第27緑化地区

フリーイラストレーター七片藍のブログ/第27緑化地区

静かなる猛威

昨日は殆ど熟睡できなかったので今日は正午前から眠りました。
それでも3回くらいは目覚めているので……まぁまぁ回復です。

眠る前に畑へ行くと古参利用者が顔を出していました。
トマトを植える際、株間にネギを植えると良いと教わっています。
しかし───

「ダメでした……遅かったみたいです」
「そうかー」
「もう株が高くなった後でしたからね」
「うちは雑草が酷いよ」

この夏は暑さに苛まれる期間が短かったように思います。
週間天気予報にて30℃後半を長々と目にすることもなく、
ひとえに梅雨の雨量が多かったことに起因するのでしょう。

が、一方で畑の雑草にとっても隆盛を極める時期だったため、
こまめに草むしりをした用地でもない限り所狭しと生い茂る。
通路のほかは草だらけです。

「お袋は備中鍬で土ごと掬ってましたけど、これは……」
「胆石の手術をしてから体力が落ちちゃったよ」
「入院してましたもんね」
「4週間もゴロゴロしてたらガクッと来た」

それでも体力そのものは私より高いように思えます。

「僕は帰りますけど、暑いんで体温管理だけは───」
「大丈夫、ちびちび飲みながらやってるから」
「気をつけて」

若い私が睡眠不足くらいで音を上げてられません。

  1. 2019/08/22(木) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

好奇心の影

夕方の少し前に激しい雨が降っていたようですが、私は布団の中。
しかし湿度が高いせいか寝付けず、実際に疲れが残っています。
7時間くらいの睡眠で10回は目覚めてる……眠った気がしない。

さて、出来れば年内に転居を済ませてしまいたいと考えていますが、
どこへ引っ越すのかと云うと、母の仕事場にある2階の部屋です。

広さは現在(6畳半)の1.5倍くらい。
引っ越すに当たって処分したいものは沢山あるものの、
取捨選択が入ると作業が停滞しがちなので、まず大抵のものは持ち込み。

残したいものは、あとでじっくり吟味すればいい。
実際、仕事の資料としている書籍は非常に数が多いのです。
漫画は段ボール箱2つに満たない程度で、あとは全て資料ばかり。

そして、今は便利なことに画像を残す手段が豊富です。
資料の端から端まで全てが有用というわけではないので、
知識と閃きに繋がるものだけを残し、あとは処分してもいい。

……というのが理想であるわけですが、
独り身のものとは云え、何しろ四半世紀に届く物量。

人間は、情報を体の外側で管理できる生物。
文字、音声、映像といった記録を外部で管理する手段をとった時から、
受益者負担として、取捨選択と整理整頓を負う必要が生じています。

もうすぐ25年になる……そのツケを払っているわけだな。

  1. 2019/08/21(水) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いってこい

副業が繁忙期に差し掛かった頃、何人かのアルバイトに外国人男性が入り、
初日は上司が出勤していない日だったので、少し作業を補助しました。
気を良くしたのか欠かさず挨拶をしてくれるようになっています。

お歳は50代くらい。
背が高く、見た目は「カッコいいおじさん」という感じ。

残念ながら後日に正式な持ち場が決まり、話す機会が減ったものの、
母国のブラジルと関係ありそうな話題は……と考えた時、
ふと思いついたのが野菜のことでした。

「ビーツって食べます? えーと、ポルトガル語ではベテハバ?」
「そうそうベテハバ」

食べ慣れている人に尋ねたいこともありました。
鉄分が不足しがちな女性に勧められる野菜であるため、
我が家で口にするのは、主に「食べると調子がいい」という母くらい。

「スーパーでも見たことないし、食べる機会は?」
「缶詰をインターネットで注文するよ」
「缶詰のがあるんだ……うちの畑で作ってるんです」

「ベテハバを? すごいね!」
「それで、いつ収穫すればいいのかと思って───大きいのは不味い?」
「うーん……小さいと味が濃いからサラダね、大きければ調味料と鍋物」

「なるほど、大きさによって違う料理に使うわけか……」
「そう、サラダは薄く切って、コショウと……あとオリーブオイルね」
「オリーブオイルかぁ、お袋に提案してみよう」

