引は、出入り口の敷居の真下にあって見えません。

ただ載せているだけで固定していない(できない)ので、
踏むたびに角材(根太)がずれて鳴るのでは……という推測。

鳴りを抑える注入材は市販されていますが、
原因が実鳴りなのか、あるいはそれ以外の原因なのか、
それによっては注入材を使っても意味がないので思案中です。

本当、色々あるんだなぁ……当たり前ですがプロは凄い。

  1. 2020/12/02(水) 21:10:12|
  2. DIY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「お前なら出来るさ」

早くも12月……副業では繁忙期に突入しました。
そして引っ越してから再び冬になったという感じもします。

さて本日は床束を固定し、一部の捨て貼りも固定しました。
捨て貼りの固定は、私が追加した根太に対してだけです。
出来るだけ既存の床組みには手を加えたくない。

固定した結果、これまでブカブカと沈み込んでいた床(捨て貼り)は、
感覚的には、しっかりした分厚い板を踏むようで気持ちがいい。

キッチンの「床の沈み込み」は、分かっているだけで十数ヶ所あります。
程度の大小はあれど、キッチン内を行き来するだけで不安になり、
酷い箇所は片足で立てば間違いなく踏み抜いてしまうでしょう。

この作業に着手してから、キッチンの冷蔵庫や奥の浴室等、
キッチンを介して移動するたびに沈む床を踏んで歩くため、
沈むぬ床を再現できたという実感は、ちょっとした感動です。

ただし、これは数段階ある内の最初に過ぎません。
とは云え、床束を仕込んでの最も難解な工程を終えたので、
今後は少し楽になるのでは───と考えます。

やっと……ここまで追い詰めたぞ。

  1. 2020/12/01(火) 21:50:00|
  2. DIY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

定価という負担

あまり眠れていないので今日は作業なし。
さて、床修繕も(部分的に)煮詰まって来たので、
そろそろ最終工程のフロアシート購入も検討せねばなりません。

「部分的に」と云うのは、現在の作業は食器棚の予定地に集中しており、
作業空間を確保するためにも、まず食器棚を移動できる状態まで進め、
さっさと移動させた後は、隠れていた壁の再塗装にも着手できるからです。

移動さえ済ませれば、段ボール箱に入ったままの食器も収められます。
何らかの理由(資材の不足等)で床修繕を一時休止する場合も、
かわりに壁の塗装を進めれば時間を浪費せずに済むはず。

一方でフロアシートの単価は800円前後/メートル。
キッチン全体を覆うには、構造用合板と同じだけの面積が必要。

う~む……1万円くらいは必要かな。
これまで、ベニヤ、角材、接着剤、塗料、シーラーと色々購入しましたが、
まともな価格で購入しているのは、シーラーと木ネジ等の小物くらいでしょうか。

ほかはリサイクル店にて業者が処分したらしき新古品で済ませ、
最も大きな資材である構造用合板でさえ半額以下で購入しています。

リサイクル店でも"端切れ"という形でフロアシートを扱ってはいますが、
面積としては僅かで、しかもキッチンでは使わない種類もあるため、
同じ色柄で統一しつつ必要量を満たすのは困難です。

よって、リサイクル店のフロアシート(端切れ)は期待できません。
こればかりは普通に購入せねばならず、安価で済ませられないわけですね。

ひとまず家族に相談して「これ」というものは選びましたが、
肝心の修繕が終わったわけではなく現在進行形です。

正月までには終わらせたいけど、本業と副業の繁忙期で厳しそう。

  1. 2020/11/30(月) 23:46:46|
  2. DIY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

展示品のみ・お買い得!

今日は色々と買い出しに行ったので、作業らしい作業は出来ませんでした。
その代わり、捨て貼り用の薄いベニヤ板を安価で入手できています。

捨て貼りの修復は大半を済ませたものの、一部は処分してしまったので、
これを修復するには新たにベニヤを貼るしかありません。
その厚み、約3mm。

別用で購入していたベニヤも薄いので使えるかな……と思ったものの、
ノギスで測ると2.5mmで、ちょっと薄すぎるので使えません。
これで修復してしまうと僅かに高低差が出来てしまう。

それではとホームセンターを頼ったものの、3mmは妙に高い。
その上となると4mmから始まっていて、合わせるには削るしかない。
薄い板材を、さらに(均等に)薄くするにはペーパーサンダーしかない。

そしてペーパーサンダーは壊れている!

