第27緑化地区

フリーイラストレーター七片藍のブログ/第27緑化地区

蚊は元気

手すり製作の第2段階。

結局、手すりは当初の予定に追加する形で少し大掛かりとなり、
柱Bに縦棒を取り付けただけの形からL字に、さらに下へと伸びて行き、
上がり框(かまち)に足をかける踏み台と一体化することに。

……説明が難しい。

ともかく少々"工期"を延長することになったので、
本日は塗装済みの資材にニスをかけるなどして作業を終えました。

入梅したことで作業環境に蚊が入ってきています───かゆい。

  1. 2018/06/08(金) 00:00:00|
  2. DIY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

試行錯誤

手すり製作の続き。
釘や木ネジ、接着剤を使わずに柱を固定するのは手段が限られます。
すなわち、はめ込みや楔(くさび)といった手法が用いられるわけですが……。

現在は、扉枠の内法ぴったりに合わせて切った木材を柱Bとし、
これを内法にはめて、ハンマーで叩き込んで柱Bを固定しました。
その柱Bを土台として手すりを取り付けています。

ただし、はめ込みが固定しているのは柱Bの上下端だけです。
手すりに体重が掛かると、はめ込みは簡単に外れてしまいます。
木材そのものが「しなる」ことも理由のひとつ。

そこで、より固定を強固にする必要がありました。
同じ要領で木材を水平に噛ませ、柱Bの上端に木材をはめ込みます。
これで上端は横方向からの押さえが働き、多少は固定が強まるはず。

しかし、これらは物体が他の物体を押しのける力のみです。
釘や木ネジを通したわけではないし、接着剤で面を接合したわけでもない。
物理的に「(柱Bが)外れること」を防ぐ方法としては今ひとつ。

そこで、外れる方向に障害物を設ける手段を選びました。
ここからは説明が難しいので解説は避けますが、
外れる可能性は6割が4割くらいまで減らせそうです。

昨年は竹垣、今年は手すり、来年は何だろう。

  1. 2018/06/03(日) 23:59:00|
  2. DIY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

創意工夫

手すり製作の半分くらいを終えてきました。
「半分くらい」というのは手すりそのものが完成したという段階で、
あとは取り付けの問題が残っており、こちらが本番になりそうなのです。

手すりは玄関と仕事場を隔てる開き戸の反対側にある柱に取り付けますが、
事情があって柱そのものに釘やら木ネジやらを使えません。
体重がかかる手すりには文字通り荷が重い。

枠の内法と同じ長さの木材を用意し、枠にはめ込む形で新しい柱Bとし、
その柱Bに手すりを取り付けたわけですが……。

所詮ギチギチにはめ込んだだけのことですから、体重をかけると外れます。
角材は上下の圧縮には強くとも横方向からの加重には弱い。

「姿勢を崩して、とっさに掴んだ手すりが柱Bごと外れる」

これは最悪です。
バリアフリーを目的として設置しているのに、その意味を成しません。
さて、どうしたものか……頭を使え七片。

その一方で、綿密に計画を立てて行動する妹が活躍し、
実家で母の悩みでもあった冷蔵庫の整理を綺麗に終えていました。

うぬぬ、兄は負けんのじゃよ。

  1. 2018/06/01(金) 23:59:00|
  2. DIY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自分で選ぶ 自分でやる

母の仕事場に来客用のバリアフリー目的で手すりを作ることになり、
幾つか必要な部品があったため、ホームセンターへ行きました。

ホームセンターは痒いところに手が届く資材が豊富に扱われている反面、
単価としては割高になるものがあり、今日の買い物もそれでした。
「規格が合うから」とカゴに放り込めば予算が合いません。

頑丈な手すりを取り付けるにあたって木ネジを使う必要がありますが、
土台となる木材は、手すりの固定具よりも幅が狭くなっています。
ここにネジを挿すと土台が割れてしまいかねません。

そのため、土台の上に幅の広い別の木材を挟みます。
固定具→幅広の木材→土台の木材という順番。

まず土台に幅広の木材を固定し、その上に固定具を取り付け。
土台と幅広の木材は同じ塗料でまとめてしまえば、格好もつくでしょう。
問題は、どうやって幅広の木材を調達するか。

昨今のホームセンターでは加工サービスも提供していますが、
たった2枚の木材を加工するために、木材を買って加工費まで払いたくない。

そこで、端材を買うことにしました。
端材とは、加工サービス等で生じた材質・寸法ともにバラバラの木材です。
大抵は端材のみを放り込んだガラクタの山みたいな扱いを受けています。