そうして八月に入って最初の週末に出勤した際、収穫をお分けしました。
シフトの都合で週末にしか会えず、翌週に「美味しかった」と感想があり、
その次の週末、今度は私が出勤日を尋ねられます。

「じゃあ月曜日と火曜日には来てる! ね?」
「? はい」

そうして本日、仕事上がりの少し前に呼ばれました。
ご本人は出勤日ではないため、わざわざ出社して───

「こっちこっち」
「なんでしょ」
「はい、女房が山梨に行ったから、お土産」

───桔梗屋の信玄餅をいただきました。

「おぉ、信玄餅! これ大好き」
「本当に? 良かった」

思いがけずの返礼に驚いたものの大変うれしいことでした。
……が、この日は帰る時間になって雨が降り始めた挙句、
ずぶ濡れで帰宅してシャツを脱ぐと、背中側に覚えのない真っ白な縦断。

「あぁ、くそ、やられた」

大きさ的に考えて、鳩(ハト)のアレです。
雨の中だったので道中では全く気づくことなく走っていました。
あまつさえ雨中を畑の草むしりに勤しんだのに、午後はカラッと晴れました。

運は「往って来い」だなぁ……でも信玄餅おいしいから気にしない。

  1. 2019/08/20(火) 00:00:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小さな努力

日増しに夜明けが下がっています。
八月に入ってからの日の出は、既に15分近くも遅くなっているとか。
自転車の前照灯がハッキリと見えるくらいには暗い、副業への道中。

本日は仕事を一つ仕上げねばならず、副業後は部屋に閉じこもりました。
それから床に入ると9時間も眠り続けていたらしいです。
そして、眠っている間に少し雨が降っていたらしい。

気温低下の推移は、週間天気予報を見ても一週間先で1℃くらい。
それでも夜明けが遅くなれば、副業中の消耗を減らすことができます。

「あと出荷は───これだけです」
「これも頼むよ、載るかな」
「載らなかったらYさん家の玄関にでも置いときます」

「俺んち知ってんの?」
「住所を調べて意地でも置いて来る」
「うはははは」

軽口で消耗を減らすことも重要だと思います。

  1. 2019/08/19(月) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バケツを引っくり返したような……ベランダ

仕事だけをして過ごしておりました。
一度だけ凄まじい夕立が起こり、ちょっとだけ気温を下げています。
あと30秒でも洗濯物の取り込みが遅れたら……危ないところだった。

私のアパートは軽量鉄骨作りであるわけですが、
2階ベランダからの鉄骨は内側を向いて"コ"の字になっています。

これの何が困るのかと云うと、本日のような強い雨です。
2階から滴る雨水は、鉄骨の外のりを滑るように流れるため、
勢いがついて放り投げられる形で雫が飛んで来るのです。

───具体的には窓ガラスの下半分に打ち付ける程度。

窓に届くくらいですから、ベランダの床は余すことなく濡れます。
よって、うっかり取り込み忘れた洗濯物などは「脱水していない状態」です。
雨水を飛ばすために脱水するか、また洗濯し直すか……。

引っ越す前に、大家に教えてあげたほうがいいかな。

  1. 2019/08/18(日) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夏の畑には魔物が潜む

この盆休みは、年中無休の会社において正社員のシフトにも影響があり、
一時的に担当が変わるなどして各社員の休暇が設定されています。
本日は最終日ということで出勤者も少なめでした。

一方で本業は休み明けに納品することになっています。
工程としては予定通りなので不安はないのですが……。

困るのは畑! とにかく暑くて作業できない。
夜明けや夕方を選ぶことも出来るものの、仕事もあるのでそうも行かない。

この夏の畑は予定通りに行かないことばかりです。
トウモロコシは植えられなかったし、梅雨の雨続きでトマトが駄目になるし、
ナスとキュウリは不十分な支柱で収量が減り、そして今は雑草がひどい。

うぬぬ、ひとまず来週の火曜日は手入れをしたいなぁ。
……などと思っていると、新たな仕事の依頼がありました。

引越しの準備もあるし、どうしようか。

  1. 2019/08/17(土) 23:59:00|
  2. 菜園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