どうしてくれようかとリサイクル店の資材倉庫を覗くと、
2.5mmよりは厚く見えるベニヤが一枚だけ残っています。
これを買って帰ったところ、厚さ3mmでした。

3×910×1820mmのベニヤ───ネットで調べると大体¥1760から。

わぁ、330円で手に入ってしまった。
1枚でも十分な面積なので、これで修復は全て解決です。

粘ってみるものですね。

  1. 2020/11/29(日) 19:37:00|
  2. DIY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

そっと忍ばせる

今日もそこそこ忙しかったです。
8月と年末は繁忙期であると分かってはいますが、
膝が笑うまで動き回ると帰宅までの自転車がきつい。

さすがに疲労困憊なところに空腹が重なったため、
ドカ食いに近い食事を摂ったところ、今度は強烈な睡魔。
もう体が休めと云っているのだから逆らいません。

そんなわけで本日の修繕は、場所によって浮いている箇所の修正だけです。
2.5mmのベニヤがあるので、その端材を使ってスペーサーを作りました。

スペーサーとは、物と物の間に挟む下駄のことです。
例えば机の脚が一本だけ短い場合、他の脚を切り揃えても良いですが、
他に合わせて下駄(薄い板)を噛ませ、長さを揃えれば良いわけですね。

ある大工さんいわく、しばしば───

「直角だと信じていたけど鈍角、
 真っすぐだと信じていたけど曲がってる」

───それが建築物というものなのだとか。

そうして隙間が空いたところに体重が掛かれば凹みますし、
何度も続けば割れたり折れたり、隙間風が入ったりするのです。

じっくり調べてみると、ちょっとした隙間は音でも分かります。
上から床板を叩いてみて、乾いた衝撃音がしたら隙間あり。
ドンと鈍い音がしたら根太との隙間はありません。

明日で固定できるかな。

  1. 2020/11/28(土) 20:20:55|
  2. DIY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ギュイィィィン……

どうやら昨日の仕事量は通常の2.5倍くらいだったようです。
私にとっては1時間ちょっとの残業ですが、あまりに密度が濃い。
人間って、集中していると信じられない作業量も消化できるのですね。

ところで本日はリサイクル店に資材を期待して行ってみたところ、
根太に使える45mm角の材料があったので買うことにしたのですが、
4メートルもあるので(せめて半サイズまで)切る必要がありました。

こういう時に限って車にノコギリを積んでいない。
資材を期待して車を出したのに用意が悪い……反省しよう。

仕方なく店員さんにノコギリあれは借りられるか尋ねると、
「ノコギリはないけど丸鋸ならあります」と返されました。

現在、根太は1メートルあれば最低限の修繕ができます。
頑張れば2メートルを仕込むことも可能であると判断し、
搬入ゲート側で道具を借りて半サイズに切断しました。

丸鋸を借りてまで持ち帰る客は、そうそう居なかったでしょう。
そうして6本の2メートル角材を持ち帰り、再び作業開始。

少しずつ、自分と作業を追い詰める。

  1. 2020/11/27(金) 23:59:00|
  2. DIY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

背水に生兵法

昨日の記事のとおり、大引に載る部分だけ削る形に変えました。
ただし電動カンナのような切削機械はありません。
よって───

鑿(のみ)と木工ヤスリしかない!

───ということになりました。
しかし鑿なんて使ったことがないので、とにかく慎重に進めます。

加工した新しい根太を大引から大引に渡して掛ける。
両隣の根太に定規を当てれば、高さの違いが確認できます。

新しい根太を中心に、グラグラと安定しないなら削り足りない。
安定しても、新しい根太と定規の間に隙間が出来たら削りすぎ……という具合。

何度も調節する内に、なんとなく鑿の使い方も分かって来ました。
もちろん正確な数値が出せるほどの練習にはなっていませんが、
粗く削り取る程度なら「どういう道具なのか」が分かる。

とは云え、相手は捻じれた大引と撓(たわ)んだ根太です。
理屈で正確な数値を求め、運良く近いものが実現できたとしても、
取り付けてみると見当違いだったりして全く信用ならない。

こうなると、もう自分の気が済むまでやるしかありません。
業者に任せればプロの仕事として安心できる水準を得られますが、
自分で始めた以上、誰かの所為には出来ないので後がない。

やれるだけやってみよう、本業と同じなんじゃよ。

  1. 2020/11/24(火) 19:20:40|
  2. DIY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あなたに合わせる

キッチンの出入り口付近のみ床束を固定し、根太も固定しました。
根太はキッチン全体に敷かれているため全てが修繕対象になりますが、
床束を仕込むのは、出入り口と食器棚の移動先のみです。

さて、根太については色々と分かって来ました。
30cm間隔の間に新たな根太(45mm角)を追加するにあたり、
元々の根太は数mmほど低いと書いたのは昨日のこと。

新たな根太は既存の根太の間に置くため、一本おきに追加されます。
つまり根太の高さは「高い→低い→高い→低い……」と続くわけで、
何本かまとめて定規を当てれば、高低差で一本おきに隙間が出来るわけです。

本日も新たな根太を追加しようと電動カンナで削っていたのですが、
あと何mmを削れば高さが揃うのかとノギスで測っている時、
大引と根太の間にも僅かな隙間があることに気づきます。