バラバラなので、たまに質の良い木材も含まれることが長所。
せいぜい積み木を作れるくらいの端材でも、目的が合えば価値は変わります。

探してみたところ使えそうな木材がありました。
1個30円なので、2つで60円。
あとは木ネジを調達して終了。

やれやれ、今年も木くずにまみれて作業するのか……。

  1. 2018/05/30(水) 23:59:00|
  2. DIY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

育ちは悪くとも

白菜の価格高騰について扱ったネットの記事を見かけますが、
一方の我が家はと云うと、育て方が良くなかったせいで小ぶりです。

野菜には在圃性(ざいほせい)という概念があり、
「収穫しないままでも食べることができる状態」を指します。
分かりづらいですが───

・「在圃性が低い」
 早く収穫しないと傷んだり枯れたりするもの。

・「在圃性が高い」
 収穫せずに畑で放置(または少しずつ収穫)できるもの。

───こういうことです。

白菜は、食べることができる状態でも収穫せず畑で放置できる期間が長く、
しばらく生きているため、鮮度を落とさず利用できる野菜であるわけですね。

これに対し、トマトやキュウリ等は水分が多くて常温では数日で傷みます。
さっさと収穫して食べるか、または冷蔵して保存期間を延ばす必要があり、
こうした野菜が「在圃性が低い」と表現されます。

今回の白菜は菜園仲間の厚意で数十本の苗をいただけたものの、
育て方が悪く、ぎっしり結球せず密度の低いものとなってしまいました。
それでも白菜を買わずに済むのは、上記の在圃性に救われただけの話です。

とうとう千円に近い値段になったと聞きましたが……危うし、危うし。

  1. 2018/02/09(金) 23:59:00|
  2. DIY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小さな心臓

また冷え込んできました。
耳たぶの霜焼けによる皮膚炎が治ったばかりなので、もう勘弁してほしい。

本日は、昨日に入手したボタン電池で母の腕時計を復活させています。
今日びのボタン電池は100円ショップで購入できて便利ですが、
様々な型があるので───

「え~と、626……626……ここにもないか」

───その日は市外で買いました。
それにしても腕時計はスカスカな内部に対して電池が小さいものが多く、
その電池の入手が面倒となると、買い物で無駄足を踏むことが増えます。

昨年は私の愛用であるCASIO-PROTREK(PRT-50)を復活させましたが、
使用するボタン電池は、どこでも扱っている"CR2016"という型です。

裏蓋を開けてしまうとパッキンの水密性が失われるため、
本来の電池交換は数千円を支払ってメーカーに出すべきものですが、
もう古いし、パッキンにシリコングリスを塗って一応の対応としています。

昨今は携帯電話の普及で腕時計を着けない人も増えましたが、
私は手元の作業が多く、副業の現場では全ての時計が微妙に狂っており、
おまけに高い位置に設置してあるため、誰も修正しようとしません。

そんな座って休む暇もない現場では、やはり腕時計が便利です。
アラームも鳴ってくれて仕事を終える時間も知らせてくれます。

ただ、針が金色ってのはいただけないな。

  1. 2018/02/04(日) 23:59:00|
  2. DIY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

寒さの長短

2月です。
殆ど休みを意識することがないまま正月を終えたせいなのか、
ここまでの一ヶ月が2週間くらいに感じます。

また雪が降るという予報は外れて小雨に留まりました。
湯沸かし器や洗濯機に止まられるのは困るので助かりますが、
ふと畑のハマスゲを思い出し、どうなったか考えてしまいます。

現在、借主からの連絡で作業は中断している状態です。
目的は聞いていませんが、面積の半分を粗く耕し残りは手付かず。

除草剤を通常の噴霧器で撒くと枯死の範囲が拡がるため、
春を待って生えたハマスゲに直接塗布するのが良いので、
今のところは放置が良いかもしれません。

その場合、真っ先に試したいのが手付かずの半分です。
耕した半分で凍結の枯死が期待できれば、除草剤も半分で済みます。

夏までにやりたいことが沢山ある!

  1. 2018/02/01(木) 23:59:00|
  2. DIY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

水のトラブル298円

しんしんと降る雪は朝方まで続いて正午には殆ど消えてしまい、
買い物中の車内では日差しのおかげで暖房いらず……極端すぎます。

一昨日の朝、副業から帰宅して浴室で歯を磨こうとした時のこと、
コップに水を注ぐ前から、明らかに水道を使う音がしていました。
隣室は空き部屋なので自室であることが分かります。

まさかと思ってベランダに出ると案の定でした。
洗濯機のホースに連結された蛇口用ニップルが凍結で破裂し、
噴水のように水を噴出し続けていたのです。

前日の洗濯で導水を止めておかなかったのが原因。
副業に向かう前には無音だったので、長くて3時間は噴出していたことに。
洗濯機は直射日光を浴びるので、紫外線による劣化もあるでしょう。