滲む

連休明けの激務から、ぽんと解放されて定時前に上がれました。
私の副業は、たまにこういう「あれ?」と思うようなことが起こります。
この日は夜明け前から暴風雨でしたので車で出勤です。

雨で気づいたのですが、もう靴が限界です。
リフト運転者は安全靴を履くことが義務付けられています。
しかし、安価な安全靴では通常作業の激しさに耐えられない様子。

3~4時間、ほぼ歩き続けるので仕方ない。
それにしても買ったのは───(記録を確認)───

4月6日

───えぇ……半年すら無事でいられないの。
ミドリ安全の靴が理想だけど、鉄芯ありの品は高いんだよなぁ。

3ヶ月で辞めるはずの副業も1年半を超えました。
不安定なフリーランスには魅力的な固定収入。
そのためには多少の投資も必要か。

とりあえず、次の給料日で検討しておこう。

  1. 2019/08/16(金) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初日から電池切れ

4日ぶりの副業出勤です……が、私の持ち場だけが異常に忙しい。
お盆休み中は前後の作業が忙しくなるはずなのに。

たった4時間でボロ雑巾になるくらいの激務なので、
帰宅しても動けず、正午前になると強烈に眠くなります。
我慢して起きていても仕事(本業)にならないので、素直に眠る。

台風が近づく中、お寺に菰(こも)を供えに行きました。
直後に風雨が激しくなり急いで帰宅します。

もう8年になるのか。

  1. 2019/08/15(木) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あの人は今

連休最終日。
ほぼ本業を進めることだけで終わりました。
「休みに慣れた体」を平日に戻すには、良い工程かも知れません。

私の子供時代は学校で同学年が300人近く居たもので、
中学生になると1クラス40人が6~7教室くらいあったので、
おのずと近所は幼稚園(または保育園)~中学まで同級生だらけになります。

そうして就職・進学・結婚という経緯を経て散り散りになっていくと、
あれだけ固まっていた同級生に会うことは極端に減って行きます。

それでも僅かに残った人や、あるいは親御さん繋がりで交流があったりして、
この日は母が私の同級生と話したそうで、懐かしい話に花が咲いたとか。
地元の人間でないと通じない話題というものは少なくありません。

「幼稚園の時、あんた達は尻に敷かれてたわよね」
「僕が?」
「あんたとT君の二人がさ、『ちゃんと並んで!』って頭を叩かれてた」
「憶えてないなぁ」

そんな彼女も今では2児の母です。
数年に一度くらい会う機会があり、あまり当時と変わっていない気がする。

……とか云ったら怒られ(モゴモゴ)。

  1. 2019/08/14(水) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

嵐の前の静けさ

幾つか用事があって車で走り回っておりました。
妹が作った精霊馬を用意し、松明を焚いて父の帰りを迎えています。

連休も残り一日。
今回は本業で急ぎの案件が入ったため、そちらも進めねばなりません。
初日の休養、2日目の片付け、3日目と最終日は仕事……。

問題は明日の夜から始まるらしい台風の影響です。
明後日の早朝から副業を再開するため、ぴったり当たる感じ。
そして台風が過ぎれば暑さが増す……休んだ意味が消えそう。

いやいや、それなりに休みを取ればいいのだ。
副業とは云え有給はあるし、昨年は使い切ってすらいない。

もっと休みやすくなるように、人手を追加してほしいな。

  1. 2019/08/13(火) 23:59:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

七片 藍

Author:七片 藍
フリーイラストレーター

当ブログについて
:本家[ether]
:mixi[499935]

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

絵:執筆情報 (63)
ソーシャルゲーム系 (28)
TCG系 (14)
書籍系 (17)
絵:個人作品 (14)
トップ等 (10)
聖域 (1)
悪魔 (1)
神威 (1)
ほか (1)
日常 (3247)
創作 (78)
DIY (89)
菜園 (564)
疑問 (3)
ゲーム (27)
スポーツ (2)
探しもの (6)
生物 (45)
未分類 (2)
修理 (8)

検索フォーム

最新コメント

月別アーカイブ

QRコード

QR