これは……。

大引に水平器を置いてみる。
大引に対して左右ではなく直角に。

すると、幅100mmの大引が傾いていると分かりました。
左右に傾いているのではなく、軸が傾いているのです。
極端に云えば、四角形□ではなく菱形◇です。

おそらく東側の地盤が沈んでいるためでしょう。
2階でも僅かに床が傾いています。

これでは、いたずらに根太を削ったところで時間の浪費になる。
何より大引との接触面が「面ではなく線または点」になるので、
上からの重量を支えるには負担が集中してしまいます。

斜面で椅子を垂直固定するため脚を切りそろえるような感じに、
(根太の全体にカンナを掛けるより)接触部分だけを加工すればいい。

この場合はカンナより木工ヤスリの出番かな?
それとも鑿(のみ)でしょうか。

……後者で十分かも。

  1. 2020/11/23(月) 19:48:46|
  2. DIY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

恐れは乗り越える

午前中から夕方まで、殆どを床修繕に費やしました。
調べた結果、もとの床に敷かれている根太(角材)は寸法が異なり、
私が調達した角材(45mm角)を少し削る必要が生じました。

玄関にてカンナで削り続け、鰹節(おがくず)だらけになりつつ、
たびたび寸法を確認しながら再び削る……。

時間がかかり過ぎる!
資材を運び入れると次第に作業空間の確保が難しくなります。
よって一気にカンナ掛けすることも思うようにならない。

あれを使うしないのか。

件の電動カンナは、あれから触っていません。
しかし物置の中に説明書やら残っていたので取り出し、
箱の中には「平行定規」という専用金具が入っていました。

これは任意の寸法で一直線にカンナ掛けするためのものです。
直角を維持するので傾くこともなく、そしてコースがずれない。

そして前回は扱って間もなく怪我をしたため知らずにいましたが、
電動カンナは「押して」使うため、そこも勝手が違います。
しかし作業時間の短縮には避けて通れない。

結果……すごく楽でした───そして怪我はしていません。
ただしダストバッグ(集塵袋)を取り付けなかったので、
作業空間は細かい鰹節で一層ひどいことになりましたが。

ようし、やる気が出て来た。

  1. 2020/11/22(日) 21:12:09|
  2. DIY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

工具って素晴らしい

床束とは、突っ張り棒のように伸縮する棒の両端(上下)に支持板があり、
上は(大引などの)角材を持ち上げ、下は地盤と接地させます。
角材と地盤の間で突っ張ることで、床の沈み込みを回復させるものです。

地盤側で束石という土台に立て、専用接着剤などで固める一方、
支持板は木ネジで固定する必要があり、それは上方向にネジを立てます。

そう……上方向に。
本来は床下に潜り、仰向けになって作業するところですが、
床板を剥がしても30cm間隔で根太が並び格子状になっています。

唯一、床下収納のハッチからは簡単に潜ることが出来るものの、
ハッチから作業箇所までは2.5メートル程度ある。
そして寝返りを打てるかどうかという高さ。

これを這って移動するのは困難です。
よって、可能であれば床上からネジを立てたいわけですが、
根太と根太の30cm間隔から入れるのは───子供くらい?

床に這いつくばり、根太と根太の間から覗き込むように頭と片腕を入れ、
電動ドライバーで上方向にネジを立てる……相当きつい姿勢です。

疲れる! 首がどうにかなりそうでした。

なんとか楽に行かないものか……と考えていたら、
いつ頃に買ったのかも忘れてしまった工具を思い出す。

フレキシブルシャフト。
通常のドライバーは軸(シャフト)をネジ頭に真っすぐ突き立てますが、
フレキシブルシャフトは180度方向まで"ねじ曲げる"ことが出来ます。

そしてシャフトは回転も伝達可能です。
よって床上でも「床下からドライバーを突き立てる」ことが可能。
幾らで買ったんだっけ……多分300円くらいかな。

床下に鏡を設置し、反射で支持板を見つつ床上から作業。
フレキシブルシャフトでネジを立てる───成功。

なんとか床束を仕込み終えました。

  1. 2020/11/20(金) 19:04:38|
  2. DIY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

七片 藍

Author:七片 藍
フリーイラストレーター

当ブログについて
:本家[ether]
:mixi[499935]

カレンダー

11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

絵:執筆情報 (67)
ソーシャルゲーム系 (28)
TCG系 (14)
書籍系 (18)
絵:個人作品 (14)
トップ等 (10)
聖域 (1)
悪魔 (1)
神威 (1)
ほか (1)
日常 (3670)
創作 (86)
DIY (188)
菜園 (620)
疑問 (3)
ゲーム (27)
スポーツ (2)
探しもの (6)
生物 (51)
未分類 (2)
修理 (8)

検索フォーム

最新コメント

月別アーカイブ

QRコード

QR