そんなわけで本日は新しいものと交換しました。
結局、2週間前のホース交換と含めて立て続けです。
たしか蛇口用ニップルの交換は2回目だったような。

もう洗濯機の導水まわりには保護テープでも巻こうかな……。

  1. 2018/01/26(金) 21:57:00|
  2. DIY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

薄氷のように

結局、お風呂に入れないまま健診を受けることになりました。
体重は2.5kgほど痩せることが出来たようで、まずまず。
ちなみに湯沸かし器が復活したのは正午です。

そんな本日、母の仕事場に人形を飾ることになりました。
その人形に合わせてガラスケースなど見繕いたいところですが、
まともに買うと高いし、かと云って昆虫の飼育ケースなんて品がない。

何かないかとリサイクルショップを頼ってみたところ、
「あれはどうだろう」と思っていたのが日本人形のコーナーでした。

昭和の頃は、誰の家に行っても一つは置いてあったように思います。
ガラス張りの木枠に入った着物姿の人形が1~2体。
大抵は高い位置に置いてあって天板にホコリが積もる。

「不気味で嫌い」とか「処分に困る」と云う例も多く、
住居の洋風化が進む昨今では数を減らしています(私は平気)。
よほど高価なものでもない限りリサイクルショップでは投売りされるのです。

ガラスケース込みなので、それを利用するため買うことになりました。
しかし天板ガラスが汚れていたため取り外してキッチンで洗い、
乾かすために日向で座布団の上に置いておいたところ───

<<パキャン>>
「ひゃっ、なに?!」
「しまった……あぁぁ~!!」

───そうとは知らない母が踏み抜いてしまいました。
背後で何が起きたか悟った私は、振り向くよりも突っ伏して頭を抱えます。

厚さ1.5mmくらいなので指で小突いても割れるのです。

「だって知らなかったから……ごめん」
「いいや、云うつもりだったのに忘れてた僕が悪い」
「全く気づかなかったの」
「母さんは悪くないよ、そんなところに置く奴が全面的に悪い」

ただでさえ塗れたガラスは透明度が増します。
まして足元に置くなんて、お粗末にも限度があるというものです。

もうアクリルにしてもいいけど……あぁ私のバカ。

  1. 2018/01/25(木) 23:59:00|
  2. DIY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

20年選手のこれから

妹の買い物などに付き合った後は母の用事に付き合うことになり、
その時に実家の洗濯機が動いていたので───

「そう云えば、僕の洗濯機が水漏れするんだよ」
「なんでよ」
「水道から本体に接続する部分が、もうボロボロ」

───昨日の記事に書いたことを説明したところ、
「直せばいいじゃない」と、母が同等のホースをくれました。

「あったの?!」
「あったわよ?」

帰宅して見比べてみたところ全く同じ型でした。
さっそく交換……おぉ、水が漏れない。

わあ、直っちゃった、直っちゃった。

「直りました! ありがとうございました!」(←電話)
「それはそれは」
「なんで余ってたの?」

聞けば引越し前まで使っていたホースを予備として残したのだとか。
実家は引越しの際に幾つかの家具や家電製品を新調していますが、
このホースについては殆ど劣化がなく保管していたそうなのです。

引越し後は洗濯機そのものが屋内設置となったため、
今後の実家では紫外線による劣化はありません。

主婦の「もったいない」で私の洗濯機が蘇りました。
この洗濯機には思い出があって、出来るだけ捨てたくない。

なお、蓋のロックが掛かったままになる問題はどうしようもないため、
ロックのツメを破壊し、脱水中でも蓋が開いてしまう状態となりました。
別に手を突っ込んだりはしないので、不要と云えば不要な機能です。

操作パネルの剥がれはボタンの内容を憶えているから問題なし。
さぁ、もう一踏ん張りしてくれよ、まだまだ捨てないからな。

  1. 2018/01/13(土) 23:59:00|
  2. DIY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

七片 藍

Author:七片 藍
フリーイラストレーター

当ブログについて
:本家[ether]
:mixi[499935]

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

絵:執筆情報 (60)
ソーシャルゲーム系 (28)
TCG系 (12)
書籍系 (16)
絵:個人作品 (14)
トップ等 (10)
聖域 (1)
悪魔 (1)
神威 (1)
ほか (1)
日常 (2829)
創作 (71)
DIY (58)
菜園 (472)
疑問 (3)
ゲーム (26)
スポーツ (2)
探しもの (5)
生物 (35)
未分類 (2)
修理 (8)

検索フォーム

最新コメント

月別アーカイブ

QRコード

QR